10月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

ダビチ(Davichi)ならぬダビチョがデビューした件ww

まぁ、タイトル通りなんですけど(笑)

ダビチ(Davichi)と言えば、ツインボーカルデュオとして有名なので、K-POPファンならご存じの方も多いと思いますが、最近Kポファンになったから分からん…という人の為に簡単に紹介すると、2008年にデビューしたイ・ヘリカン・ミンギョンからなる女性アイドルデュオです。

当時は若かったんでまぁ、一応アイドル的な感じでしたけど、今はアイドル枠じゃないよね。昭和の日本で言えば、ピンク・レディーとかWinkあたりに近いかな(なにせ平成や令和で女性デュオで活躍してるメジャーな人がいないもんで)。

基本的にザ!韓国的なバラード曲を沢山歌っている歌手です。歌唱力に定評があり、ドラマのOSTなども多数参加していて、おそらく韓国でも知らない人はいないんじゃないかな?というくらいの知名度のあるボーカリストです。

有名な曲をいくつか

ドラマ「太陽の末裔」は観た人も多いのでは?

で、今回サムネイルの通り、そのダビチにそっくりなメンズデュオ「ダビチョ」wwwがデビューしたんです。
もちろん、悪意のあるパクリとかではなくて、まぁ悪意のないパクリなんですが(笑)ダビチョってなんやねん!を軽く紹介すると

キム・ウォニョとイ・サンフンが結成したボーカルデュオ「ダビチョ」

キム・ウォニョとイ・サンフンは韓国のコメディアンです。
もうこの説明だけでお察しだと思いますが(笑)日本でも時々あるように、韓国でも時々あるお笑い芸人による歌手活動ってことですね。

JTBC『1号になれない』で、歌手デビューまでの様子は一部放送されていて、一応グループ名を「ダビチョ」にしたことは、公開謝罪もしてます(笑)

で、このアルバムジャケットが、ダビチのDear.の時のジャケ写を完全オマージュしてて、このジャケ写ってダビチのニュースとかあると結構度々使われるやつなので、見覚えありすぎて見た瞬間笑っちゃうっていう。

口の形とかめっちゃ似せてきてる感あって、笑ってしまう(笑)

(ちなみにこちらは、ダビチのDear.の曲)

デビューっつっても完全お遊びかな?と思いきや、ヒョンドンとテジュンが プロデュースを担当してるし、歌手デビュー舞台は天下の『ユ·ヒヨルのスケッチブック』だっていうもんだから、何気にマジなのである。

なんだろう?『ユ·ヒヨルのスケッチブック』って日本でいったら…ミュージックフェアとかあの辺かな?ちょっと落ち着いた雰囲気の音楽番組なんですけど、その辺のぽっと出の新人とかはあまり出られない感じの番組なんですよ。一応そういう正統音楽番組なので、そこがデビューステージっておふざけだけじゃないんかなと。

MVを見ても、意外とふざけてないっていうか、ちゃんと頑張って振り付け踊ってるし、顔も真面目(笑)だよね。

いや、まぁ…元々が芸人なんで、芸人的に真顔でもどうしても笑えちゃうけど、当人はたぶんそんなふざけてない…と思う(笑)

モネクやオマゴルの曲の振り付けを担当するような振付師が振り付けしてくれてる上に、スジュのシンドンがMV監督やってて、なかなか豪華な感じで仕上げてきてます。

日本で言えば、オリエンタルラジオが組んだPERFECT HUMANも、お笑い芸人だし笑われてもいいけど、本人たちは結構マジでやったよ的な感じじゃないですか。あんな感じなのかな~と思います。

デビューつって、その先がどれくらいあるのか分からないんですけど、曲もちょっと10年くらい前の懐メロ的K-POPサウンドで個人的には結構好きなので、次回があれば期待して待ってますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です