5月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

2022年2月≪K-POP今月のカムバ&デビュー履歴≫

あい
あい

今月カムバックしたグループやアーティストは誰がいたかな?
そんなときの振り返り記事です♪

2022年2月にカムバックしたのはどんなグループでしょうか?ソロは?どんな曲があったかな?そんな時は見てみてくださいね!

過去のカムバック&デビュー一覧はコチラ 👇から

カムバック&デビューアーカイブ一覧

もくじ

2月3日

ソン・スウ(CAP-TEEN優勝者)】1stシングルでデビュー/

Mnetのサバイバルオーディション番組「CAP-TEEN」の優勝者ソン・スウがデビューする。デビューシングル「Love Me or Hate Me」は、10代の最後と20代の最初を過ごす戸惑いをグランジバンドサウンドと、ソン・スウの魅力的な中低音のボイスが調和したポップファンクジャンルの楽曲。

昨年1月に韓国で放送されたMnet「CAP-TEEN」の優勝者で注目を浴びた彼女は、清純なルックスと相反する中低音のボーカルでリスナーから愛された。

クォン・ウンビ(IZ*ONE出身)】新曲をリリース*

シングル「秘密:リエ vol.4 “MIRROR”」でウンビが新曲を披露する。新曲「MIRROR」は心地よいシティポップジャンルの曲で、人生に疲れ不安な気持ちを慰めてくれる歌詞が印象的で、鏡に映った自分の姿に真率な心と希望のメッセージを届ける曲。さわやかなテンポ感が感じられるビートの上に、クォン·ウンビの澄んだ清雅な色彩の音色が加わり、より深い感性を込めており、「癒し」というキーワードに合わせて大衆の心に徐々に染み込んでいく。

「秘密:リエ」は言いたいけど言えなかった話をミュージシャンの「アトリエ」から「秘密」リエに告白するコミュニティー。毎週木曜日午後6時にYouTubeチャンネル「秘密裏にbimil:ier」で公開される音楽ウェブバラエティは、アーティストクォン·ウンビが愛する人々と自分自身に伝えたい「慰めのメッセージ」を収録し、これに視聴者がコメントをした共感の物語がMIRRORの歌詞になって音源発売に繋がった。「秘密:リエ」は今後もクォン·ウンビに続き、様々なミュージシャンと視聴者が共に楽しむ秘密の告白ソングを作っていく予定。

DKB】2周年記念ソングを公開/

DKBのデビュー2周年を記念して「Bestie」が公開された。今作は、デビュー2周年を迎えたDKBが、全ての瞬間を共に過ごしてきたBB(ビビ:DKBのファン名称)へ、精一杯の思いを込めたファンソング。メンバー自ら作詞作曲に参加し、ファンに深い感動を与えるサプライズプレゼントとなった。

KISU (元24K)】ニューシングルをリリース/

ニューシングル「Will be fine」をリリース

2月4日

マーク(NCT)】初のソロ曲をリリース*

SM「STATION」がNCTメンバーの多彩な音楽に出会える「NCT LAB」プロジェクトを始める。

「NCT LAB」はNCTの様々な音楽活動をアーカイブするためのSM「STATION」の新しいプロジェクトで、アルバム活動を除いたメンバーたちのソロ曲や自作曲、ユニット曲など、彼らの多彩な音楽を継続して披露する予定。プロジェクトのスタートを知らせる最初の曲は、マークのソロ曲「Child」。ユニークなベースシンスとエレキギターのサウンドが、センチメンタルな感性を醸し出すヒップホップジャンルの曲で、マーク自ら作詞・作曲にも参加した。自分自身に対する深い悩みを率直に表現した歌詞が特徴。

TWICE 】 「The Feels」 リミックスアルバムを全世界同時リリース/

TWICEが2月4日、初の英語シングル「The Feels」のリミックスアルバムを全世界で同時発売する。
「The Feels」はビルボードの「ホット100」で83位を記録、英国オフィシャルチャートで80位、アップルミュージックトップ100グローバルチャートで83位、MV2億ビューを突破し、グローバル人気を博している。 この熱い愛に応えるため、今回のリミックスアルバムではイタリア出身の有名DJ兼プロデューサーBenny Benassiのリミックスに加え、従来のThe StereotypesとYves Vのリミックスも一緒に発売する。

「The Feels (Benny Benassi Remix)」はハイテンポのディスコポップジャンルの曲をエレクトロハウスのサウンド要素を入れてさらに緊張感を高め、強烈なドロップを通じてユニークな経験とダイナミックを提供する。

2月5日

ジョングク&SUGA (BTS)】 7FATES:CHAKHO コラボ曲をリリース*

HYBEのオリジナルストーリー「7FATES:CHAKHO」とのコラボ曲「Stay Alive」がNAVERウェブ漫画のグローバルサービスを通じて公開される。「Stay Alive」は近未来の都市を背景に、人間と虎の対決を描いた「7FATES:CHAKHO」のストーリーに深みを与え、BTS(防弾少年団)とオリジナルストーリーのコラボを完成させる楽曲。

プロデューサーとして参加したSUGAは、オリジナルストーリーと楽曲のシナジー(相乗効果)のために、「7FATES:CHAKHO」のあらすじとウェブ漫画の作画スケッチをベースにプロデュースを行った。ここにジョングクのボーカルが加えられ、楽曲の雰囲気を最大限に生かした。楽曲のタイトルである「Stay Alive」は、険しい世の中で何とかして“生き残ること”が大切で意味あるものであるということを呪文のように描いた文章で、過酷な運命に投げ出された7人の主人公たちのストーリーを表現している。

2月7日

ウォンピル(DAY6)】1stアルバムでソロデビュー*

1stソロアルバム「Pilmography」は、ウォンピルとフィルモグラフィー(filmography)を合わせた言葉。DAY6の活動を経て着実に築いてきたフィルモグラフィーと自身の感性を初のソロアルバムに込めた。ソロデビューアルバムにはタイトル曲「さよなら」をはじめ、「消す」「小説の中の作家になって」「僕たちもっと歩くか」「孤島のひとりぼっち」「いつか春は訪れる」「ティッシュのかけら」「遅れた最後」「描いてみたら」「幸運を祈って」まで、全10曲が収録される。ウォンピルはソロアルバムの全曲の作詞に参加し、感性溢れるシンガーソングライターとしての一面を披露する。

タイトル曲「さよなら」は、ウォンピルが作詞・作曲を手掛け、DAY6のメンバーYoung Kと長い間一緒に曲の作業をしてきた作詞家ホン・ジサンが参加した。新曲は高まるメロディーに合わせたリズムと、壮大な編曲を特徴とし、ワルツとブルースが結合したバラードジャンルの楽曲。

2月8日

ラビ(VIXX)】2ndフルアルバムをリリース*

ラビのニューアルバムは昨年12月にリリースされたシングル「ANI(Feat.(G)IDLE ソヨン)」以来、約2ヶ月ぶりに発売されるアルバムで、2020年にリリースされた1stフルアルバム「EL DORADO」以来、約2年ぶりのフルアルバム。ニューアルバムには昨年12月に公開された「ANI (Feat. ソヨン((G)-IDLE)」やタイトル曲「WINNER」をはじめ、「GUNS」「VIRUS」「LOVE HATE FIGHT」「WHAT’S MY PROBLEM」「LET ME DOWN SLOWLY」「DROWNING IN THE RAIN」「1,2,3」「CANNONBALL」「WARRIOR」まで計11曲が収録される。

ロックをベースにするタイトル曲「WINNER」は、感情を爆発させるようなギターサウンドが魅力的なナンバーとなっている。特にヒップホップシーンではっきりとした存在感をアピールしているASH ISLANDがフィーチャリングに参加し、楽曲の魅力を倍増させた。

収録曲「VIRUS」は「ありのままの愛を学べるように全力でぶつかる」という内容を盛り込んだ楽曲で、トレンディな魅力を持つラッパーのJUSTHISがフィーチャリングに参加し、聴く楽しさを最大化させた。ラビが作詞、作曲、プロデュースの作業に参加した「LOVE&FIGHT」は愛するすべての存在に心を尽くし、立ち向かわなければならないというテーマで制作された。

BOM(元2NE1)】ウェブ漫画「サム、マイウェイ」のOSTをリリース*

BOMがNAVER SERIESのウェブ漫画「サム、マイウェイ」のOST(挿入歌)を歌う。同曲はカセットテープが伸びたような、ヴィンテージなピアノサウンドとブルートーンのアルペジオピアノが曲を率いるアーバンジャンルのナンバー。作品の男性主人公のコ・ドンマンとヒロインのチェ・エラが友人、またそれ以上の関係で感じる様々な感情を表現した。

2月9日

VIVIZ】1stミニアルバムでデビュー!

GFRIENDウナ、シンビ、オムジが新たに結成したグループVIVIZは「VIVId dayZ」の略で「鮮明な、強烈な」を意味する「VIVID」と「日々」を意味する「days(z)」の合成語。いつも堂々と自身だけのカラーを表現するアーティストになるという意味が込められている。

今回のアルバムには「Intro.」をはじめ、タイトル曲「BOP BOP!」「Fiesta」「Tweet Tweet」「Lemonade」「Love You Like」「Mirror」の全7曲が収録されている。

タイトル曲「BOP BOP!」は、ラテン風のリズムとディスコが結合したハイブリッドポップダンスジャンルの楽曲で、「良い」という意味で使われる「BOP」に、楽しくリズムに乗るVIVIZだけの音楽カラーを1つの単語で表現。チームカラーが強烈に現れる多彩なボーカルの調和はもちろん、歌詞には音楽を楽しみたいVIVIZの抱負を効果的に描いた。

また、収録曲「Love You Like」は長い間待ってきたファンに伝えるメンバーたちの感謝の気持ちを恋になぞらえた歌詞が印象的な楽曲で、メンバーのオムジが作詞に参加して曲の完成度を高めた。

ハ・ソンウン(Wanna One出身)】スペシャルアルバムをリリース*

ハ・ソンウンがファンへの気持ちを込めたスペシャルアルバム「YOU」を発売する。「YOU」は、 ソンウン がファンに伝えたい気持ちをプレゼントのように表現したアルバムで、タイトルに「You」が入る4曲と共に、新曲でアルバムのタイトル曲である「Can’t Live Without You」の5曲が収録される。

タイトル曲「Can’t Live Without You」は、普段ハ・ソンウンと親交のあるギタリストのチョクジェの参加で完成した感性的なギターの旋律と、ハ・ソンウンの甘い美声が調和したR&Bジャンルの楽曲。愛する人への気持ちが、時間が経つにつれてさらに大きくなるという歌詞を込めた同曲は、 ソンウン がファンに伝えようとするメッセージで、曲が展開されるほどますます高まる感情が大きな感動を与える。

「Think of You」はパク・ミニョン、キム・ジェウク主演のドラマ「彼女の私生活」に挿入され、彼がソロデビュー後初のOSTであるため、意味がある。美しい旋律とアルペジオで演奏するピアノ奏法が印象的なバラードで、シンプルな構成が穏やかな余韻を残す。

「Fall in You」はドラマ「女神降臨」のOSTで、多くの人々から愛された。愛する人に近付くことができない純粋で切ない気持ちを表現した歌だ。

「It’s You」はレトロ企画アルバム「Rewind : Blossom」の収録曲で、1998年に発売されたモダンロックバンドTHETHEの2ndフルアルバムのタイトル曲「It’s You」を原曲としている。ハ・ソンウンの広い音楽のスペクトルと繊細な感性ボーカルの一面を確認することができる。

「Thank You」は人気バラエティ番組「乗り換え恋愛」のOSTで、アコースティックなギターサウンドとおぼろげに響き渡る彼の甘い声を特徴としている。リスナーが甘かった愛の瞬間と思い出を蘇らせ、愛された。

2月11日

ムンビン&ユンサナ(ASTRO)】先行公開シングルをリリース/

先行公開シングル 「Ghost Town」は、再び音楽界にユニットとして帰ってくる2人の新しい魅力を確認できる楽曲。特に、正式発売前に先行公開される曲であるだけに、2ndミニアルバムのエピローグストーリーはもちろん、2人の優れたボーカル能力とコンセプトの表現力を事前に垣間見ることができる 。

2月13日

【Whee In (MAMAMOO)】N番目の恋愛OSTをリリース*

N番目の恋愛xフィインのコラボ音源「君、君」がリリース。
青春の終わり、現実的ながらも真の愛を見つける物語、カカオウェブトゥーン [N番目の恋愛]
独歩的な音色を持つアーティスト「フィイン」が語る別れの後の一人の女性の視点、「君、君」

「君、君」は2016年のバンド「Stray」の「her」のタイトル曲で、独歩的な音色を持つアーティスト、フィインがカカオウェブトゥーン「N番目の恋愛」のために再解釈して歌唱に参加した曲。暗い部屋の中でもう来ない彼を待つ話者の空虚な希望とあきらめが込められている歌詞で、フィインの淡々とした哀切な音色が胸を打つ。

【テイル(NCT)】「 2521 」OSTをリリース*

NCTのメインボーカル、テイルが『2521』の初OST『スターライト』を歌う。

テイルが参加した「2521」の最初のOST「スターライト(Starlight)」は清涼感と純粋な青春の気持ちを表現する曲。 ドラマの最初のOSTとして意味を持つこの曲は、ドラマ全体を貫く主題歌のように温かい青春の情緒を盛り込んでいる。リフレインで繰り返される「覚えていて、僕らは何よりも輝く存在だということを」と伝える歌詞も、歌を聞くすべての人が共感するようなメッセージのように伝えられる。

『2521』 は1998年時代に夢を奪われた若者たちの彷徨と成長を描いたドラマのため、当時の感性を表すことができるアナログシンセサイザー、CP80、8ビットリズムの電子ギターとベース演奏でレトロな雰囲気を演出した。 ここに洗練されたテイルの歌声が合わさりニュートロ的特性まで加え完成度の高い「スターライト」が出来上がった。

【国家団】最初のスペシャル音源 をリリース//

国家団最初のスペシャル音源 『君を愛する10の理由』がリリースされた。今回の音源は国家団が発表する初のスペシャル音源で、これまで「明日は国民歌手」TOP10を応援し見守ってくれたファンのための曲でもある。

「国家団Valentine’s Day Special」<君を愛する10の理由>は、2010年に発売されたイ·ソクフンの初ソロアルバム「挨拶」の収録曲で、バンドサウンドによりメンバーたちのボーカルと共にライブ感を加え、ブラスとストリングが追加されてアコースティックながらもファンキーな方向に編曲された。ファンへのバレンタインプレゼントとして温かく届けられる。

2月14日

Apink】スペシャルアルバムをリリース*

2020年4月に発売した9thミニアルバム「LOOK」以来、約1年10ヶ月ぶりのカムバックで、昨年4月に発表したファンソング「Thank you」以来約10ヶ月ぶりの新曲発表となる。「HORN」はApinkのデビュー10周年を記念して発売するスペシャルアルバムで、世界的に有名なプロデューサーたちが合流し、フルアルバムさながらのクオリティを誇る。また、スケジュール調整が困難だとして、スペシャルアルバムのジャケット及びミュージックビデオを除く全ての活動は(ソン・ナウンを除く)5人で行われる。

今回のスペシャルアルバム名「HORN」は「角」という意味で、ジレンマの中の二つの選択肢をそれぞれ角で隠喩した。ジレンマを避ける方法として二の角の間をすり抜けることを挙げているだけに、数々の選択の重さと厳しい状況があるだろうが、一緒にふたつの角の間をすり抜けようという意味が盛り込まれている。

タイトル曲「Dilemma」は、 華やかなシグネチャーソースをベースに、中毒性溢れるフックが印象的なダンス曲。もう冷めた恋人の気持ちを知っているが、それでも愛したい気持ちとやめなければならない気持ちの間で悩む“ジレンマ”を表現した。これまで「1つもない」「%%」「Dumhdurum」でApinkと完璧な呼吸を見せてきたプロデュ―サーのブラック・アイド・ピルスンチョングンが制作に参加している。

その他、「HOLY MOLY」「My Oh My」「Nothing」「Red Carpet」「Single Rider」「Free&Love」「Just Like This」「Trip」「Dream」に続き、去年4月に公開したファンソング「Thank you」まで、全11曲の多彩なジャンルの楽曲が収録される。

Rocking doll】2nd シングルをリリース*

バレンタインデーにときめきを与える Rocking doll の2枚目のシングルアルバム 「Heart Rider」がリリース。ユニークな「宇宙妖精」というコンセプトで昨年末、歌謡界を盛り上げた「ロッキング·ドール(Rocking doll)」が新しい姿に戻ってくる。

新曲「Heart Rider」は地球人を愛するようになった宇宙妖精ロッキング·ドールのときめきに満ちた気持ちを表現した曲。 これに先立ち「Rocking Doll Planet(ロッキングドールプラネット)」に住むエイリアン妖精たちがある日惑星の向こうに開かれたポータルを通じて地球に向かうというコンセプトで歌謡界デビューしたロッキングドールは、恋に落ちた感情を「Heart Rider」に溶け込ませ、さらに拡張したグループ世界観を披露する。

テヨン(少女時代)】3rdフルアルバムをリリース*

3rdフルアルバム「INVU」 は2019年10月に発売された「Purpose」以来、約2年3ヶ月ぶりに発売するフルアルバムで、テヨンが作詞に参加し、話題になった先行公開曲「Can’t Control Myself」、昨年7月に音源が公開され、音楽ランキングで1位になった「Weekend」まで、彼女の多彩なボーカルの魅力と音楽に出会える全13曲が収録されている。

タイトル曲「INVU」は、柔らかく夢幻的なシンセサウンドとサビに登場するフルートのメロディーが印象的なハウスベースのポップダンスナンバーで、曲に込められた様々な感情を深みのある表現で披露したボーカルと華やかな高音が曲のストーリーをより一層ドラマチックにする。歌詞には、毎回傷つき疲れることを知っていながらも“愛”を惜しまない“私”と、そんな自分とは全く異なる相手を見て感じる感情を収め、強烈で切ないテヨン流のラブソングを完成させた。

収録曲「No Love Again」はノリノリのギター演奏、ドラムのサウンドがダンサブルな雰囲気を届けるアップテンポナンバー。期待を持って恋を始めるも、いつも同じく傷ついて終わるため、これ以上恋に落ちたくないという気持ちを歌詞に盛り込んだ。また、「Some Nights」は、穏やかなギターとピアノの演奏と相俟ったおぼろげなボーカルが魅力的なR&Bバラードナンバー。果てしなく沈む夜に浮かぶ名前を思う存分懐かしめば、しばらく耐えられる、幸せな記憶が残るという内容をテヨンの繊細な表現力で歌っている。

2月15日

ハン・スンユン (LUNAFLY出身)】1stミニアルバムをリリースしソロデビュー*

3人組バンドLUNAFLYのメインボーカルとして活動後、俳優や、JTBC放送オーディション番組「シングアゲイン」シーズン1「17号歌手」に出演、ドラマ『警察授業』や『遠くから見ると青い春』のOSTに参加するなど幅広く活動してきたシンガー・ソングライターのハン・スンユン1stミニアルバム「Lovender」をリリースし、本格的にソロ活動を開始する。

新所属事務所と契約後、約1年間の準備期間を経て発売される 1stミニアルバム「Lovender」で、ハン・スンユンの多彩な音楽カラーと、シンガー・ソングライターとしての魅力と実力を披露する。モダンロックスタイルのバラードのアルバムと同タイトル名の“Lovender”をはじめ、ブリティッシュロック、シンスポップ、エレクトロニック、アコースティックなど6曲が収録された。タイトル曲の「Lovender」は、2000年代のブリットポップを連想させる曲。

TREASURE】1stミニアルバムをリリース*

TREASUREは今回のミニアルバムを皮切りに、「THE SECOND STEP」シリーズをスタートする。デジタルアルバムにはタイトル曲「JIKJIN(直進)」を皮切りに、「U」「DARARI」「IT’S OKAY」の新曲4曲が収録されている。また、フィジカルアルバムにはウェブドラマ「男子校怪談」のOST(挿入歌)「BFF(Best Friend Forever)」「Gonna Be Fine」が加わり、TREASUREの「THE SECOND STEP:CHAPTER ONE」には計6曲が収録される。

毎回アルバム作業に絶えず参加し、音楽の実力を磨いてきたチェ・ヒョンソク、ヨシ、ハルトはタイトル曲「JIKJIN」だけでなく、多くの収録曲のラップメイキングにも参加した。特にチェ・ヒョンソクは「BFF(Best Friend Forever)」の作詞、作曲にも参加し、バン・イェダムは「DARARI」の作詞・作曲に参加したのはもちろん、ボーカルディレクティングまで担当し、より意味深い作品を完成させた。

2月16日

ウォノ】1stシングルでカムバック*

ウォノのカムバックは、昨年9月に発売された2ndミニアルバム「Blue Letter」以来、約5ヶ月ぶり。

タイトル曲「EYE ON YOU」は2ndミニアルバム「Blue Letter」でタッグを組んだプロデューサーのENANと、ソウルフルな歌声が魅力的なSun Ahn、シンガーソングライターのBrotherSuが再びタッグを組んで楽曲の完成度を高めた。ウォノ自身も今回のシングルに収録された2曲の作詞・作曲・プロデュースに参加し、自分だけの音楽カラーとストーリーをいっぱいに詰め込んでいる。

RUMBLE-G】2ndシングルをリリース/

2ndシングル「Dear Hope」のタイトル曲「Every Other」は進行感のあるリズムとRumle-Gの印象的なボーカル、メンバーが直接書いた歌詞がうまく表現された曲。ダンスポップジャンルを問わずRumle-Gのガールクラッシュな雰囲気を醸し出している。中毒性のあるフックと多彩な音色が調和して興味を添える。歌詞には「枠に閉じこめられた自分を見つけ、私らしく生きていく」というメッセージを込めた。

収録曲「Dear Hope」は誰もが夢を見て動揺せず、これからもっと堂々と歩いていける道の光になろうというRumle-Gの気持ちを表現した曲。歌詞には「Everything Will Be OK」すべてうまくいくという幸せなライムが皆に希望的な慰めとメッセージを届ける。

2月17日

JWiiver】7人組ボーイズグループがデビュー!*

STARWEAVEエンターテインメント初のアイドルグループJWiiverが、正式にデビューする。JWiiverは、楽しさの「Joy」と編む人を意味する「Weaver」をウィットを効かせて「Wiiver」に変え、「世の中の全ての楽しさを盛り込んで仮想と現実の楽しさを編む」という意味を込めている。

「新しくて様々だが、楽しく遊ぼう」というアイデンティティを持つJWiiverは、シタ、リハン、リュジェイ、ロシン、ガービン・ケイ、ラオツ、チュガンの実力とビジュアル兼ね備えた7人のメンバーで構成されている。韓国、日本、中国、香港などアジア各国の実力派メンバーが揃っている。

ダブルタイトル曲でデビューする JWiiver のメインタイトル曲はアルバムタイトルと同名の「Jtrap」。少女時代、SHINee、MONSTA X、THE BOYZなど人気グループの楽曲を制作したSean AlexanderSharkのコラボで制作されたアーバンヒップホップジャンルの楽曲となっている。リーダーのリハンは同曲の振り付け制作に直接参加、日本トップクラスの振付師Marimo Kannoと共にパフォーマンスを完成させた。

もうひとつのタイトル曲「Made For You」は、BTS(防弾少年団)、TWICEなどのアルバムに参加したCandace Sosaと、EXOのベクヒョン、SUPER JUNIOR-M、MONSTA Xのアルバムに参加したAlawnが制作。

その他、収録曲「My Destiny」は、セレーナ・ゴメス、ウィロー・スミス、ジョナス・ブラザーズなどのグローバルなスターたちとコラボしてきた世界的なソングライターDrew Ryan Scottと、プロデューサーのA Wright、Sharkが制作。「Blue Fire」は、少女時代のテヨンの「Weekend」をはじめ、SHINeeのテミン、少女時代のヒョヨンなどの楽曲を作曲したMarcia ‘MISHA’ sondeijkeが作曲に参加し、韓国はもちろん海外のトップミュージシャンたちが制作に参加し、クオリティの高いアルバムを誕生させた。

スジ(miss A出身)】新曲を電撃リリース! *

miss A出身のスジが約4年ぶりに歌手として帰ってくる。

新曲「Satellite」はこれまでの彼女の歌とは異なる雰囲気の楽曲で、ボーカリストとしての一面を感じられるだろうと期待されている。今回、作詞を手掛けた彼女は届かない何かに対する恋しさ、切なさを吐露しながらも、いつでも離れずそばにいるという心を描いた。ブリットポップのバンドサウンドを活かして仕上げた今回の楽曲には、歌手イルギイェボ(日気予報)、バンドLoveholicsのリーダーとして活躍した韓国トップレベルのシンガーソングライターでプロデューサーのカン・ヒョンミンが参加した。

2月21日

STAYC】2ndミニアルバムをリリース!*

2ndミニアルバム「YOUNG-LUV.COM」 は、STAYCが誕生させた独創的なジャンルの“ティーンフレッシュ(TEEN FRESH)”を、より幅広く様々な音楽で描き出したアルバム。タイトル曲「RUN2U」をはじめ、「SAME SAME」「247」「YOUNG LUV」「BUTTERFLY」「I WANT U BABY」の計6曲が収録される。

タイトル曲「RUN2U」は、人が何と言っても愛のためなら堂々とあなたに向かって走っていくという気持ちを、彼女たちらしくストレートに表現した楽曲となっている。

BTOB】3rdフルアルバムでカムバック*

BTOBが完全体でカムバックする。メンバー全員が兵役を終え揃ったことで完全体としてのカムバックとなる。 3rdフルアルバム「Be Together」 は、共にした瞬間の感情と記憶を振り返り、これからも永遠に一緒にいようという意味を込めたアルバム。ヒョンシクとミンヒョクは、今回のアルバムに収録された13曲全曲の作詞・作曲に参加した。

タイトル曲「The Song」 の他、「Intra:足取り」「Be Together」「My Way」「Interlude : Re」「Lonely」「Dance With Me」「Outro : Encore」まで8曲が収録される。

タイトル曲「The Song」はメンバーヒョンシクの自作曲で、叙情的で重みのあるサウンドにBTOBの声が耳を魅了する曲。これまでの「Missing You」「Only one for me」「Beautiful Pain」シリーズの感情を継ぐ曲となっている。

【ジュチャン・ジボム( Golden Child )】 KBS月火ドラマ「花が咲いたら月を想い」 OST をリリース *

Golden Childの ジュチャン・ジボム がKBS月火ドラマ「 花が咲いたら月を想い 」 OST PART.9の 「Love Your Everything」を歌う。

KBS(韓国放送公社)の月火ドラマ「 花が咲いたら月を想い 」は、歴史上最も強力な禁酒令の時代、酒飲みを取り締まる原則主義監察と酒を作って人生を変えようとする酒飲み女性の「阿術阿術」の追撃ロマンス。 それぞれ違う理由で世間が禁じた「善」を超える若者たちのバラエティーに富んだ冒険記とさわやかでさわやかなロマンス成長ストーリーが描かれている。

花が咲いたら月を想い 」OST PART.9「Love Your Everything」は、愛の甘いときめきをいっぱい込めた曲。 そっと笑う瞳から憎らしい姿まで、そのすべてが愛らしい気持ち、相手もこんな自分と同じ気持ちなのかを問う告白を表現した甘い歌詞が中毒性の強いメロディーラインと調和する。リズミカルなエレキギターサウンドとシンス、ビートが調和してさわやかでラブリーな雰囲気を醸し出し、これにGolden Childの魅力的なボイスが加わって愛らしい雰囲気を醸し出した。

2月22日

NMIXX】1stシングルでデビュー!*

JYPの新人ガールズグループがデビュー!
デビューシングル名「AD MARE」は「海に向かって」という意味のラテン語で、先立って公開されたストーリートレーラーの「私たちが夢見る海のような世界に一緒に進もうとする」というメッセージとどのような関連を持っているのか、注目を集める。

“ガールズグループの名家”と呼ばれるJYPが、2022年に披露する新人ガールズグループNMIXXは、LILY、へウォン、ソリュン、ジニ、BAE、ジウ、ギュジンの7人で構成されている。グループ名は「next」「now」「new」、そして未知数の“n”を意味する文字“N”と、多様性を象徴する単語“MIX”を合わせたもので、「新しい時代を担う最高の組み合わせ」という意味を持っている。

タイトル曲「O.O」は、強烈なトラップのイントロで始まりからリスナーを虜にし、破格的なBaile FunkジャンルとTeenage Pop Rockジャンルをミックスマッチさせた曲。驚いて目を大きく見開いている様子を表しており、感嘆詞「Oh!」を形象化し、“新しい何かを見てびっくりする準備をしなさい”というNMIXXの強い自信を盛り込んだ楽曲。TWICE、ITZYをはじめ、様々なK-POPアーティストとタッグを組んだグローバルプロダクションチームTHE HUBと、TWICE、IU、MAMAMOOなどと作業した有名プロデューサーのDr.JOが息を合わせた。

収録曲「占(TANK)」は、NMIXXの堂々として覇気のある動きをタンクに喩え、世界に突撃して対抗する堂々とした話を描いた。タンクを連想させる漢字である占領の「占」を曲のタイトルにし、世界を占領するという抱負を印象深く表現した。荒いディストーションギターの音で始まるパンクロックベースのヒップホップR&Bジャンルで、ライアン・チョン、カニエ・ウェストのプロデューサーで世界的なヒット曲を生み出しているDem Jointzが息を合わせ完成度を高めた。

Rozy】1stシングルでデビュー!*

“バーチャルヒューマン”Rozy1stシングル「WHO AM I」 で歌手デビューを果たす。「永遠に老いない22歳」という差別化したポイントを持っているRozyにとって、デビューシングルの発売日である22日は特別な意味がある。

MUSIC VINEが企画制作したRozyのデビュープロジェクトは、赤頬思春期のアルバムプロデュースを担当したバニラマン(チョン・ジェウォン)がプロデュースする。

Rozyは、SIDUS STUDIO XがMZ世代が好む顔型を集めて3D合成技術で誕生させたバーチャルヒューマン。韓国で初めてバーチャルヒューマンをテレビの広告モデルとして起用した新韓ライフのCMを通じて世間に名を知らせ、YouTubeで再生回数1100万回を記録するなど大きな話題を集めた。

チャ・ウヌ(ASTRO)】ウェブ漫画「悪女はマリオネット」OSTをリリース *

ASTROのチャウヌが、カカオで連載中の人気ウェブ漫画「悪女はマリオネット」のOST(挿入歌)を披露する。ウェブ漫画「悪女はマリオネット」は作家ハン・イリムの小説を原作に、作家マングリがウェブ漫画として誕生させたロマンスファンタジー作品。

【ドヨン(NCT)】soundtrack#1の第7走者として新曲をリリース*

一般的にドラマの開始後発売される「ドラマOST」とは違って、サウンドトラック#1は、異例的にドラマの放映前に音源が次々と公開されている。 音楽がメインのミュージックドラマというタイトルにふさわしく、視聴者が次のドラマを見る時、より一層シーンにのめり込める。

キュヒョン、パク·ボラム、ダビチ、キム·ジョングク、キム·ジェファン、スタンディングエッグの名品ラインナップとして音源が発売された中、ついに7番目の歌唱者としてNCTのメインボーカル、ドヨンが名品ラインナップに加わった。ドヨンの「ほんの少し」は別れることを知っていながらも、 もう少しだけ一緒にいたいという気持ちを 切実に表現した曲で、サビの繰り返しの歌詞とドヨンの繊細な歌唱が目立つ。

2月23日

Billlie】2ndミニアルバムでカムバック*

昨年の「RING X RING」「snowy night」の活動以来、約2ヶ月ぶりという超高速カムバックに多くのファンの期待が高まっている。 2ndミニアルバム 「the collective soul and unconscious:chapter one」は、Billlieだけのユニークな世界観の新たな始まりを描き、吸い込まれるようなストーリーと完成度の高い音楽を披露することが予告されている。タイトル曲「GingaMingaYo」をはじめ、「a sign~anonymous」「overlap(1/1)」「M◐◑N palace」「BELIEVE」など、完成度の高い計5曲が収録。

タイトル曲「GingaMingaYo」は、エレクトリック・ポップジャンルの曲でジャスティン・ビーバー、少女時代のテヨン、SHINee、f(x)、EXOなどとコラボしたプロデューサーのシン・ヒョクが作曲を務めており、K-POPの代表作家であるLe’monなどトッププロデューサー陣がBilllieをサポートした。収録曲でファンソングの「BELIEVE」は、Billlieの公式ファン名と同じ発音で、Billlieのメンバー全員が作詞に参加しファンへの気持ちを直接込めた。

【クォン・ウンビ (IZ*ONE出身)】「君と私の警察授業」OSTをリリース*

ディズニー+オリジナルシリーズ「君と私の警察授業」OSTにクォン·ウンビが歌唱に参加。IZ*ONEの活動終了後、ソロデビューしたクォン・ウンビの初のOST「TIME」は、20歳の青春たちの成長期を描いたドラマシーンと絶妙に調和し「時間が流れても私たちの夢と情熱は最後まで輝くだろう」という希望的なメッセージを盛り込んだ曲。ソフトポップロックジャンルで、聴きやすくシンプルなギターリフから始まり、次第に加わる洗練された編曲とサビに弾けるロックなスピリットが刺激的で、明るく華やかなバイブを聴かせてくれる。

【ヨンジュン&テヒョン(TOMORROW X TOGETHER)×セイレム・イリース】コラボ曲をリリース

TOMORROW X TOGETHERのヨンジュンとテヒョンが、米ポップアーティストのセイレム・イリース (Salem Ilese)と再びタッグを組んだ。フューチャリングとして参加したセイレム・イリースの新曲「PS5」は、ゲームと恋人の間で葛藤する姿を描いた“Z世代流のラブソング”で、アメリカの有名プロデューサーでDJであるアラン・ウォーカー(Alan Walker)が楽曲の制作に参加した。

ヨンジュンとテヒョンは、恋人に「あと2分だけオンラインゲームをしたらトロフィーがもらえるから、少しだけ待ってほしい」という可愛い願いを込めた歌詞をリズミカルに歌って、楽曲の雰囲気を盛り上げた。今回のコラボは、TOMORROW X TOGETHERとセイレム・イリースとの2度目のコラボとなる。セイレム・イリースは昨年、TOMORROW X TOGETHERが発売した2ndフルアルバム「混沌の章:FREEZE」の収録曲「Anti-Romantic」の制作に参加し、その後TikTokを通じて同曲をデュエットで披露するコンテンツを公開した。

2月24日

CRAXY】2ndミニアルバムでカムバック*

2ndミニアルバム『’ZERO’ Chapter 2 ‘Dance with God’』 は、CRAXYが昨年10月に発売した「’ZERO’ Chapter 1 ‘GAIA’」以来、約4ヶ月ぶりにリリースするアルバム。今回のアルバムの主人公であるカリンをはじめ、5人のメンバーの成長と共に異色の世界観を意欲的に示すアルバム。

CRAXYの世界観の最初のストーリーを描いた「GAIA」を皮切りにアルバム名と同名のタイトル曲「Dance with God」、ダブルタイトル曲「Trigger」、スアンのソロ曲「Road in the Light」と「ARIA」「MY UNIVERSE」、ピアノソロバージョンのテーマ曲まで全8曲で構成。プロダクショングループFUTOREとGAHKIなどが作業に参加し、多様な雰囲気とスタイルの楽曲を披露した。

タイトル曲「Dance with God」はトラップビートとムーンバートン(Moombahton)リズム、そしてパワフルなドラムとベースのサウンドで、エネルギッシュでダイナミックな雰囲気を与えるEDMジャンルの楽曲で、彼女たちだけの堂々とした強烈なエネルギーが盛り込まれている。

【BLITZERS】OSTをリリース*

BLITZERS がドラマ『冬が過ぎ桜』のOSTを歌う。
「Beautiful Day」は、ドラマのメインタイトル曲で、ドラマ放映前にメイキングフィルム先行公開後、問い合わせが殺到した曲。

2月25日

ソルジ(EXID)】1stミニアルバムでカムバック*

1stミニアルバム「First Letter」は晩冬にぴったりな音楽が盛り込まれ、ソルジだけの独特なな歌唱力と感性的な歌声が際立つタイトル曲「季節の果てで」をはじめ、別れの悲しみが盛り込まれたバラード曲「こうやって別れている」、リズム感が目立つソウル曲「Pillow」と「Have a good day」などが収録される。タイトル曲「季節の果てで」は彼女だけの深い感情と卓越な曲解釈が際立つバラード曲で、晩冬で多くのリスナーたちの心を魅了する。

【バーノン( SEVENTEEN ) × チャーリーXCX 】コラボ音源をリリース

バーノンが参加したチャーリーXCX(Charli XCX)の「Beg For You(A.G. Cook & VERNON OF SEVENTEEN Remix)(feat. Rina Sawayama)」がリリースされた。「Beg For You」のリミックスバージョンは、チャーリーXCXが自身の公式SNSを通じて、SEVENTEENの公式アカウントに言及しながら、バーノンにコラボレーションを提案したことをきっかけに実現された。バーノンは普段から、チャーリーXCXのファンだと明かしただけに、格別な意味を持っている。

チャーリーXCXはポップスのアイコンで、イギリス出身のシンガーソングライターであり女性ソロアーティストとして、多数のヒット曲を生み出した。

SORN (CLC出身)】デジタルシングルをリリース*

CLC出身のソーンが2ndデジタルシングル「SHARP OBJECTS」をリリース。WILDエンターテインメントでの彼女の最初の公式リリースであり、2021年3月にリリースされた「RUN」に続く2番目のソロシングルとなる。

デジタルシングル「Sharp Objects」は全編英語のエレクトロニックダンスソング。中毒性のあるリズムとパワフルなドロップが特徴的な曲となっている。

Amber Liu (f(x)出身)】ミニアルバム「Z!」をリリース*

グループF(X)出身で旺盛な活動をしているAmberのEPプロジェクトのフィナーレ、三番目のミニアルバム[Z!]がリリース。

今作は、2020年のアルバム「X」を皮切りに、2021年の「y?」に続くシリーズの最後の章となる。これまで発売されたアルバムで多彩な才能を見せてきたように、今回のアルバムでも多様なスタイルの音楽とともに彼女だけの考えを盛り込んだ曲で本人の魅力を思う存分見せてくれる。

タイトル曲「EASIER 」には、ボーイズグループ「GOT7」出身のメンバー「ジャクソン」がフィーチャリングし力を加えた。

2月26日

BLACK LEVEL】1stミニアルバムでデビュー!*

BLACK LEVEL は、VTエンターテインメントの6人組ボーイグループ。昨年12月にデビュー予定だったが、メンバーの脱退などを経て再編成され、今回1stミニアルバムをリリースしデビューすることとなった。

今回のミニアルバム「New-Start」は、メンバーのテヨンが全体プロデュース及び作詞と作曲作業までしてミュージシャンとしての力量を発揮した完成度の高いアルバムで、従来のグループとは違うBLACK-LEVELならではの音楽的世界観を披露している。

「New-Start」はみんなが大変な時期に自分たちの新しい始まりとして良い話が使われることを願いながら混乱に陥った今の姿と我々が夢見る爽やかさとときめきを盛り込んだデビューアルバム。BLACK LEVELの新しい音楽的パラダイムに一緒に取り組もうという意味が込められている。

タイトル曲「Infection」は、独特のボイスサウンドと強烈なビートを織り交ぜ、外界の危険から自分で自分を守ろうと、己の闇に感染してしまった裏面の「自分」の混乱さを表現した曲。

2月27日

【ドギョム(SEVENTEEN)】ドラマ「二十五、二十一」OSTをリリース*

DK(ドギョム)がケーブルテレビtvNのドラマ「二十五、二十一」の挿入歌「Go!」をリリース。ドギョムがソロでドラマの挿入歌を歌うのは約4年ぶり。「Go!」は勢いよく駆け抜ける青春の感性が漂う曲。ジャンルはロックで、歌詞とドギョムの清涼感ある爽やかな歌声が調和している。ドラマ「二十五、二十一」はアジア通貨危機の影響を受けた1998年を背景に、夢を奪われた若者たちの迷いと成長を描く。

【オニュ(SHINee)】「 気象庁の人々 」OSTをリリース*

「気象庁」という斬新な背景と社内恋愛残酷史を超えた甘いロマンスで視聴者を魅了するJTBC [気象庁の人々:社内恋愛残酷史編]。 秘密の社内恋愛を始め、ハギョン(パク·ミニョン扮)の誓い通り、ハッピーエンドにつながるか期待が高まる中、OST Part.2[心の注意報 – オニュ(ONEW)]が発売された。

「心注意報」は4話で、ハギョン(パク·ミニョン扮)にシウ(ソン·ガンブン扮)が告白し、お互いの気持ちを確認するシーンの感情を盛り上げる曲で、オニュならではの柔らかくて温かい音色で繊細に表現した。 また、「予告なしに訪れたたった一人」という歌詞のように、劇中のハギョン(パク·ミニョン扮)とシウ(ソン·ガンブン扮)の感情を代弁するかのような歌詞が濃い余韻を与える。

2月28日

ROCKET PUNCH】4thミニアルバムでカムバック*

4thミニアルバム「YELLOW PUNCH」 は、Rocket Punchが1stミニアルバム「PINK PUNCH」でスタートした「COLOR COLLECTION」の4度目のシリーズ。

タイトル曲「CHIQUITA」は、1980年代のディスコとユーロダンスを組み合わせたビンテージなシンセとアナログ楽器で、アップテンポなダンスチューンの雰囲気を完成させた楽曲。ストレートな歌詞とクセになる合いの手「CHIQUITA」が、楽曲の魅力を際立たせる。収録曲「In My World」は、1980年代のレトロシンセサウンドと、エレクトロポップの現代的なリードサウンドが調和をなしたシンセウェーブジャンルの楽曲で、「私の世界では私が主人公」という自信溢れる内容の歌詞が、ハツラツとした印象を与える。

その他、ビビッドなテクスチャーのギターリフ、エレクトリックピアノ、シンセホルンとRocket Punchの柔らかい声が調和をなした「Red Balloon」、曖昧な関係から脱して気の向くままに表現したい初々しい感情を表した「昨日、今日明日よりもっと」、Rocket Punchの多彩なボーカルに重いベース、シンプルで中毒性溢れるハウスビートが加わった「LOUDER」など計6曲が収録される。

SUPERJUNIOR】スペシャルシングルでカムバック*

SUPER JUNIORがニューシングルをリリースするのは昨年3月に10thフルアルバム「The Renaissance」発売以来、およそ1年ぶり。スペシャルシングル「The Road : Winter for Spring」のタイトル曲「Callin’」は、叙情的な雰囲気のポップロックジャンルの曲。SUPER JUNIORと長い間タッグを組んできたプロデューサーのKENZIEが作詞・作曲を務め、メンバーたちのボーカルの魅力を再確認できるものとみられる。

【VANNER】3rdシングルをリリース*

VANNERが約1年3カ月ぶりに本来の音楽色である清涼感を持って帰ってきた。
3枚目のシングルアルバム名「Take off」は「離陸する」という意味で、VANNERがこれから一層発展した音楽性でファンに近づくという意味を持っている。従来のVANNERの音楽の色をより極大化した今回のアルバムタイトル曲「Rollin’」は、ダンスポップジャンルで中毒性のあるメロディーとともに、いつどこでも聞いてもエネルギッシュで清涼感のある魅力ポイントが含まれ、VANNERメンバー全員が個性を見せることができる曲となっている。

【YOON CHAE KYUNG · CHA HUN (N.Flying)】 「カミングシグナル」OST をリリース*

April出身ユン·チェギョンチャフン(N.Flying)主演のロマンチックコメディ「カミングシグナル」OSTがリリース。OST「好き」は、軽快で甘美なアコースティックギターとパーカッションベースのミディアムポップ曲で、劇中の主人公であるユン·チェギョンチャフンがドヒとハジュンの感情を直接歌った。柔らかくて甘いハーモニーと、子犬と猫のように異なる男女の率直で純粋な感情の歌詞が調和して聞き手の胸の高鳴りを高めてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。