7月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

2021年7月≪今月のカムバ&デビュー履歴≫

あい
あい

今月カムバックしたグループやアーティストは誰がいたかな?
そんなときの振り返り記事です♪

2021年7月にカムバックしたのはどんなグループでしょうか?ソロは?どんな曲があったかな?そんな時は見てみてくださいね!

前月のカムバック&デビュー一覧はコチラ👇から

もくじ

7月1日

【KINGDOM】2ndミニアルバムをリリース

KINGDOM2ndミニアルバム「History Of Kingdom:PartII. Chiwoo」で戻ってくる。先だってデビュー曲「Excalibur」では、メンバーのアーサーに関する物語で、7つの王国の中で最初の雨の王国を題材にした。

新曲「KARMA」は、「雲の王国」の王であるチウの因果(KARMA)から由来で、王としての苦悩による犠牲と治癒が盛り込まれている。先立って公開した「雨の王国」と今回の「雲の王国」編に続き、今後もKINGDOMは「変化の王国」「桜の王国」「美の王国」「雪の王国」「太陽の王国」まで、今後5つ(全8つ)の王国を扱う予定。収録曲「Warning」と「Make Us」は、メンバーのダンとムジンが作詞・作曲に参加、多彩多能な一面を見せる。

【DONGKIZ】5thシングルをリリース

5thシングル「CHASE EPISODE 1.GGUM」をリリース。今回開始されるシリーズエピソードアルバムのテーマは何かを追う「CHASE」であり、少年たちの成長を扱った全3つのストーリーで構成されている。最初のテーマは、「夢」で、アルバム名「CHASE EPISODE 1. GGUM」はハングルの「夢(グム)」を「Dream」という英語の代わりにハングルの発音のまま独特表現したもの。通常の観念を跳ね返すDONGKIZのコンセプトを示し、続くアルバムでは、夢を追う少年から愛や別れなどを経て成長するなど様々なトピックについて語る予定。

タイトル曲「悪い子牛のお尻に角(CRAZY NIGHT)」は、注目されている新鋭プロデューサーCray binがプロデュースを担当した。エキサイティングなビートにファンキーなベースラインで誰でも簡単に楽しむことができる曲で、ことわざに由来する独特のタイトルで日常の平凡と退屈をはねのけいたずらをしてみようと、愉快で面白い歌詞で大変な生活の中で少しでもしたいよう生きようという意味を込めた曲となっている。

【AleXa】ニューシングルをリリース

AleXaニューシングル「ReviveR」をリリース。新しく繰り広げられる彼女の世界観を予告する映像は、平凡な女子高生のAleXaが、世界を支配する絶対者の“ZB Corporation”に拉致され、AI(人工知能)に生まれ変わるという内容が収められており、今後のストーリーへの関心を高めた。タイトル曲「XTRA」のMVにはKARDのBMが特別出演している。

【CIX×フイ(PENTAGON)】コラボ曲をリリース

*「UNIVERSE MUSIC」がCIXとPENTAGONのフイのコラボ曲「TESSERACT」を披露する。今回の「UNIVERSE MUSIC」の新曲には、プロデューサーとしてPENTAGONのフイとMinitが参加し、相乗効果を発揮する。ミュージックビデオはUNIVERSEのアプリを通じて独占公開される。

【ITZY×キム・ダビ】コラボ曲をリリース

*2番目のおばさんキム・ダビ(お笑い芸人キム・シニョンの芸名)とITZYコラボ曲「Break Ice」をリリースする。

コンテンツラボVIVOは「2021年を上手に過ごす方法」プロジェクトの7月走者として2番目のおばさんキム・ダビとITZYの特級コラボを発表した。グループ名は「ダビITZY」に決定した。「2021年を上手に過ごす方法」プロジェクトは、VIVOと多くのアーティストが大変な時期を共に過ごしている人々にプレゼントする、素朴ながら幸せな音楽プロジェクトで、10月まで毎月様々なジャンルの音楽を発売する予定。

7月2日

【BM (KARD)】デジタルトリプルシングルをリリース

デジタルトリプルシングル「THE FIRST STATEMENT」では、BMが企画から全曲の作詞・作曲・編曲まで全般的な制作の過程に積極的に参加し、KARDの活動とは一線を画した音楽とビジュアルに輝くソロアーティストとしての真価を証明する。タイトル曲は「13IVI」

7月5日

【SF9】9thミニアルバムをリリース

9thミニアルバム「TURN OVER」は、昨年から展開している世界観シリーズ「9lory」の3作目で最終章となるアルバム。これまで、SF9は球を成す9個の黄金の腕輪を中心に、ついに一つになったSF9を描いた1stフルアルバム「FIRST COLLECTION」、きらびやかな栄光の瞬間を収めた8thミニアルバム「9loryUS」を披露してきた。今回のアルバムでは、たとえ悲劇であっても定められた運命に屈することなく、自らの運命を開拓するというメッセージを込め、「9lory」シリーズのフィナーレを飾る。

タイトル曲「Tear Drop」は、UKガラージスタイルのビートをもとにミニマルな編曲構成と、サビのどっしりとしたユニークなベースサウンドが印象的なエモーショナルなダンストラック。悲しみの中で流れる涙が輝くという逆説を込めて、SF9の幻想的な魅力を表現した。

その他、「KINGDOM : LEGENDARY WAR」のファイナル競演で披露して好評を博した「Believer」、叙情的でロマンチックな雰囲気のヒップホップ「Love Again」、SF9のボーカルの魅力を感じることができる「Off My Mind」、90年代末に流行したラテンポップの雰囲気を生かしたミディアムテンポR&B「Fanatic」、ヒップホップダンス曲「Hey Hi Bye」など、多彩な雰囲気の6曲が収録された。

【DAY6 (Even of Day)】ニューアルバムをリリース

*DAY6のYoung K、ウォンピル、ドウンによるユニットDAY6(Even of Day)がニューアルバム「Right Through Me」をリリースする。

アルバムには、タイトル曲「Right Through Me」をはじめ「僕たちは」「WALK」「君が願っていたこと」「悲劇の結末で」「僕一人で家に」「LOVE PARADE」の全7曲が収録される。Young Kとウォンピルは、ユニットデビューアルバムに続き、今回もニューアルバムのタイトル曲を含む全曲のクレジットに名を連ねた。

【BXK】新曲をリリース

*BXKは昨年11月にデビューアルバム「FLY HIGH」をリリース。幼いと無視する大人に対する10代の堂々とした声を込めたデビュー曲「NOYB」と、自身たちを信じてくれた人々への感謝と未来への固い意志を込めたダブルタイトル曲「FLY HIGH」で活動した。そして今回、今年初となる新曲「Excuse me」をリリースする。

【ソヨン ((G)I-DLE)】1stソロミニアルバムをリリース

*1stミニアルバム「Windy」は、彼女のもう一つの自我、風のように自由な魂“Windy”の観点で描いた作品であり、多彩なジャンル、印象的なコンセプトを盛り込んだ。

タイトル曲「BEAM BEAM」をはじめ、ファンが待ち望んでいた未公開曲「Weather」、誰もが気軽に聴ける「Quit」、強烈なビートと歌詞が印象的な「Psycho」、Z世代のケミ(ケミストリー、相手との相性)を届ける「Is this bad b****** number(Feat. BIBI、イ・ヨンジ)まで、計5曲が収録。ソヨンはタイトル曲をはじめ全曲の作詞、作曲に参加して“アーティストドル(アーティスト+アイドル)”として一層広くなった音楽的力量を披露する。収録曲「Is this bad b****** number?」には、シンガーソングライターのBIBIと「高等ラッパー3」出演のイ・ヨンジがフィーチャリングする。

タイトル曲「BEAM BEAM」は、太陽が降り注ぐ模様を表現したロック&ヒップホップジャンルのナンバー。

【キュヒョン (SUPER JUNIOR)】新曲をリリース

「Together」は、「2021 PROJECT : 季」のプロジェクトの新曲。「2021 PROJECT : 季」はキュヒョンの音楽的感受性を盛り込んで季節別に新しい歌を発表するプロジェクト。春に発売したシングル「Coffee」に続き、ヒット曲メーカーのKenzieが作詞・作曲・編曲を務め、完成度を高めた。

【イ・ジフン】新曲をリリース

/歌手兼俳優のイ・ジフンが結婚を控えて久しぶりに新曲をリリースする。

新曲「Timeless」は、ブリティッシュロックのジャンル的な特徴であるダークながらも上品なムードが際立つトラック。楽曲の終盤に進むにつれてビルドアップするサウンドとドラマチックな展開が印象的な楽曲になっている。今回イ・ジフンは作詞・作曲を含めた楽曲全般をプロデュースした。また、共同プロデューサーで音楽界の期待の星として注目を集めているTAIBIANキム・ジョンウ(TOXIC)が参加し、ドラマのようなミュージックビデオでセンセーションを巻き起こしたキム・セフン監督がミュージックビデオを担当した。

【San E&レイナ(AFTERSCHOOL出身)】リメイク曲をリリース

*BRANDNEW MUSICの10周年記念プロジェクト「TEN PROJECT」の3番目の走者として、San Eレイナが自身のヒット曲「真夏の夜の蜂蜜」をリメイクする。2014年に発売された2人のデュエット曲「真夏の夜の蜂蜜」は、当時各音楽配信ランキングを総なめにし、年間ランキングでも最上位にランクインするなど音楽シーンを代表するサマーソングになった。

7月6日

【テヨン(少女時代)】ニューシングルでソロカムバック

ニューシングル「Weekend」は軽快なギターとレトロなシンセサウンドが調和したディスコポップジャンルの楽曲で、歌詞には繰り返される日常からしばらく抜け出して、週末だけはやりたいことを自由に、心惹かれるまま過ごしたいという気持ちが盛り込まれている。

7月7日

【イェビン(DIA)】デジタルシングルでソロデビュー

*グループ初のソロデビュー決定!デジタルシングル「Yes I Know」を発売。イェビンの新曲「Yes I Know」は、エレキギターとアコースティックギターが調和をなした穏やかな旋律と、彼女の優しく落ち着いた歌声を盛り込んだポップ・バラードで、静かな夏の夜の趣が感じられる雰囲気にぴったりな感性的な楽曲。

【GIRLKIND】ニューシングルをリリース

ニューシングル「Good Vibes Only」は、「私の人生の主体は私」というメッセージの歌詞が印象的な、さわやかファンキーなサマーソング。「逆走行の神話」Brave Girlsの「Rollin’」と「We Ride」を作曲したプロデューサーカンパニーアライブネーションの代表である2ChampAll day onが参加した。

また、振り付けにはメンバーのセフンジガンが参加し、誰でも簡単にまねることができるのが特徴。特にポイント振り付け「フリフリダンス」は、心地よい風に揺れるような姿を表現した動作で歌詞の内容にふさわしく気分が良くなる振り付けに仕上がっている。

7月8日

【ジョンアプ(B.A.P出身)】1stミニアルバムをリリース

*昨年、ソロデビューシングル「HEADACHE」を発売し、アーティストとして限りない可能性を認められた。特に持ち前の声色と華やかなパフォーマンスはもちろん、自ら作詞と作曲に参加するなど、多芸多才な姿を見せている。トラックリストにはタイトル曲「US」を皮切りに、「Photo」「Find」「GOUP」「HEADACHE」まで、全5曲が収録されている。

ジョンアプは今回のアルバムの「Photo」「Find」「GOUP」の作詞・作曲に参加し、アーティストとしてより一層幅広くなった音楽的な力量を披露する。さらに、B.A.Pとして一緒に活動したバン・ヨングクをはじめ、シンガーソングライターのムン・スジン、「SHOW ME THE MONEY 8」出身のEKらがフィーチャリングする。タイトル曲「US」は、ミニマルなサウンドとR&Bバイブを含んだボーカルが感覚的に調和をなした曲。ヒットメーカーのRyan Jhunが制作に参加した。

アルバムのリリースに先立って、7/1に実力派アーティストのムン・スジンとのコラボ曲「Fine」を先行公開する。

【キム・ウジン(元Stray Kids)】デジタルシングルでプレソロデビュー

*キム・ウジンが初めて公開するフリーデビューシングル「Still Dream」は、試練の中でも夢に向かって走って行くという話が含まれており、デビューを控えたキム・ウジンの抱負と心が込められている曲でもある。本人の話が盛り込まれているだけにキム・ウジンが直接作詞に参加し、作曲はヒット曲メーカーである有名プロデューサーRyan Jhunが担当し完成度を高めた。

【HYOLYN (SISTAR出身)】自作曲をリリース

*今回の新曲「To Find a Reason」は、昨年8月に発売したミニアルバム「SAY MY NAME」以来、約11ヶ月ぶりにリリースする新譜。疲れた人々を慰め、止まることなく前に進んでほしいという癒やしのメッセージを盛り込んだ。

ヒョリンは6月7日からYouTubeを通じて自作曲シリーズ「Ramblings」を公開している。「Ramblings」は「ただの独り言、もしかしたら私の話」という意味で、ファンのためにビジュアライザー映像とともに公開する。これまで公開されなかったヒョリンの自作曲が順次解禁される予定。

7月9日

【BTS】ニューシングルをリリース

*5月21日に公開したデジタルシングル「Butter」以来約7週間ぶり以来約7週間ぶりとなるニューシングル「Butter」には、「Butter」に加え新たな曲も収録される。新曲「Permission to Dance」は、軽快で楽しいダンスポップジャンルの曲で、中毒性の高いメロディーと爽やかなピアノ演奏、ストリングサウンドが加わえられ、思わず体がリズムに乗ってしまうよな楽曲。「We don’t need permission to dance(私たちが踊るのに許可は要らない)」という歌詞通り、大変な一日を過ごしたみんなに、「ダンスは心の向くまま、許可なく、思う存分踊ってもよい」と元気づけるメッセージが特徴的。

【Brave Girls】「Summer by myself」ピアノバージョンをリリース

デジタルシングル「Summer by myself(Piano Ver.)」は、Brave Girlsの5thミニアルバム「Summer Queen」の収録曲で、楽しいリズムと叙情的なメロディーにメンバーたちのみずみずしい歌声が加わり、リスナーたちから愛されている楽曲。勇敢な兄弟がFearless(Brave Girlsのファン)のために準備したサプライズプレゼントであり、感性溢れるピアノ旋律とBrave Girlsのメンバーたちの叙情的な感性で、原曲とは異なる魅力を届ける。

【415(サイロ)】デジタルシングルをリリース

JTBC「Sing Again」を通してその存在感を示した男性デュオ415(サイロ)が、1年ぶりにカムバックする。415はチョ・ヒョンスン、チャン・インテで構成されたシンガーソングライターデュオで、2019年にシングル「その時、僕たち愛したとき」で正式デビューした。

ニューデジタルシングル「ただバイバイ」は昨年7月に発売したシングル「願うことがない」以来、415が1年ぶりに公開する新曲で、HIGH UPエンターテインメントの代表プロデューサーブラック・アイド・ピルスンが作詞、作曲を手掛けた。

7月11日

【THE BOYZ】UNIVERSE新曲をリリース

UNIVERSE MUSICとTHE BOYZがどのような相乗効果を生み出すのか、ファンの期待が高まっている。新曲「Drink It」は11日午後6時、各音楽配信サイトを通じて発売され、ミュージックビデオのフルバージョンは「UNIVERSE」アプリを通じて独占公開される。

【MINZY (2NE1出身)】3rdシングルをリリース

コン・ミンジが3rdシングル[Teamo]で約1年ぶりにカムバック。
ミンジが直接作詞に参加した「Teamo」は、コロナ禍で会うことのできないファンたちとのおぼろげな感情線をロミオとジュリエットの話になぞらえて曲に込めた。作曲には、SUPERJUNIOR、Red Velvet、CRAVITYとコラボレーションしたイタリアの作曲家Gionata caraccioloが参加した。

7月14日

HA:TFELT】ニューシングルをリリース

HA:TFELT(元Wonder Girls イェウン)がニューシングル「Summertime」で昨年9月にリリースしたシングル「La Luna」以来、約10ヶ月ぶりにカムバックする。「Summertime(Feat.キム・ヒョウン)」は、過ぎた夏の夜を思い出し、特別だったその瞬間に連れていってくれそうな想像力を刺激するナンバーだ。ラッパーのキム・ヒョウンがフィーチャリング

Various Artists】「TASTE OF KOREA」の新曲をリリース

ペプシの新キャンペーン「TASTE OF KOREA」の新曲「Summer Taste」がリリースされる。「2021 PEPSI TASTE OF KOREA CAMPAIGN」はPEPSIとSTARSHIPが共にする新しいキャンペーン。今年はRAIN(ピ)、ATEEZ、Brave Girls、MONSTA Xらが参加し、日常のもやもやをしばらく忘れ、楽しさや幸せを感じるように希望のメッセージを届ける。

カンタ】H.O.T.の「自由に飛べるように」2021年バージョンをリリース

リメイクシングル「自由に飛べるように 2021」は、1997年リリースされたH.O.T. の2ndフルアルバム「Wolf And Sheep」の収録曲「自由に飛べるように」をリメイクした曲で、原曲者であるユ・ヨンジンのプロデュースでより豊かなサウンドとカンタの甘い歌声が調和をなした曲として完成した。さらに、MVにはカンタはもちろん、NCTのソンチャン、aespaのWINTERが特別出演する。

今回の曲は「SM CONGRESS 2021」の一環で、従来のSMTOWNのミュージックビデオと音源をアップスケーリングとリマスターしYouTubeに公開する“リマスタリングプロジェクト”。カンタの「Free To Fly 2021」を皮切りに、約300本以上のミュージックビデオと音源を新たに公開する予定。

7月15日

Rocket Punch】「Ring Ring」アコースティックバージョンをリリース

5月に発売された「Ring Ring」は、レトロなサウンドとメンバーたちの洗練されたパフォーマンスが調和して、大きな支持を得た。韓国の主要音楽配信チャート上位にランクインし、海外12の国と地域のiTunesトップK-POPシングルチャートにも名を連ね、世界的な人気を証明した。

7月16日

【E.SO】1stデジタルシングルでソロデビュー

元Berry Good ソユルが芸名をE.SOに変更し、1stデジタルシングル「Orgel」をリリースしソロデビュー。ソロデビュー曲「Orgel」は、彼女が伝えたい話を盛り込んだ楽曲だ。決まった枠の中で踊って歌を歌わなければならなかった限られた時空間から抜け出したことを「私はもうあなたのオルゴールではない」と、いつも同じ曲を演奏するしかないたった1つのオルゴールに喩えて表現した。プロデューサーのNUVOとZEPETOなどのメタバースで活動している人工知能仮想作曲家のAimy Moonが参加し、音楽の完成度を高めた。ソユルは今年2月にBerry Goodを脱退。同年5月、人工知能(AI)音楽コンテンツ制作会社のEnterartsが運営するアルバムレーベルA.I.Mとソロアーティストとして専属契約を締結した後、芸名をE.SOに変更した。

【Brave Girls】ロッテ百貨店のヒーリングソングをリリース

ブレイブガールズとロッテ百貨店のコラボレーション曲「RED SUN (With 롯백)」の音源が公開。ロッテ百貨店のヒーリングプロジェクトSong for youの第二シーズンで製作された曲で、疲れた日常に反転と希望を祈り、厳しい時期を少しだけ耐え抜けば、夢は叶えられるという希望と肯定のメッセージと共に、私たちに感動と勇気を与えた逆走行の主人公、ブレイブガールズのストーリーも歌詞に込めて届ける。プロデューサーである勇敢な兄弟が作詞、作曲した。

7月23日

キム・セジョン(gugudan出身)】日本の大ヒット曲リメイク曲をリリース

グローバル音楽プラットフォーム「Municon」と共に新曲「Baby I Love U」をリリースし、約4ヶ月ぶりに歌手としてカムバックする。「Baby I Love U」は、日本のシンガーソングライターであるTEEが発売したヒップホップ風ラブソングをK-POPバージョンにリメイクした楽曲。BoA、少女時代、EXO、NCTなど、K-POPを代表するアーティストとコラボしてきたIconic Soundsが編曲とプロデュースを手がけ、原曲のときめく歌詞とクセになるメロディーを再解釈した。

Ailee】名曲「雪の花」をリメイクしリリース

「雪の花」は2003年に日本で人気を集めた中島美嘉の代表曲。2004年に歌手のパク・ヒョシンが翻案、ドラマ「ごめん、愛してる」の挿入歌として歌い、韓国でも有名になった楽曲。※「Cyworld BGM 2021」は、2000年代にミニホームページブームを巻き起こしたCyworldのBGMデータを分析して出た歴代トップ100の楽曲を、MZ世代が好きな歌手がリメイクするプロジェクト。

7月24日

AleXa】YouTuber大図書館とデュエット曲をリリース

デュエット曲「私だけない、夏」は、youtuberの大図書館が自ら作詞した曲で、AleXaの爽やかなボイスとのコラボでどのような曲に仕上がるか期待されている。

7月26日

【ディオ(EXO)】1stソロアルバムをリリースしソロデビュー

1stソロアルバム「共感」は、ディオがデビュー以降初めてリリースするソロアルバム。6曲の新曲とボーナストラックまで、計8曲が収録されている。タイトル曲「Rose」は軽快なギターリズムが際立つアコースティックフォークジャンルの楽曲。ディオが自ら作詞した歌詞には、相手に夢中になってときめく気持ちや勇気を出して告白する姿まで、初々しいラブストーリーが描かれている。さらに、収録曲「I’m Fine」の作詞にも参加し、他人に毎回する挨拶を自分自身にもしてみてほしいというメッセージを歌詞に込めたジャジーなR&Bギターサウンドの曲に仕上げた。

【AKMU】コラボレーションアルバムをリリース

今回リリースされるコラボレーションアルバム「NEXT EPISODE」は、2019年9月に発売された3rdフルアルバム「航海」以来約2年ぶりのリリースとなる。ニューアルバム「NEXT EPISODE」は、「戦場」を皮切りに、タイトル曲「落下」「BENCH」「カチカチカチ」「マッチャン」「Stupid love song」「EVEREST」の7曲が収録される。

またIU、イ・ソニ、Zion.T、Beenzino、Jannabiのチェ・ジョンフン、Crush、サム・キムなど豪華なミュージシャンがフューチャリングすると共に、AKMUのイ・チャンヒョクが全曲の作詞・作曲に参加し、MILLENNIUM、チョクチェ(JUKJAE)、PEEJAY、イ・ヒョニョンなど豪華なプロデュース陣でかためられた。

タイトル曲「落下」は、墜落ではなく飛翔になり得ることを逆説的に描いた楽曲で、映画『グレイテスト・ショーマン』からインスピレーションを受け作られた。試練を迎えた誰かに、いつもそばで一緒にいるというメッセージが込められ、IUが歌唱に参加した。

MONSTA X】新曲をリリース

UNIVERSE MUSICを通じて新曲「KISS OR DEATH」がリリースされる。音源は26日午後6時、各音楽配信サイトを通じて発売され、ミュージックビデオのフルバージョンはUNIVERSEアプリを通じて独占公開される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です