5月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

VARSITY(バーシティー)のリーダーがソロデビューした話

以前、VARSITY(バーシティー)のこんな解散時の記事を書きました。

正直以前の記事にも書いたようにVARSITYの活動時に彼らを追ってみていたことがあまりなく、ちょろっと曲聴いたことはあるな~くらいでメンバーの名前もほぼ分からず、なんなら顔の記憶さえあまりない感じのグループなので、またしてもVARSITYの名を書く機会がくるなんて思ってもみませんでした(ぉぃ)。

今回、そのVARSITYのリーダーだったKidが、本名のミンソン名義でソロデビューを果たしたようです!🎉

元々グループに大した愛着がないのに、なぜそんな情報を…って感じですが、別にグループメンバーのその後を追っていたわけじゃないんですよ。たまたま新曲チェックしていたら、いい曲だな~と思う曲があって、アルバム情報見てたら「アイドルの時とは違って…」みたいなこと書いてたんで、あれ?この人元アイドルなの!?どのグループの?…と調べていたらVARSITYに辿りついて、あー!あのグループの子か!!となったわけです。

解散時にリリースした曲が切なくてすごく好みな曲だったんですけど、今回ミンソンがリリースした曲もまたしても私好みの切ない系R&B SOULな曲なんですよ。

グループの時には気づきもしなかったけど、曲の世界観を伝える力とかもあるし、声もいいし…零細企業の目立たないグループの中にも才能がこうして埋もれていると思うと勿体ない!って思っちゃいますね。

MVも今のところ200回ちょっとくらいしか再生されてないですけど、もっといろんな人に聴いてもらってもいい曲や歌声だと思います。

まぁ…正直、お顔は好みではないんですけど(こら)
たぐいまれなきイケメンしか歌を歌ってはいけないなんてことはないですから!!!

やっぱり事務所の大きさって活動に大きく影響してくるので、ソロでいい曲を出し続けたからと言って大成できるか?というとそう簡単な話でもないわけで。彼はグループ時から続くもどかしさをきっとこれからのソロ活動でも感じ続けるのかな…と思うとなんとも心苦しいのだけど、それでも彼が彼を通して表現する世界を消さないで欲しいなと思います。

表現するって、クリエイティブなことって本当、苦しいよね。
最近自分がクリエイティブ畑にいるので、音楽ではないですが生み出す苦しみやそれが望むように世界に評価されないもどかしさみたいな気持ちがめっちゃ分かって辛いです。

辞めていく人がたくさんいて、認められる人はほんの一握りの世界だからね。

Listen on Apple Music

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。