7月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

【K-POP2022】最新!デビュー&カムバック情報 [アイドルグループ]

MEMO

いろいろなグループのデビュー&カムバ情報をまとめています。
近日中に、どのグループがカムバするか?が知りたい人は必見です♪

記事の上からカムバ日時の早い順に並べてあります。
(日本盤のリリースは扱っていません。)

※アイドル以外(ソロ歌手など)は興味のある人のみ取り扱う場合があります。
※超マイナーなグループがひっそりカムバしている…みたいな場合は、ピックアップしそびれる場合もあります。

三栗あい
三栗あい

見出しの色でパット見分かるようにしてあるよ。
カムバックのガールズはピンク、ボーイズはブルー
男女デュエットは、デビューは男女ともにの背景色になっています♪

すでにカムバック済みの履歴が👇から見られます。


7月4日【ENHYPEN3rdミニアルバム「MANIFESTO : DAY 1」リリース

今年1月にリリースした1stフルアルバムのリパッケージ「DIMENSION : ANSWER」以後、約6ヶ月ぶりにカムバックする。3rdミニアルバム「MANIFESTO:DAY 1」は、大人たちが定義した成功に疑問を抱くようになった少年たちが、「これ以上他人が言うとおりに生きずに、自ら答えを探していく」と決心する話を盛り込んでいる。タイトル曲「Future Perfect(Pass the MIC)」をはじめ、「WALK THE LINE」「ParadoXXX Invasion」「TFW(That Feeling When)」「SHOUT OUT」「Foreshadow」まで、全6曲が収録される。

製作にはパン・シヒョクプロデューサーを皮切りにENHYPENとタッグを組んできたWonderkid、韓国トップのアーティストたちのヒット曲を手掛けたSupreme Boiらが合流した。また、メンバーのジェイクがデビュー後初めて収録曲「SHOUT OUT」の作詞に参加して、音楽的な力量を披露する。

タイトル曲「Future Perfect(Pass the MIC)」は、K-POPシーンではなじみの薄いシカゴドリル(Chicago Drill)ジャンルの楽曲で、自分たちの使命を悟った7人の少年が、同世代に「先に前に進むから一緒に行こう」と宣言する楽曲。ENHYPENはこれに先立ち公開された3つのコンセプトを通じて、反抗期の荒々しい姿や決然とした表情でマイクを持っている様子などを披露し、能動的に人生を生きると決心した少年たちの固い覚悟や意志を表してきた。

ほかにもメンバーたちが3ヶ国語でナレーションを披露したヒップホップジャンルの「WALK THE LINE」、10代を馬鹿にする大人たちに一撃を加えるオールドスクールのヒップホップサウンドの「ParadoXXX Invasion」、ソフトポップロックジャンルとして初夏の季節感を生かした曲のムードが胸をときめかせる「TFW(That Feeling When)」、メンバーのジェイクが作詞に参加したオルタナティブロックジャンルの「SHOUT OUT」、次のチャプターに前進する少年たちの希望に満ちた姿をエレクトロニック・ポップジャンルで描いた「Foreshadow」など、多様なジャンルの楽曲が収録される。

7月4日【F.able 3rd デジタルシングル「旅行 (Cloud9)」リリース

昨年8月にシングルをリリースしてから約10か月ぶりのカムバックとなる。
今回の3rd デジタルシングル「旅行 (Cloud9)」はメンバーだけの少年らしい感じと、今まで感じたことのない明るくていたずらな感じが感じられる曲となっている。

メンバー各自の面白い表現が盛り込まれたタイトル曲「旅」は、大切な人との旅行を表現した曲で、途中でメンバーたちの茶目っ気のあるボーカルが聞く人たちにまた別の面白さを与え、リアルギターとリアルベースセッションの音色が一層楽しい感じを表現した。特にメンバーのジュニョン作詞にも参加し、大変な時期に皆にポジティブな力を与えることができる歌詞を盛り込んだ。

7月5日【WINNER】4thミニアルバム「HOLIDAY」完全体でカムバック!

4人の完全体でのニューアルバムは約2年3ヶ月ぶりとなる。4thミニアルバム「HOLIDAY」にはタイトル曲「I LOVE U」をはじめ、「10MIN」「HOLIDAY」「SWEET HOME」「FAMILY」「LITTLE FINGER」まで全6曲の新曲が収録された。

タイトル曲「I LOVE U」は、恋に落ちた感情とときめきをWINNERだけの感性で明るく素直に表現した曲。AKMUのイ・チャンヒョクとTREASUREのバン・イェダムが参加し、完成度を高めた。

7月5日【宇宙少女】スペシャルシングル「Sequence」をリリース

宇宙少女のカムバックは、昨年3月に発売した「UNNATURAL」以来、1年4ヶ月ぶりとなる。今回のスペシャルシングル「Sequence」にはタイトル曲「Last Sequence」をはじめ、「Done」「AURA」「Stronger」まで全4曲が収録される。

タイトル曲「Last Sequence」はワイルドなベースラインとドラム、シンセがメロディをより目立たせるポップスタイルのダンス曲。

「Done」と「AURA」はEXYが作詞・作曲に参加して宇宙少女のカラーを盛り込んだ。特に「AURA」は、ケーブルチャンネルMnetサバイバル番組「QUEENDOM2」のファイナル競演で優勝を獲得した楽曲であるため、より意味深い。“暗かった時間がやっと私のオーラになる”というメッセージを伝え、世界中のファンから好評を集めた。

また、ダウォンとヨンジョンのデュエット曲「Stronger」も注目を集めている。この曲は最近、成功裏に開催した「2022 WJSN CONCERT “WONDERLAND”」で、2人がユニットステージで披露した楽曲で、ファンたちの爆発的な反応に後押しされ、音源として発売されることとなった。またダウォンが作曲に参加し、音楽面での成長を期待させる。

7月6日【IRRIS】1stミニアルバム「WANNA KNOW」でデビュー!

IRRISは、ギリシャ語「Ἶρις(イーリス)」から由来した「IRIS」から着目したグループ名。内面の魂を照らして輝く女神たちを意味するIRRISは、魂と連結、自由と解放を意味するシンボルに基づいて、無限の光を放つという意気込みが込められている。

7月6日【VIVIZ】2ndミニアルバム「Summer Vibe」をリリース

今年2月に1stミニアルバム「Beam Of Prism」をリリースし、新しい活動に乗り出したVIVIZ。彼女たちは発売と同時にタイトル曲「BOP BOP!」で音楽配信チャート1位を記録するとともに、収録曲の全曲がチャートインする勢いを見せた。それだけでなく、発売から1週間で音楽番組2冠を達成し、成功的な出発を知らせた。今回のミニアルバムは前作から約5か月ぶりのリリースとなる。

7月6日【H1-KEY】1stマキシシングル「RUN」でカムバック

H1-KEYが、新メンバーと共にカムバックする。これに先立ち先月、所属事務所はシタラの脱退を発表した。今回のシングルでは新たなメンバーが加入しての活動となる。

7月7日【MCND4thミニアルバム「THE EARTH:SECRET MISSION CHAPTER.2」をリリース

MCNDは7月7日「THE EARTH:SECRET MISSION CHAPTER.2」のアルバムを発売し、同時にミュージックビデオも公開して、約11ヶ月ぶりにカムバックする。

7月7日【MONSTA X新曲「If with U」をリリース

「If with U」は、UNIVERSEが披露する22番目の新曲で、昨年7月に発売された「KISS OR DEATH」以来、MONSTA Xと2回目のコラボ曲。

7月8日【aespa】2ndミニアルバム「Girls」を韓国とアメリカで同時リリース

SMエンターテインメント(以下SM)は6月1日、世界的な音楽レーベルであるワーナー・レコード(Warner Records)とaespaの音楽コンテンツの流通及びマーケティングプロモーションに関するグローバルパートナーシップを締結したと明かした。2ndミニアルバム「Girls」は、同名のタイトル曲「Girls」をはじめとする計6曲が収録され、より一層成熟した彼女たちのボーカルと音楽の世界を満喫できる。

7月11日【キム・チョンハ(I.O.I出身)】2ndフルアルバムPart.1「Bare & Rare」をリリース

「Bare & Rare」は、キム・チョンハが昨年2月に発売した1stフルアルバム「Querencia」以来、約1年5ヶ月ぶりに披露するフルアルバム。タイトル曲は「Sparkling」

7月12日【SUPER JUNIOR11thフルアルバムVol.1「The Road:Keep on Going」をリリース

年内に完成するSUPER JUNIORの11thフルアルバムの最初のアルバムとなる「The Road:Keep on Going」は「STREET」と「LINE」など、2種類のバージョンでフィジカルアルバムとしてもリリースされ、計5曲の新曲が収録される。先行公開された「Don’t Wait」は、レトロモダンコンセプトと告白前のときめきを表現した曲。

7月12日【チョボム(Apinkのチョロン、ボミのユニット)1stシングル「Copycat」をリリース

チョボムは、Apinkがデビューから11年にして披露する初のユニットという点で話題を呼んでいる。パク・チョロンは、格別なリーダーシップでガールズグループのリーダーの教科書と呼ばれており、清純なビジュアルとボーカルでApinkのステージで重要パートを担当している。ユン・ボミは、特有のラブリーな魅力でさまざまなバラエティ番組と個人YouTubeなどで活躍しており、グループ内のメインダンサーを務めて“ステージ職人”らしい一面をアピールしている。

1stシングル「Copycat」と同名のタイトル曲「Copycat」は、真似する人を意味する単語で、チョボムは可愛いながらも意地悪なモノマネ師に変身して、これまで披露した雰囲気とは異なる、ハツラツとした魅力を披露する。NCT DREAM、TWICEらの楽曲を手掛けたJurek Reunamaki、GG Ramirezなど、有名グローバルプロデューサーたちが作曲に参加し、作詞には人気作詞家のチョ・ユンギョンが参加した。

タイトル曲のほかにも「Oscar」「Feel Something」まで、ニューアルバムには全3曲が収録されており、「Oscar」はチョクジェ、今月の少女らと手掛けたGDLO(Monotree)と注目の新人YELO、「Feel Something」にはヒット曲メーカーのライアン・チョンが参加している。

7月12日【ウ・ジニョン (D1CE)2ndミニアルバム「DELICIOUS」でソロカムバック!

ウ・ジニョン2ndミニアルバム『DELICIOUS』をリリースし、再びソロアーティストとしての存在感をアピールする。「DELICIOUS」は、1stミニアルバム「3-2=A」のストーリーを継ぐアルバムであり、今年4月に発売したデジタルシングル「UNBELIEVABLE」以来、約3ヶ月ぶりにリリースする新譜。

7月13日【SF911thミニアルバム「THE WAVE OF9」をリリース

11thミニアルバム「THE WAVE OF9」で、感覚的でセクシーな姿から抜け出し、自由でナチュラルな雰囲気をアピールし、グループのコンセプトのスペクトラムを広げる予定。今回のアルバムを通じてSF9は、先日ニューアルバムの活動への不参加を発表したロウンと、入隊中のヨンビン、インソンを除く6人(ジェユン、ダウォン、ジュホ、ユテヤン、フィヨン、チャニ)体制で、変化という波(WAVE)に乗って新しい旅を始める。

7月15日【ITZY】5thミニアルバム「CHECHMATE」をリリース

今回の5thミニアルバム「CHECHMATE」は、昨年9月にリリースした1stフルアルバム「CRAZY IN LOVE」以来、約10ヶ月ぶりのニューミニアルバムとなる。タイトル曲「SNEAKERS」を含めて「RACER」「WHAT I WANT」「Free Fall」「365」「DOMINO」「SNEAKERS(English Ver.)」まで、全7曲が収録される。

タイトル曲「SNEAKERS」は、エネルギッシュなメロディーが魅力的な楽曲で、ただ自分の考えに従って自由に前に進みたいという特別な誓いや、「一緒にどこまでも行ってみよう」というメッセージを歌詞に盛り込んだ。デビュー曲「DALLA DALLA」をはじめ「WANNABE」「LOCO」など、ITZYの代表曲を一緒に手掛け、抜群のケミストリーを発揮した作曲家チームGALACTIKA*と、1stフルアルバム「CRAZY IN LOVE」の収録曲「Mirror」を手掛けたスウェーデンの作曲家Sebastian Thottが参加して、楽曲の完成度を高めた。

7月15日【J-HOPE (BTS)初のソロアルバム「Jack In The Box」をリリース

「Jack In The Box」は、タイトルに含まれる意味のように、既存の枠組みを破って一段階成長した姿を見せるという彼の抱負を込めたソロアルバムで、J-HOPEならではの音楽の世界観と新たな魅力を確認することができる。ソロアルバムの発売に先立ち、7月1日に先行公開曲を発表する。

先行公開曲「MORE」は、オールドスクールヒップホップジャンルをベースにしたナンバーで、J-HOPEが感じる率直な思いを込めた楽曲。箱の中から湧き上がる情熱と野望、欲の炎を直観的に表現し、世の中に多様な姿を見せたいという彼の堂々とした抱負と純粋な情熱が収められており、持ち前のリズミカルなフローとシャウトが曲の魅力を倍増させている。

7月18日【ヒョリン(元SISTAR)】3rdミニアルバムカムバック

ケーブルチャンネルMnet「QUEENDOM2」を通じて、YouTubeでの再生回数が約800万回を記録した「Touch My Body」と、人気急上昇動画1位を記録した「So What」、最後を華やかに飾った「Waka Boom」のステージまで、独創的なコンセプトで話題を集めただけに、ヒョリンが発売するニューアルバムへの期待と関心が高まっている。

7月19日【STAYC】3rdシングル「WE NEED LOVE」をリリース

STAYCが、3rdシングル「WE NEED LOVE」をリリースしてカムバックする。

7月19日【ILY:1】カムバックが決定!

カムバックを知らせたILY:1は、「Girls Planet 999:少女祭典」出身のアラ、リリカ、ハナ、ロナ、そして新しく合流したナユとエルバの計6人の多国籍メンバーで構成されている。グループ名のILY:1は、“私”を意味する“I”に“~らしい”という意味の“LY”を結びつけて、メンバーたちの多彩な魅力を完全な1つとして調和し、お見せするという意味が込められている。

7月20日【BLITZERS3rdミニアルバム「WIN-DOW」をリリース

1stシングル「BOBBIN」のリリースから約6ヶ月ぶりのカムバックとなる。

7月20日【Xdinary Heroes1stミニアルバム「Hello,world!」をリリース

JYPエンターテインメントのボーイズバンドXdinary Heroesが、新しい音楽を引っ提げてカムバックする。デビュー後初めて披露するミニアルバム「Hello, world!」には、タイトル曲「Test Me」をはじめ「KNOCK DOWN」「Sucker Punch!」「Strawberry Cake」「Pirates」「Test Me」のインストゥルメンタルバージョンまで、全6曲が収録される。

タイトル曲「Test Me」は、まだ未完成であっても自分だけの世界を自ら構築する彼らを“正常範囲の世界”に引きずり降ろそうとする人々に伝えるメッセージが込められている。メンバーのジョンス、O․de、ジュンハンが作詞・作曲に参加し、人気作曲家のシム・ウンジとイ・ヘソルが手掛け、完成度を高めた。

7月20日【P1Harmony4thミニアルバム「HARMONY : ZERO IN」をリリース

7月29日【ATEEZ】ニューアルバム「ATEEZ THE WORLD EP.1:MOVEMENT」カムバック!


三栗あい
三栗あい

まだはっきりした日にちは決まってないけど、近々カムバックするニュースが出ているものは以下👇でまとめています!

カムバック準備中…日程未定

Billlie…7月中旬にカムバック

TO1…7月にカムバック(ミンス、ジェローム、ウンギが脱退、小林大悟、西島蓮汰、ヨジョンが加入)

DIA…8月にカムバック予定

少女時代…8月にカムバック予定

ATBO…ボーイズグループ下半期デビュー予定

MAMAMOO…今年下半期を目標に完全体でのアルバム発売予定

tripleS…Modhaus24人組ガールズグループ、2023年にデビュー予定