9月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

【CIX】8/17 1stフルアルバム「’OK’ Prologue:Be OK」をリリースしてカムバック

1stフルアルバム「’OK’ Prologue:Be OK」は今年2月にリリースした4th EPアルバム「Hello、Strange Dream」以来、約6ヶ月ぶりに披露する新譜。「HELLO」シリーズの最後のチャプターを完成した彼らが、デビューから2年で発売する1stフルアルバムで、新しい「OK」シリーズの幕を開ける。特に今作では“青春”に関するストーリーをたくさん込めた。

1st Album ‘OK’ Prologue : Be OK カムバックスケジュール

1st Album ‘OK’ Prologue : Be OK アルバム詳細

デビューからこれまで続けてきた『Hello』シリーズでは、最も親しかった友人とある理由がきっかけに地獄のような状況に直面してしまったストーリーを描いたなら、今回の『OK』シリーズは、そのような状況に直面した理由を探して、救われるための準備過程を表現するシリーズとなっている。

今回のアルバムにはSUPER JUNIOR、TWICE、MAMAMOO、IZ*ONEなどをプロデュースしたキム・チャンラクをはじめ、イ・ヒョリ、ペク・チヨン、IUなどとコラボしたプロデューサーKZ、GOT7、SHINeeのテミン、PENTAGONなどのアルバムに参加したJimmy Claesonが参加した。この他にもEXO、BTS(防弾少年団)、NCTなどをプロデュースしたアメリカ出身のプロデューサーMZMCと、海外の有名作曲家Erik Lidbom、Sean Michael Alexanderなどが支援した。さらにメンバーのBXは「Off My Mind」「20 Years Old」「Tell」計3曲の制作に参加した。

ダンスにもEXO、SHINee、東方神起など、SMのダンス創作のほか、多数のアーティストの振り付け指導に参加したKasperが参加。さらに、BTS、TWICE、Wanna Oneのアルバムに参加した写真家のイ・スジンとNCT、SEVENTEEN、I.O.I出身キム・チョンハなど有名アーティストの感覚的なミュージックビデオの演出で注目を浴びたETUIがCIXの新しいタイトル曲のミュージックビデオに参加するなど豪華な仕上がりとなっている。

タイトル曲「WAVE」は、“激しい運命の波を越えて僕たちだけのペースで一緒に進もう”というメッセージを表現した楽曲。ミディアムテンポのフューチャーベースビートをベースに、パワフルなリズムとグルービーで感性的なメロディが組み合わさり、CIXならではのパワフルな清涼感を強調した。

収録曲「BAD DREAM」は、悪夢のような現実によって彷徨う青春のストーリーを込めた曲。「Off My Mind」は、「『我々の中の希望を逃さないように』というメッセージを込めた楽曲で、レトロなR&Bの感性が最大限に収められている。「LOST」は、歌詞に今の彼らの時代の青春を詰め込んだ。同世代への勇気を与える曲になっている。「Genie in a Bottle」は、ファンキーでレトロなサウンドが印象的なナンバー。

「20 Years Old」は、輝く20歳の若者たちに手を差し伸べる友情を語った楽曲。「ICE」は「『大切な存在を守るためなら、いかなる対価も払う』というメッセージを込めた曲で、繰り返されるリズムが聞く楽しみを倍増させる。「Breath」は典型的なR&Bジャンルの曲。ガラスの壁に閉じ込められたイルカを、若者が直面している現実に例えた歌詞が特徴的。「Tell」は幸せだった瞬間を思い出して、過去を後悔する曲。ピアノとメンバーたちのハーモニーがよく調和した楽曲に仕上がっている。

「Here For You」は、CIXの初めての英語曲。『疲れて大変な瞬間でも、いつも傍にいてあげる』という約束を収めた心温まる内容のナンバー。

1st Album ‘OK’ Prologue : Be OK CONCEPT PHOTO

 ‘OK’ Prologue : Be OK CONCEPT VIDEO

コンセプト映像もメンバー別でアップされています。

タイトル曲「WAVE」MV Teaser

‘OK’ Prologue : Be OK ALBUM PREVIEW

アルバムプレビュー動画は2本アップされています

‘WAVE’ MV公開!

あい
あい

マリンルックに船にタイトル名「WAVE」
夏らしい爽やかなコンセプトで戻ってきたCIXに期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です