3月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

【K-POP】デビュー&カムバック情報

MEMO

いろいろなグループのデビュー&カムバ情報をまとめています。
近日中に、どのグループがカムバするか?が知りたい人は必見です♪

記事の上からカムバ日時の早い順に並べてあります。
(日本盤のリリースは扱っていません。)

※アイドル以外(ソロ歌手など)は興味のある人のみ取り扱う場合があります。
※超マイナーなグループがひっそりカムバしている…みたいな場合は、ピックアップしそびれる場合もあります。

三栗あい
三栗あい

見出しの色でパット見分かるようにしてあるよ。
カムバックのガールズはピンク、ボーイズはブルー
男女デュエットは、デビューは男女ともにの背景色になっています♪

すでにカムバック済みの履歴が👇から見られます。


3月8日【BDC】2ndミニアルバム「THE INTERSECTION:DISCOVERY」をリリース

昨年9月に発売した1st EP「THE INTERSECTION:BELIEF」以降6ヶ月ぶりに披露するニューアルバムで、BDC固有の世界観を収めた「THE INTERSECTION」シリーズの2作目ということで関心を集めている。新しい世界に向けた信頼を込めた前作「BELIEF」に続き、今回のアルバムには新たな自分を発見(DISCOVERY)していく3人のメンバーたちの成長の物語を披露する。

2ndミニアルバム「THE INTERSECTION:DISCOVERY」には、タイトル曲「MOON RIDER」を始め「CHEMICAL」「Fine」「LOVE IN THE AIR」そして「MOON RIDER」のインストールメントまで計5つのトラックが収録される。

フューチャーベースのユニークなダンストラックの「CHEMICAL」を皮切りに、グルーヴィーなベースラインとドラマチックな展開が印象的なタイトル曲「MOON RIDER」、リーダーのキム・シフンが作詞に参加した清涼なファンソング「Fine」、最後にミディアムテンポの甘いR&B曲「LOVE IN THE AIR」まで、BDCの多彩な魅力を盛り込んだ完成度の高いトラックが収録される。

タイトル曲「MOON RIDER」は、Brand New Musicの最強のプロデュースチームBOOMBASTICとOUOWが共作したグルーブ感のあるベースラインとドラマチックなビート展開が印象的なエレクトロポップダンス曲。夜空に浮かぶ美しい月に乗って走るように、この夜の最後まで相手と一緒に走りたい心地よさを表現した。

3月8日【W.O.W】7人組ボーイズグループが正式デビュー

昨年の10月にデビュー予定だったA.CONICの7人組ボーイズグループが正式にデビューする。

Mnet「PRODUCE X 101」でサガルリャン(サイレン+諸葛亮)というあだ名と笑顔で人気を博し、韓国国内外で人気を博しているモデル兼歌手のクォン・テウン、MBC「UNDER19」出身の万能エンターテイナーヨンフン、韓流トップモデルだけでなく、DJ、MC、タレントとして活躍しているチュ・ウォンデとファッションデザイナー出身でモデルテイナーのユン・ダロ、アイドルTHE KINGのリーダー兼プロデューサー、ラッパー、俳優で映像ディレクターとしても活動しているチョン・セジン、若手俳優のイ・パンド、アイドルグループRIONFIVEのユソンなど、各方面ですでに活躍し顔を知らせているメンツで構成されている。

グループW.O.Wとしては、クォン・テウン、ヨンフン、チョン・セジン、ユソンがダンスパート、チュ・ウォンデ、ユン・ダロ、イ・パンドがバンドパートを務め、いままでのグループにはなかった多様な姿を兼ね備えたグループとして活動する予定。

デビュー曲「Miss U」は、バンドサウンドベースのヒップホップ曲で、別れた恋人に対する恋しさと、私たちの時間が季節のように過ぎて、再び春のように咲いて共にできることを願う想いがこめられている。

3月10日【WayV】ニューミニアルバム「Kick Back」をリリース

今回のアルバムには、タイトル曲「Kick Back」をはじめ多彩なジャンルの全6曲が収録されており、世界中のファンの好反応が期待される。

昨年6月に発売した1stフルアルバム「Awaken The World」で、中国最大の音楽配信サイトQQ MUSICの週間人気チャートと急上昇チャートで1位、iTunesトップアルバムチャート21地域で1位、日本・AWAの急上昇チャートで1位を記録した。

3月10日【Punch】2ndミニアルバム「満開」をリリース

Punchの2ndミニアルバム「満開」は昨年10月に発売した「君の声」以来、約5ヶ月ぶりに発表する新譜。ダブルタイトル曲の中の一つである「サヨナラ、私の全部だった君」は、愛する人を送りながら、痛々しい気持ちを独白するように、感情を注ぐPunchだけの声色に悲しい別れの感性を加えた曲。

もう1曲の「嫉妬する」は、嫉妬という感情を可愛らしく、ユーモアのある感じで表現した曲で、洗練されたビートと強烈なサウンドが特徴的。この他にも「私の願い」「消えた記憶」「いや」まで合計5曲が収録されている。全曲の作詞に参加した事はもちろん、「私の願い」の作曲にも挑戦し、ミュージシャンとして一層成長した一面を見せる。

3月11日【GHOST9】3rdミニアルバム「NOW:Where we are, here」をリリース

今回のアルバムは昨年12月に発売した2ndニューミニアルバム「PRE EPISODE 2:W.ALL」以来、3ヶ月ぶりに披露するニューアルバム「NOW:Where we are, here」。イントロトラック「Trigger」を皮切りに、「SEOUL」「UNO」「Starvoy」「Hide&Seek」「Monday to Sunday」まで、全6曲が収録された。

デビューアルバムでGHOST9の世界観を本格的に披露する前、ドアを開けて新しい世界に向かって進む少年たちの姿を描いた彼らは、2ndミニアルバムではデビューアルバムの延長線で「ドアを開けて向かい合った壁を乗り越える覇気」を表現した。今回のアルバムにはどんなストーリーが盛り込まれているだろうか、期待が高まっている。

タイトル曲「SEOUL」は、GHOST9が今、この瞬間を生きて行く場所であり、GHOST9の目線から「僕たちが会うソウル」を語り、NOWシリーズの最初のストーリーを伝える。GHOST9の前作「PRE EPISODE 1:DOOR」と「PRE EPISODE 2:W.ALL」のアルバムをプロデュースしたPAPERMAKERが作詞・作曲に参加した。その他にも、PINKとジャスティン・ティンバーレイク、ジェシー・J、バックストリート・ボーイズ、ケリー・ローランド、ジョス・ストーンらの楽曲を作曲し、制作したノルウェイ系のアメリカ人作曲家のロビン・リンチ(Robin LYnch)と、SUPER JUNIOR、SHINee、NCT 127、VICTONのハン・スンウらミュージシャンとコラボしたジェイ・アンド・ルディ(Jakob Mihoubi & Rudi Daouk)が作曲・編曲に参加し、完成度を高めた。

また、ファン・ドンジュンが、6番トラック「Monday to Sunday」の作詞・作曲に名を連ね、ファンの期待を高めている。

3月11日【ソユ(SISTAR出身)】イ・ヒョリ&Babylonがプロデュースした新曲をリリース

イ・ヒョリとBabylonは一緒に楽曲を制作していた中で、ソユに似合いそうだと思い、今回の新曲をプレゼントすることになったという。ソユも2人の信頼に応えるために、いつにもまして高い完成度のボーカルを披露すると意気込んでいる。

3月12日【ロゼ(BLACKPINK)】1stソロアルバムをリリース

ロゼは1月31日に行われたBLACKPINKのライブストリームコンサート「THE SHOW」で、ソロアルバムのサブタイトル曲「GONE」のステージを初公開して、ファンから熱烈な反響を得た。

3月15日【CIIPHER】RAINCOMPANY初のボーイズグループがデビュー

Ciipherは、K-POP界のトップアーティストであるRAIN(ピ)の自社RAINCOMPANYが輩出する初のボーイズグループでテグ、ウォン、ケイタ、タン、ムン・ヒョンビン、フィ、テグ、キル・ドファンの7人組多国籍グループ。

メンバーのほとんどはオーディション番組出身でケイタとキル・ドファンは、グループTREASUREの選抜オーディション「YG宝石箱」に出演し、ムン・ヒョンビンはMnet「PRODUCE X 101」に出演した経歴がある。

ウォン(パク・ソンウォン)は、MBC「Under Nineteen」に出演してデビュー組に入り、2019年2月9日から2019年4月13日まで1THE9として活動を行った。また、グループ内で唯一兵役を終えたメンバーのタン(チェ・ソグォン)は、以前STARSHIPエンターテインメントに所属し、グループMONSTA Xを選抜するオーディションのMnet「NO.MERCY」に出演していた。

3月15日【PURPLE K!SS】1stミニアルバム「INTO VIOLET」で正式デビュー

“MAMAMOOの妹分”であるPURPLE K!SSは2枚のプレデビューシングルを通じて、デビュー前から強い印象を残した。「My Heart Skip a Beat」では夢に向かって進んでいく少女たちの“ガールズパワー”を、「Can We Talk Again」では魅惑的なボーカルで好評を博した彼女たちが、正式デビューとなる1stミニアルバム「INTO VIOLET」でどんな姿を見せるか、期待が高まっている。

3月15日【PENTAGON】11thミニアルバム「LOVE or TAKE」をリリース

アルバムを自作曲で埋め尽くし“自主制作アイドル”として能力を認められきたPENTAGONは、今回のニューアルバムを通じてもう一度多彩な音楽世界を披露し、世界中のファンの期待に応える予定。

11thミニアルバム「LOVE or TAKE」には、タイトル曲「DO or NOT」をはじめ、「10秒前」「1+1」「Baby I Love You」「That’s Me」「歌って」そしてボーナストラックの「少年感性(フイ Solo)[Bonus Track]」まで、計7曲が収録されている。全曲のクレジットに名を連ねて“自主制作アイドル”としての一面を思う存分発揮する。

タイトル曲「DO or NOT」は、リーダーのフイ、メンバーのウソク、作曲家のNATHANが再びコラボした曲。「やってもやらなくても、僕は関係ない」というクールな姿勢をPENTAGONだけの中毒性あるメロディーと話法で表現した。最後のトラックの「少年感性(フイ Solo)[Bonus Track]」は、リーダーのフイが自作したソロ曲であり、軍服務でしばらく活動から離れるフイを恋しく思うファンにとって、素敵なプレゼントになると期待されている。

3月15日【WOODZチョ・スンヨン(X1出身)-】1stシングル「SET」をリリース

チョ・スンヨンは、昨年11月に発売した「WOOPS!」のタイトル曲「BUMP BUMP」の活動から4ヶ月ぶりのカムバックとなる。今年、チョ・スンヨンの初の音楽活動となる今回の「SET」が、どのような雰囲気とコンセプトになっているか関心が集まる。アルバムには、タイトル曲「FEEL LIKE」をはじめ、「Touch?(feat. MOON)」「Rebound」など、全3曲が収録される。前作、前々作に続きチョ・スンヨンが、全曲の作詞・作曲に直接参加して、万能シンガーソングライターらしい活躍を見せる。

特に「Touch?」には、注目を集めているR&BミュージシャンのMOONがフィーチャリングし、チョ・スンヨンと新しいケミストリーを見せるものと期待される。

3月16日【SUPER JUNIOR】10thフルアルバム「The Renaissance」をリリース

昨年12月にリリースを予定していたが延期され、1月にリリース日を再設定していたが、完成度を高めるためにさらに延期され2月16日にリリース予定だったが、3度目となる延期が発表され3月16日にリリースされる予定。

10thフルアルバムには、事前に予告映像で公開された「Raining Spell for Love(Remake ver.)」「Burn The Floor」「Tell Me Baby」を含む10曲が収録されており、SUPER JUNIORのより一層深まった音楽の世界を満喫することができる。タイトル曲は「House Party」

3月16日【DRIPPIN】2ndミニアルバム「A Better Tomorrow」をリリース

デビューアルバムで好調なスタートを切ったDRIPPINは、グループのコンセプトである「Club」の新しい世界観を予告しており、彼らが伝える音楽と成長に世界中のファンから関心が高まっている。

3月16日【MY.st】1stシングル「THE GLOW : ILLUSIONをリリース

今作はイ・ミノが入隊し、グループとしては4人体制でのカムバックとなる。タイトル曲「*DAZZLE」は、幻想的かつ恍惚な光に惹かれて好奇心を持ったメンバーたちが、新しい世界に向かう旅程を盛り込んだ、神秘かつ夢幻的な曲。メンバーのウジンがプロデュースに参加して完成度を高めた。

3月17日【MIRAE-未来少年】デビューミニアルバム「KILLA」をリリースしデビュー!

DSPメディアから7人組新ボーイズグループがデビューする。(メンバーにはX1出身ソン・ドンピョが含まれている)

3月17日【Weeekly】3rdミニアルバム「We play」をリリースしカムバック

昨年10月にリリースした2ndミニアルバム「We can」以来、5ヶ月ぶりにファンに会う。「We play」は、10代たちの活気溢れる日常と自由をテーマに「いつも本気であらゆることに挑戦する情熱的な10代プレーヤーたち」の物語が盛り込まれたアルバム。タイトル曲はIUの「Celebrity」、OH MY GIRLの「Dolphin」などを作業した“K-POPヒットメーカー”のRyan Jhunが手掛けた。

3月17日【Jessi】新曲をリリース

Jessiは昨年7月にリリースした「NUNU NANA」でダンスチャレンジブームを巻き起こしたり、自己最高の音源成績を記録するなど、たくさん愛された。特に、「NUNU NANA」のミュージックビデオはYouTube再生回数9,200万回を突破し、変わらない人気を博している。

3月25日【IU】ニューアルバム「LILAC」をリリース

今回のアルバムは、2017年に発売した4thフルアルバム「Palette」以来、4年ぶりに披露する新曲で注目を集めている。これまで多用なジャンルを自由自在に行き来しながら、彼女だけのはっきりとした音楽を披露してきたIUが、今回はどのようなコンセプトと音楽で帰ってくるのか、早くから高い関心が寄せられている。

3月30日【ベクヒョン(EXO)】10ヶ月ぶりのソロアルバムをリリース

「Delight」でグループに続いてソロ歌手としてもミリオンセラーを達成する大記録を打ち立て、“ホットなソロアーティスト”としての地位を確立しているため、彼の新しいアルバムに期待が集まっている。


三栗あい
三栗あい

まだはっきりした日にちは決まってないけど、近々カムバックするニュースが出ているものは以下👇でまとめています!

カムバック準備中…日程未定

カン・スンユン(WINNER)…3月に初のソロフルアルバムをリリース

Newkidd…今年上半期アルバムの発売を目指して準備中

OMEGA X…11人組ボーイズグループ上半期デビュー予定

C9ROOKIES(仮称)…CIXの弟分今年デビュー予定

ソヨン(元T-ARA)…10月に、ソロデビュー…の予定が完成度を高めるため延期

DIA…1月を目標に7ヶ月ぶりのカムバックを準備中