11月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

2020年2月≪今月のカムバ&デビュー履歴≫

https://k-tchang.com/wp-content/uploads/2019/10/face_20191020_231846.png
あい

今月カムバック&デビューしたグループやアーティストは誰がいたかな? そんなときの振り返り記事です♪

2020年2月にカムバックしたのはどんなグループでしょうか?ソロは?どんな曲があったかな?そんな時は見てみてくださいね!

前月はコチラ👆から

もくじ

2月1日

【(G)I-DLE】「Show」~SUGAR MAN 3~

JTBC「シュガーマン3」 で公開された曲 「Show」 は、スイングジャンルで再解釈した曲で、一本のミュージカルを連想させる構成に女性だけの感性をより感じさせ聞く楽しさを与える曲。

TV番組 「シュガーマン3」は、一世を風靡して消えた思い出の歌手と歌を当てる番組。

【スホ(EXO)】「SEDANSOGU(世界にただ一つだけの大切な君 )」~How Are You Bread OST~

ドラマ「 How are you Bread 」に主演で出演中のEXOのスホが歌唱に参加した今回のOSTは、愛する人と一緒にしたい気持ちを込めた曲で、ロマンチックなメロディーとスホの温かい声が調和を成した曲。

【セジョン(gugudan)】「나의 모든 날」tvNドラマ愛の不時着OST

【Gaho】「시작」ITAEWON CLASS OST

【JUNNY】「AURA (feat. pH-1) (Prod. GXXD)」

2月2日

【キム・ジェファン(Wanna One出身)】「アンニョン」をリリースしカムバック

今回の新曲は、人気プロデューサーのJung Key( ジャング・キー )と初めて協業した曲で、別れを経験した男の切ない感情を込めたバラード曲となっている。

2月3日

【GFRIEND】ミニアルバム「回:LABYRINTH」をリリースしてカムバック

昨年7月に発売した「FEVER SEASON」以来約7ヶ月ぶり。

【EVERGLOW】1stミニアルバム「reminiscence」をリリースしてカムバック

約6ヶ月ぶりに公開する新譜で初めてのミニアルバム。

【DKB】新ボーイズグループ1stミニアルバム「YOUTH」をリリースしデビュー

BRAVEエンターテインメントが輩出する9人組ボーイズグループがデビュー!

2月4日

【cignature】デビューリードシングルA「NUN NU NAN NA」をリリースしデビュー✨

C9エンターテインメントが、新たに設立したガールズグループの専門レーベルであるJ9エンターテインメントの、初の新人グループであるcignatureはチェソル、ジウォン、イェア、ソン、セリン、ベル、セミまで多彩な魅力を備えた7人のメンバーで構成された。

【EPISODE】「열어줘(Open My Door)」をリリースしてデビュー

2015年にデビューしたVitamin Angelのメンバーを数人を基盤に、新メンバーを2名追加し、新たなグループEPISODEとして再デビューする。

【ムンビョル(MAMAMOO)】先行公開曲「Weird Day (Feat. Punch)」リリース

ソロミニアルバムのリリースに先駆けて、収録曲である 「Weird Day (Feat. Punch)」 を先行公開。

ガールズグループSecretの[Magic]や [Starlight Moonlight]のヒット曲を手掛けた作曲家カン・ジウォンの曲で、ボサノバギターとビンテージシンセベースのミディアムテンポ曲。別れた後、愛する人の空席で感じられる寂しを歌うこの曲は、一日一日と同じ日常が、誰かがいない今日は私にとって少し「見知らぬ日」だという寂しさを歌詞に表現した。

【チョンハ】「My Love(Dr. Romantic 2 OST)」リリース

2月5日

【今月の少女(LOONA)】NEWアルバム「#」をリリースしてカムバック

タイトル曲「So What」は、壮大なベースとシグネチャー・ホーンステップの調和が印象的なアーバンダンス曲で、今まで今月の少女が披露してこなかった強烈な姿を見せてくれる。
メンバーのハスルは健康上の理由で活動は不参加。

【イ・ハンギョル&ナム・ドヒョン(X1出身)】新曲「今日より良い明日」をリリース

新曲「今日よりより良い明日」は、長い間待ってくれたファンへの感謝の気持ちと、これから素敵な姿を見せるという抱負を込めた楽曲。一度聴けばクセになる叙情的なメロディーと歌詞が印象的で、ナム・ドヒョンは“音楽の天才”という修飾語に相応しく、新曲の作詞・作曲に参加した。

2月6日

【iKON】3rdミニアルバム「i DECIDE」をリリースしてカムバック

「i DECIDE」iKONが進むべき道を自ら決め、没頭するという情熱と意志を表現した。タイトル曲「Dive」をはじめ「Ah Yeah」「All The World」「Holding On」「Flower」など計5曲が収録される。中にはB.Iが作詞・作曲した楽曲がそのまま収録される。

タイトル曲「Dive」は、iKONの元メンバーB.Iが作詞・作曲に参加した。Seungが作詞し、Diggyとカン・ウクジンが共同で作曲に参加した。

繰り返されるカントリー風のギターリフが際立ち、強烈なインパクトが感じられるヒップホップダンスジャンルの楽曲。愛する人のためならどんなことでもできるという勇気を歌詞で表現した。

アルバムの最初のトラック「Ah Yeah」は、全身が震えて興奮する感情を表現した楽曲で、スネアと電子ギターのサウンドが強烈な雰囲気を与える。

3番トラック「All The World」は、ファンキーなドラムビートとシンセサイザーサウンドが魅力的な曲。「世界がみんな愛する彼女で染まっている」という歌詞を通じて、明るくときめく感情を伝える。

「Holding On」は、iKONのメンバーらの個性的な歌声が魅力的な楽曲。別れた後、一人に慣れてしまった状態を、率直に表現する歌詞が共感を呼ぶ。

最終トラック「Flower」は、iKONにとって特別な意味がある楽曲。メンバーのドンヒョクが作詞・作曲はもちろん、初めてメインプロデュースを務めた。情緒的なメロディーと、中毒性の強いフックが調和し、iKONならではのバラード感性が際立つ楽曲となっている。

BOBBYは、収録曲「Ah Yeah」「All The World」「Flower」の計3曲の作詞に参加し、大切なファンへの切実な感情を歌詞に込めた。

歌詞の意味が知りたい場合はコチラ👈から

【BVNDIT】デジタルシングル「Cool」をリリースしてカムバック

「New.wav」プロジェクトを知らせる最初の曲となる

【ソンジェ(BTOB)】プロジェクトシングル「3×2=6 Part 3」をリリース

「3×2=6 Part 3」を発表し、3ヶ月間に渡って発表してきたプロジェクトに、幕を閉じる。ソンジェのプロジェクトシングル「3×2=6」は、3ヶ月の間、毎月2曲の音源を発表するプロジェクト

タイトル曲「ハルマナナ(話したいことはたくさんあるけどしない)(With イルフン)」と収録曲「Hypnotized (With プニエル)」 で構成されている

Part1の「歌手ソンジェ」、Part2の「人間ソンジェ」に続くPart3のテーマは「BTOBソンジェ」で、BTOBのメンバーで、深い義理を誇るイルフン、プニエルが参加し「3X2=6 Part 3」を仕上げた。

「ハルマナナ(With イルフン)」はイルフンの自作曲で、ミディアムテンポのR&Bヒップホップ曲。ソンジェとイルフン、2人のコラボで披露する初の正式音源で、「話したいことは多いけど、話さない」という意味のタイトルのように、複雑な心境を淡々とさり気なく表現した。

収録曲「Hypnotized(With プニエル)」は、催眠術にかかった人のように制御することができない心と、束縛から逃れることができない状態を、ソンジェとプニエルだけのスタイルで表現した楽曲で、2018年BTOB単独コンサート「2018 BTOB TIME -THIS IS US-」のデュエットステージで初めて披露した後、公式発売を求めるファンの熱い声援に後押しされて収録された。

2月7日

【8eight】6年ぶりにシングルをリリース

2019年「心臓がない」発売10周年を記念して再びタッグを組んだ3人のメンバーは、2014年に発売したシングル「Let’s not go crazy」以来6年ぶりに、8eightとしてもう一度シングルをリリースする。

さらに、 8eightの全盛期を共に過ごしたパン・シヒョクプロデューサーと作曲家Wonderkidが、今回の新曲制作に参加し、あの時、その頃の8eightの感性を懐かしく思うファンたちにとって特別なプレゼントになる。 新曲「また愛に騙される」は「心臓がない」「さよなら、私の愛」などで、2000年代後半を代表する別れのバラードを担っていた8eightならではの音楽カラーをそのまま表した曲

2月9日

【V.O.S】ニューシングル「元気なのか気になる」をリリース

別れ3部作のフィナーレを飾る
「元気なのか気になる」は、ボーカルグループNoelの「遅い夜、君の家の前、その路地で」ジェジュンの「脆くて弱い愛を」などを作業したヒット作曲メーカー bigguyrobinがプロデュース作業に参加して完成度を高めた。

2月10日

【THE BOYZ】1stフルアルバム「REVEAL」をリリースしカムバック

見慣れたものと見慣れないもの、その両面に共存する少年の物語を取り扱う今回のアルバムは、デビュー後初のフルアルバムとなる。

【Rocket Punch】2ndミニアルバム「RED PUNCH」をリリースしてカムバック

タイトル曲『BOUNCY』は理想を詰め込んだ歌詞に、 強烈でありながらもヒップな雰囲気が漂うティーンクラッシュジャンルのポップダンス曲で、キッチュな雰囲気と理想郷を収めた歌詞に、清涼感溢れるラップとパワフルなボーカルが合わさった楽曲。

2月11日

【Cherry Bullet】デジタルシングル「Hands Up」をリリース!

今回のカムバックは、2019年5月に発売した2ndシングル「LOVE ADVENTURE」以来、約9ヶ月ぶりのカムバック。

AlphaBAT シングル「Again(歌ってみた)」リリース

クラウドファンディングメイクスターを介してファンと一緒にしたプロジェクトアルバムをリリース。メンバーたちがコンセプトからミュージックビデオまですべてを直接プロデュースした。

「Again」は、 90年代風のR&Bバラード曲で、別れた恋人に対する懐かしさを大胆かつ濃厚に訴える。プロデュース101に“이 자리에”を提供した 作曲家≪진짜 사나이(Realbros)≫が作曲、編曲、作詞に参加して感性的なメロディーラインが引き立つ曲に仕上げた。

2月12日

【PENTAGON】1st Full Album「UNIVERSE : THE BLACK HALL」をリリースしてカムバック

タイトル曲「Dr. ベベ」はPENTAGONの「Shine」、Wanna Oneの「Energetic」を作ったリーダーフイの自作曲で、メンバーのウソクが作詞に参加して曲の完成度を高めた。

「Love、Fall、Hurt and Crazy」という4つのテーマを通じて、誰でも恋に落ち、別れ、傷ついて、狂っていく、再び恋して繰り返される“愛のしがらみ”を話し、このしがらみから自身を癒してくれる唯一の「BeBe」への叫びを、強烈なパフォーマンスで披露する。

詳しくは👇コチラ👇から

【KARD】4thミニアルバム「RED MOON」をリリースしてカムバック

タイトル曲「RED MOON」は、ムンバートン、EDMそしてTRAPが調和した曲。

BMが作詞、作曲、編曲に参加した「GO BABY」を皮切りに、KARDの男女ユニットが歌った「ENEMY」と「INFERNO」が収録。アルバム全般的にBMとJ.sephの積極的な参加が目を引く。

【BLACK6IX】2ndミニアルバム「Nice to meet you」をリリースしてカムバック

【ヘンリー】デジタルシングル「君ばかり思う」をリリース

新曲「君ばかり思う」はヘンリーが自ら作詞・作曲に参加した曲で、愛する人に会いに行くときめきを表現する内容で、スパニッシュギターがシグネチャーサウンドとして曲を率いる軽快なメディアムテンポ曲。

2月13日

【AB6IX】デジタルミニアルバム「5NALLY」をリリースしてカムバック

チョン・ウンが初めて作詞、作曲に参加した夢幻的なR&Bスタイルの曲「MOONDANCE」をはじめとし、“作曲もできるアイドル”に浮上しているキム・ドンヒョンが作詞、作曲したPOP R&B曲の「MORE」、作曲もできるアイドルとして有名なイ・デフィが作った感覚的なビートのダンス曲「ROSE, SCENT, KISS」をはじめ、リーダーのイム・ヨンミンが書いた感性的な歌詞が際立つ「BREAK UP」とパク・ウジン、イ・デフィが制作に参加した強烈なトラップヒップホップ曲「COLOR EYE」まで計5曲のクレジットが収められている。

チョン・ウンのソロ曲『MOONDANCE』は、ラフなギターサウンドとチョン・ウンだけのセクシーな音色が合わさったR&Bスタイルの楽曲で、チョン・ウンが初めて作詞・作曲に参加した意味のある曲。「三日月が満月になるまで一緒にいたい」という純粋な気持ちを表現した歌詞が印象的で、「PRODUCE X 101」出身チョン・ミョンフンも作詞作曲編曲に参加した。

二十歳になったイ・デフィが成人式をモチーフにして作った自作曲『ROSE, SCENT, KISS』は、ダイナミックに変化するスタイリッシュなビートが印象的なダンス曲

イム・ヨンミンが自ら作詞を手掛けた『BREAK UP』は、感性溢れる歌詞と洗練されたトラックが素敵な調和を成し遂げたナンバー。グループでラップを担当しているイム・ヨンミンの隠されていたボーカルとしての実力が印象的で、新しい音楽の試みが見える曲

今アルバムは、2019年11月9日、10日の2日間、オリンピック公園体操競技場(KSPO DOME)で開かれたAB6IXの初めての単独コンサート『AB6IX 1ST WORLD TOUR 6IXENSE IN SEOUL』を通じて先行公開し、爆発的な反応を得たメンバーたちのソロ曲を収めたアルバム。

【カン・スンシク(VICTON)】プロジェクト曲「四季が過ぎても」をリリース

「部屋の隅キャスティング」は722 STUDIOで新しく披露するアルバムプロジェクトで、「部屋で私が直接選ぶキャスティング」という新鮮な発想を通じて、音源消費者の意見を最優先にして、これまでの発売システムとは差別化された新概念の音楽プロジェクト。

「四季が過ぎても」は、第1弾プロジェクト曲として公開される。

2月14日

【ムンビョル(MAMAMOO)】ソロ2ndミニアルバム「DARK SIDE OF THE MOON」をリリース

先だって4日に先行公開曲を公開
2018年5月、1stソロアルバム「Selfish」以来1年9ヶ月ぶりのカムバック。

アルバムには、ムンビョルの自作曲で洗練されたシンセとシルキーな音が際立つ「mirror」、弾けるプラック(Pluck)サウンドとグルーヴィーなサウンドで自分をもっと愛そうというメッセージを収めた「ILJIDO」、慣れ切ったハスラー(ペテン師)の人生を中毒性のあるトラップビートの上に溶け込ませた「MOON MOVIE」

さらに、ムンビョルと歌手Punchの感性が相乗効果を発揮し、長い余韻を残す「Weird Day」、流麗に繰り広げられるピアノとストリングサウンドに真心を込めた「Snow」、タイトル曲「Eclipse」まで 計6曲が収録。

タイトル曲「Eclipse」には、韓国最高のプロデューサーキム・ドフンをはじめ、ソ・ヨンベ、イ・フサン、ミンキー、Inner Childの5人の強烈なミュージシャンが曲作りに参加、ムンビョルも作詞を手掛けた。

月が太陽を隠す「日食」に喩えた、内面の二面性を表現した曲は、光を飲み込んで闇に覆わせる“モンスター”と、星になって明るく照らしてその悪から君を守ろうとする“ムーンスター”の鮮明なコントラストを成したコンセプトを前面に打ち出し、ムンビョルの中性的な魅力を最大限に引き上げた。

他にもMAMAMOOのコンサートのステージでファンたちに先行公開した自作曲「mirror」、「MOON MOVIE」と「Snow」では歌詞にも自ら参加した。

【NU’EST】コラボ曲「Let’s Love」をリリース

NCSOFTのキャラクターブランドSpoonzとコラボした音源「Let’s Love(with Spoonz)」は、「愛を分かち合い、愛し合おう(SEND LOVE、BE LOVE)」というテーマを盛り込み、感覚的なギターサウンドに優しい歌詞とNU’ESTの声が調和した曲。

メンバー全員が作詞に参加すると共に、ベクホは作曲にも参加してした。

【KOKOON】デジタルシングル「냐옹이」をリリース

新曲「ニャオン」は、KOKOONのメンバーたちがそれぞれ違う魅力の猫に変身するコンセプトの曲 。

KOKOONは、お笑い芸人ユン・ヒョンビンと日本の吉本興業がプロデュースした5人組の男性グループである。2018年にtvN「コメディビッグリーグ」を通じてお笑い界にデビューした。

2月16日

【CRAXY】プレデビューシングル「My Universe」リリース

正式なデビューアルバムのリリースを前に先行公開された曲。
デビューアルバムとしてリリースされる予定の「MY UNIVERSE」と同タイトルでサブタイトル曲となる「MY UNIVERSE」は、キム・ヨンジュンが作詞、作曲、編曲した作品で、メンバーたちも作詞に直接参加

デビュー準備の頃から共にしたファンに伝えるメッセージを独特の世界観で表現した曲となっている。

2月17日

【IZ*ONE】初のフルアルバム「Bloom*Iz」をリリースしてカムバック

当初2019年11月11日にリリースされる予定だったフルアルバムをリリースする
先だって、昨年発生したMnet「PRODUCE48」の投票操作疑惑の影響で、IZ*ONEとしての活動及び1stフルアルバムの発売も延期されていた。

タイトル曲「FIESTA」は、集まったIZ*ONEの絶頂、満開を「お祭り」のイメージで描き、さらに大胆で華やかに表現した曲

【ONF】新曲「Message」を公開

昨年10月にリリースした4thミニアルバム「GO LIVE」以来、約4ヶ月ぶりの新曲。

「Message」は、叙情的なメロディーにシンセサイザーポップの要素を加えたミディアムテンポの曲で、相手の本当の意味を悟って、もうすぐ会う人に約束のメッセージを伝えるストーリーを盛り込んだ。

今回の新曲は、ONFとデビューの時から作業を共にしてきたプロデュースチームMonoTreeのファンヒョン作曲家がプロデュースし、ONFのメンバーMKとワイアットが作詞に参加した。

2月18日

【DREAMCATCHER】1stフルアルバム「Dystopia: The Tree of Language」をリリースしてカムバック

DREAMCATCHERの1stフルアルバムであり、「悪夢」のストーリーを終えてから新しいストーリーを描き出す作品

【女子高生(High School)】1stミニアルバム「Love、 Pure、Passion」をリリースしてカムバック

前作から約10ヶ月ぶりに本格活動に入る。タイトル曲「Timing」は、正統ヒップホップベースでニュースクールとオールドスクールクロスオーバーヒップホップジャンルの曲

2月19日

【D.COY】2月19日デビューシングル「COLOR MAGIC」をリリースしてデビュー

D.COYはROLLINGCULTUREONEから新しくデビューする5人組バンド「D.COY」というバンド名は「誘惑する」という意味の「DECOY」に由来し 、ロック音楽をベースにポップ感と叙情的なサウンドで大衆を誘惑するという意味が込められている。

ハスキーな声が魅力的なメインボーカルを中心に、キーボードとベースの甘いコーラスが印象的なバンド。また、3月14日に開催される「ROLLING 25周年記念公演 vol.25」のラインナップに名を上げ、ライブステージの披露も予告している。

【IMLAY】3rdアルバム「DYSTOPIA」をリリース

DJでプロデューサーのIMLAYの3rdアルバム「DYSTOPIA」は、昨年8月に先行シングルとして発売された「Without U」を含む多彩な魅力の5曲が収録

タイトル曲「Asteroid」は、シンセウェーブの色が加わったフューチャーベースナンバーで、情熱的で運命的な愛を宇宙に例えて表現した歌詞が印象的。

グループWayVのヤンヤンがフィーチャリングし、個性溢れるボーカルで曲の魅力を倍増させ、期待を高めている。

2月20日

【Weki Meki】1stデジタルシングル「DAZZLE DAZZLE」をリリースしてカムバック

タイトル曲「DAZZLE DAZZLE」は、 ヒップホップとムーンバートーンの要素が絶妙にミックスされたハイブリッドポップダンスジャンルの楽曲 で、GFRIEND、TWICE、I.O.I出身キム・チョンハなど多数のK-POPアーティストの曲を作曲したAnna TimgrenとBoA、MOMOLANDなどのアルバムに参加したSTAINBOYSがタッグを組んで作業した曲

【About U】「Who took my candy(내 사탕 누가 먹었어)」をリリース

実力派4人組ボーイズバンドの新曲がリリース

2月21日

【BTS(防弾少年団)】4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」 をリリースしカムバック

昨年発売した「MAP OF THE SOUL : PERSONA」以来、10ヶ月ぶりに発売されるアルバム。

【3YE】3nd Digital Single「QUEEN」をリリースして電撃カムバック

2月23日

【UNVS】5人組ボーイズグループデビュー

リーダーJUN H.(ジュンヒョン)を始め、YY(ワイワイ)、EUNHO(ウンホ)、CHANG GYU(チャンギュ)、JEN(ジェン)までそれぞれ個性が強い実力派5人で構成

グループ名の「UNVS」は“universe”の略語で、本来の意味通り宇宙、銀河系など特定した有形世界を意味する。限界を決めずに無限に伸びていく“music(音楽)”、いつも新しい姿で挑戦する“spirit(精神)”などを合わせ、宇宙の永続性のように人々の心の中に永遠に存在したいという意味が込められている。

JUN H.は、グループのリーダー、そしてラップ担当のメンバーであり、優しいカリスマ性の持ち主だ。JUN H.はグループのムードメーカーであると同時にUNVSが目指すアーティストの道のために引き続き悩む軸である。普段はお茶目で愉快だが、音楽に対しては真剣なギャップのある魅力を持っている。

YYは、ボーカル担当で俳優顔負けのビジュアルの持ち主であり、コンセプトフィルムではルックスからは想像できない割れた腹筋を公開し、目を引く。

【ドンヘ(SUPER JUNIOR)】デビュー後初のソロデジタルシングル「Harmony」をリリース

ドンヘが自ら作詞・作曲した「Harmony」は、伝統的なクワイアサウンドと豊かなブラスの編曲が際立つブラックゴスペルジャンルの楽曲。

ラッパーのBewhYがフィーチャリングし、ヒップホップの魅力まで感じられるモダンブラックゴスペルに仕上がった。

【ASTRO】デビュー4周年記念スペシャルシングル「ONE&ONLY」をリリース

4周年記念 スペシャルシングル「ONE&ONLY」は、4年間一緒にいてくれたAROHA(ASTROのファン)だけのために、ASTROが特別に準備したプレゼントのような曲で、ASTROのデビュー日である2月23日に発売してさらにその意味を高める。

「ONE&ONLY」は、メディアムテンポのヒップホップビートに基づいたメロディーとASTROのメンバーたちがファンに伝えるメッセージが調和したファンソング。メンバー全員が作詞に直接参加し、今までファンと分かち合った様々な感情と思い出を歌詞に盛り込んだ。

2月24日

【SPECTRUM】4thシングル『0325』をリリースしカムバック

昨年4月に発表した「Refreshing time」以来SPECTRUMが約10ヶ月ぶりに公開する新譜で、タイトル「0325」はタイトル曲のランニングタイムである3分25秒の間にSPECTRUMの全てを見せるという抱負を盛り込んだ。

今回のシングルには、タイトル曲「SHOWTIME」に「Highway」「My star」「SHOWTIME(Inst.)」まで、4曲が収録

【ラビ(VIXX)】1stソロフルアルバム「EL DORADO」リリース

「EL DORADO」は「黄金郷」という意味で、これまで100曲以上の曲を制作するなど一生懸命に走ってきたラビが、ついに黄金時代を開いてみせるという抱負を込めた。

今回のアルバムには計11曲が収録され、最近ヒップホップシーンと音楽界で注目されているPaloalto、Sik-K、Reddy、BILL STAXなど12人の豪華なアーティストとフィーチャリングした。

2月25日

【ルナ(f(x))】X-MASプロジェクトの新曲「It Hurts and Hurs」をリリース

X-MASは、カカオM傘下のプロデューサーレーベルであるFLEX Mの企画アルバムで「Xinger」「My」「Auditon」「Song」の頭文字を取って、有名アーティストたちがデビュー前に歌ったオーディション曲を、今の声で再解釈してリリースするプロジェクト

「It Hurts and Hurs」は、2006年にリリースされたSol Flowerのアルバム「Fantastic Story」のタイトル曲で、最高のヒットメーカーチョ・ヨンスとアン・ヨンミンが手掛けた楽曲。 ルナが練習生時代に何度も歌った曲。

2月26日

【ELRIS】4thミニアルバム「JACKPOT」をリリースしてカムバック

新メンバーEJ&チェジョンが加入!7人組でカムバック

今作は1年8ヶ月ぶりに披露するミニアルバムで、今回からラッパー兼ボーカルのEJ、パワーダンサーとしてキム・ソヒと共にパフォーマンスのもう一つの軸を担うチェジョンが新メンバーとして合流した。

「JACKPOT」には「Intro」をはじめアルバムと同名のタイトル曲「JACKPOT」の他、「This is me」「Like I Do」「No Big Deal」の5曲が収録されている。

今回のアルバムにはearattack、チェ・ヒョンジュン、キム・スンス、ファン・ヒョンらが参加した。特に収録曲「No Big Deal」はメンバーであるベラが作詞を手がけた。

タイトル曲「JACKPOT」は爽やかではじけるようなサウンドが際立つダンスポップジャンルの楽曲で、愛されたい気持ちを「JACKPOT」に喩えた歌詞で表現した。雄大なブラスとハツラツとしたシンセサウンドがうまくミックスされより楽しさを加え、ELRISの清らかな音色をやんちゃな少女のように表現するなど、新しい試みを盛り込んだ。

2月27日

【MCND】アルバム「into the ICE AGE」をリリースして正式デビュー

TOPメディアの新人ボーイズグループMCNDは、Castle JとBIC、ミンジェ(MINJAE)、フィジュン(HUIJUN)、WINで構成された5人組グループ。
1月にプレデビュー曲「TOP GANG」を発売した。

「DEBUT TEASER」を皮切りに「OFFICIAL PHOTO」「INDIVIDUAL PHOTO」などを順を追って公開する。26日にはショーケースを開催し、27日に正式デビューする。

2月28日

【As One】シングル「2月29日」をリリース

女性デュオAs Oneのニューシングル「2月29日」は、4年に1度ある2月29日のように忘れた頃に再び思い出してしまうおぼろげな恋の物語を収めた曲。

MVにはX1解散後、初の公式活動として演技への初挑戦ですでに話題となっているイ・ウンサンが出演する。

【チョン・ダンビ】新曲「愚か者」をリリース

「愚か者」は別れの後、相手のことが懐かしいが、プライドのため手を差し伸べられない自分を愚か者に例えて表現した曲

2月29日

【キム・チョンハ(I.O.I出身)】新曲「正直疲れる」をリリース

ミュージックプロジェクト「New.wav」の2ndシングル「正直疲れる」
ミュージックビデオの主人公として女優チョ・ボアが出演

BAEKHYUN(EXO)】「On The Road」リリース

HYENA OST Part. 2としてリリース

【VERIVERY】 「With Us」リリース

ドラマ「梨泰院クラス」のOST

続きはこちら👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です