2月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

2022年12月≪今月のカムバ&デビュー履歴≫

あい
あい

今月カムバックしたグループやアーティストは誰がいたかな?
そんなときの振り返り記事です♪

2022年12月にカムバックしたのはどんなグループでしょうか?ソロは?どんな曲があったかな?そんな時は見てみてくださいね!

前月のカムバック&デビュー一覧はコチラ👇から

もくじ

12月1日

XEED】1stミニアルバムでデビュー!*

4人組ボーイズグループがデビュー。グループ名XEEDは、心の中に癒しと希望の種をつけるという意味で「種」を意味する「SEED」、そして未知の未来に対する挑戦と成長を夢見る意味で未知数「X」、この2つが合わせた造語。

1stミニアルバム「Dream land」には、タイトル曲「Dream land」の他、ダブルタイトル曲である「Mirage」、Synthpop音楽の「未来から来た少年」、メンバーの心を込めた「Stragazing」、「今のように」の計5曲が収録された。

Wタイトル曲の1つ「Dream Land」は、EDMベースのポップジャンルの曲で、Future Bass感のあるシンセサウンドをベースに、感じられなかった世界のときめきを「Dream land」というファンタジー的な世界で表現した。「XEED」のこれから繰り広げられる世界観の始まりを知らせる曲で、力強い抱負とエネルギーが込められている曲となっている。もうひとつのタイトル曲「Mirage」は、FutureBassサウンド基盤のシンセと、重みのあるBassの音色が特徴。届かない愛の蜃気楼という意味の “Mirage” になぞらえて歌う曲で、砂漠の中のオアシスのように触れそうで届かない感情の曲線がメンバーたちの個性的なボーカルに完成した。

収録曲「Stargazing」は、楽しいビートと豊かなシンセサウンドの清涼感とエネルギーがあふれるEDMジャンルの曲。パワフルなバスと、エネルギー溢れるメロディーが特徴的。XEEDを愛してくださる多くの方々に送るメッセージを盛り込んだ曲で、感謝と共に深い愛を込めた曲となっている。「未来から来た少年」は、甘美なピアノサウンドと共にリズミカルなリズムサウンドで豊かなハーモニーが特徴。ひとつに連結されたDream worldで「永遠」を夢見るメッセージが込められている曲。「今のように」は、ギターの旋律にピアノが乗せられ甘美なメンバーたちの声が目立つ曲。XEEDと共にいて愛してくださった方々に、そしてこれからもそうしてくれる方々への真心が込められている曲。いつでも変わらない愛を伝えてくれた方々に送る感謝のメッセージを込めた。

12月2日

【RM(BTS)】1stアルバムでソロデビュー!

1stアルバム「Indigo」RMの悩みと考えを盛り込んだ日記のようなアルバムで、様々なアーティストとのコラボレーションを通じて、音楽を披露する。タイトル曲「野の花遊び(with チェリーフィルター チョ・ユジン)」を含め、「Yun(with Erykah Badu)」「Still Life(with Anderson.Paak)」「All Day(with EPIK HIGHのTABLO)」「物忘れ(with キム・サウォル)」「Closer(with Paul Blanco、Mahalia)」「Change pt.2」「Lonely」「Hectic(with Colde)」「No.2(with パク・ジユン)」など、計10トラックが収録される。RMは「Indigo」の全曲の作詞、作曲をはじめ、アルバム作業の全般をリードし、多くのミュージシャンとの協業を越えて、音楽と美術をつなぐ「境界を越えた」芸術のコラボを完成させた。

タイトル曲「野の花遊び(with チェリーフィルター チョ・ユジン)」は、華麗だがすぐに消えてしまう“花火”ではなく、穏やかな“野の花”の姿で生きていきたいというRMの願いが込められた楽曲。チェリーフィルターのボーカルであるチョ・ユジンがフィーチャリングに、DOCSKIMがプロデューサーとして参加した。

ジョン・イェイン(LOVELYZ)】デジタルシングルをリリース

デジタルシングル「バス停」は、暖かい冬の感性を感じることができるバラード曲で、日常の中でよく見かけるバス停をオブジェに活用した点が印象的な曲。シンガーソングライターのHeizeが力を加えた。Heizeは今回の「バス停」の作詞、作曲はもちろん、プロデュースにも参加し、ジョン・イェインだけのための曲をプレゼントした。清らかで柔らかいボーカルと、温かい曲の雰囲気が調和し、寒い冬にリスナーに温かい感性を伝える。

【ジユン(ICHILLIN’)】「何もしたくない」OSTに参加*

「私は待ちます」は何かをやり遂げなくても自分のありのままの姿を愛するという意味を込めたフォークジャンルの曲で、柔らかくて淡泊なアコースティックギターリーフに新鋭K-POPグループICHILLIN’のメンバー「ジユン」のボイスが調和し印象的に感じられる。

12月4日

ソン・ドンウン(Highlight)】新曲をリリース

Highlightのソン・ドンウンが、自作曲「冬の香り」を発売。新曲「冬の香り」は、温かいサウンドと彼のボーカルが魅力的なポップ・R&Bスタイルの楽曲。ソン・ドンウンが自ら作詞と作曲に参加した。

イ・ボラム(See Ya出身)&Punch&イェビン(DIA)】クリスマスソングをリリース

クリスマスソング「クリスマスには」は、1996年に発売されたキム・ヒョンチョルの「クリスマス・イブ」を再解釈した曲だ。原曲「クリスマス・イブ」はリスナーたちに温かい慰労を伝えながら長い間、愛されている楽曲。

【JIN(Lovelyz)】クリスマスキャロルをリリース*

慌ただしい一年を後にして共にしてくれたファンたち。そして、この歌を聞くすべての方々に小さいながらも暖かい癒しを伝えたいJIN(Lovelyz)の最初のキャロル。

12月5日

ユン・ジソン(Wanna One出身)】ニューデジタルシングルをリリース

ニューデジタルシングル「12月24日(December. 24)」は、電子ピアノの演奏と鐘の音の調和が温かい雰囲気を伝えるエレクトロニックピアノのクリスマスシーズンソング。ユン・ジソンが作詞・作曲に参加し、より意味深い楽曲となっている。

12月6日

THE BOYZ】冬のスペシャルシングルをリリース

THE BOYZが、冬のスペシャルシングルをサプライズ公開する。新曲「All About You」は、デビュー5周年を迎えたTHE BOYZのメンバーたちが「私のすべては君だった」というTHE B(ファンの名称)への告白を盛り込んだ歌詞が印象的。ミッドテンポのアコースティックポップジャンルであるこの曲は、メンバーのジュヨン、キュー、ソヌ、エリックが作詞に参加。さらに拡張されたコンセプトとダイナミックなパフォーマンスをもとに、今年もファンから大きな支持を得た彼らは、年末に温かい感性を込めたスペシャルシングルで、ファンに特別なプレゼントを届ける。

神話WDJ】1stミニアルバムをリリース

1stミニアルバム「Come To Life」のアルバムタイトルには、長い間カムバックを待ち、辛い新型コロナウイルスの時期を乗り越えたファンに活気と生気を吹き込むという意味が盛り込まれており、公開予定のコンテンツを通じて長い間待ってくれたファンに良いエネルギーを届けることが期待されている。

デビュー24年で初めて結成したユニットであるだけに、大衆性と音楽性を兼ね備えたグループであることを証明すると同時に、幅広い音楽のスペクトラムをベースにこれまで見せたことのない色を披露する。

1stミニアルバム「Come To Life」にはタイトル曲「Flash」をはじめ、「Shape On Body」「Guest」「Rumble」「Tomorrow」の計5曲が収録される。特に今回のアルバムで、ミヌがタイトル曲と収録曲の作詞に参加した。

タイトル曲「Flash」は、メロディカルなレトロポップベースに、ミヌと共に多数の神話のアルバムに参加した作曲家のBrian Kimが作詞に参加した楽曲。タイトルの「Flash」からも分かるように、ひらめく閃光に出くわしたように、強烈に惹かれて恋に落ちた相手に対する豊富な感情表現と、大切だからいつでもどこでも守ってあげるという自信溢れるメッセージを込めた。

先行公開曲の「Tomorrow」は幻想的なピアノサウンドが印象的なバラードナンバーで、厳しい時間を過ごしている人々に明るい未来に進んでいこうというメッセージを伝えている。作詞・作曲・編曲にDennis Chang、カン・バター、チャン・ドレ、ユ・ヨンジュンらが参加し完成度を高めた。

12月7日

ユンナ&CIX&EPEX】クリスマスシングルをリリース

C9エンターテインメントのアーティストたちが、特別なクリスマスソングをリリースする。

クリスマスシングル「2022 C9 Christmas」は、C9エンターテインメントのアーティストたちが参加したクリスマスソングアルバム。チャートで再ブームを巻き起こしているユンナを筆頭に、スイートボーイズの代名詞イ・ソクフン、グローバル人気アイドルCIX、第4世代ルーキーcignature、ライジングアイドルEPEXが、音楽ファンのための特別なシーズンソングを披露する。

タイトル曲「Merry Christmas」は、幸せなクリスマスの雰囲気とぴったりな軽快でワクワクするクリスマスソング。待ちわびていた冬、皆で一緒にいたい気持ちを22人のアーティストの声で伝える。

「Santa knows that」はイ・ソクフン、ユンナをはじめ、CIXのスンフン、cignatureのセミ、EPEXのイェワンなど、ボーカルラインが参加した楽曲。C9エンターテインメントを代表するボーカリストのユニークなシナジーと調和のとれたハーモニーを鑑賞することができる。最後のトラック「一年の最後の夜」は、感性的なベルの音と温かいギターのサウンドが調和したグルーヴィーなヒップホップナンバーでCIXのBX、ヒョンソク、EPEXのクム・ドンヒョン、ベクスン、エイデン、ジェフなどのラッパーラインが参加した。

【DreamNote】ミツバチ養蜂キャンペーンソングに参加*

私たちの人生に重要な役割を果たしているミツバチたちと都市養蜂の重要性をこの歌と共にするキャンペーンを通じて多くの人々に知らせようとDreamNoteが歌ミツバチ養蜂キャンペーンソングに参加した。

都市養蜂場で彼女たちが歌う「ミツバチの歌」を通じて、環境の重要性と自然が与えるヒーリングの必要性をもう一度伝える。

12月8日

2Z】ニューミニアルバムをリリース

ニューミニアルバム「REASON」は、初めて音楽を始めた当時、メンバーの率直な感性をささやかさに表現した歌詞と大衆的なメロディーが特徴のカジュアルポップで、世代を問わずリスナーの耳を魅了させる。 現在放映中のMNET「アーティストックゲーム」で活躍したメインボーカルのホジンがチームに戻っただけに、より一層目を引く。

【uni】ユギョン(AOA出身)3人組新人バンドとして待望の再デビュー

AOA出身のユギョンが、新たにバンドuni(ユニ)を結成し、再デビューした。新人3人組バンドuniは、ユギョンがドラムを担当し、キム・スンミンがボーカル&ベース、イ・ドフィがギター、TOXICのキム・ジョンウがプロデュースを務ている。

12月9日

Weeekly】クリスマスソングをリリース

Weeeklyが参加した『YAOKI PROJECT』の最初の楽曲『Happy Christmas』がリリース。「YAOKIプロジェクト」は宇宙から来た猫のYAOKIが、音楽という媒介を通じて人間の感情を知ることになるストーリーを描く新概念のグローバル音楽ブランド。

ドンゴン、ジェユン、J.YOU(TO1)】「ラブキャッチャーインバリ」OSTに参加*

「ラブキャッチャーインバリ」の2番目のOSTが公開。「OVERLAP」はときめきと警戒心の間、自らさえ疑うようになる感情の渦を盛り込んだ曲で、バリの波を連想させるサウンドとラブゲームの緊張感を込めた歌詞が目立つ歌で、
大勢アイドルに成長しているTO1のドンゴン、ジェユン、J.YOUが歌唱を担当し、多彩な音楽的スペクトラムを誇る。

12月10日

【ムン・スア(Billlie)】JTBC「財閥の末息子」OSTに参加*

JTBC「財閥の末息子」OST「Like a star(星のように)」にガールズグループBilllieのムン·スアが歌唱として参加した。

12月11日

【ヒョリン(SISTAR出身)】ゲームのOSTに参加

ヒョリンが参加したNEXON社のゲーム「ELSWORD」のキャラクターのエリシス(Elesis)のテーマ曲「My Will」は、ストリングスとクワイア、エレクトリック・ギターの華やかな演奏をベースに曲の壮大さを強調し、リスナーに巨大なスケールを届ける。世界を守りたいという熱い少女エリシスの誓いがヒョリンの声で再現される。彼女は今回の「My Will」でパワフルな歌声、歌唱力はもちろん、安定した中低音から強みである高音まで幅広い音域を行き来し、曲に強烈な魅力を加える。

12月12日

ミンホ(SHINee)】1stソロミニアルバムをリリース

1stソロミニアルバム「CHASE」は、ミンホがデビュー後初めてリリースするソロアルバムで、多彩な魅力の全6曲が収録されている。アルバム発売に先立ち、12月6日午後6時に音楽配信サイトを通じて「CHASE」の全曲の音源を公開する。タイトル曲「Chase」は、ヒップホップR&Bベースのミディアムテンポの楽曲。重いベースラインに加えられたピアノのループとアルペジオシンセサウンドが洗練された雰囲気を醸し出す。歌詞には、夢の中で遠のいていく相手の後ろ姿を追いかけるが、結局届かず目覚める空しい感情を表現した。

その他、GEMINIがフィーチャリングと作詞作業に参加した「Runaway」、LIM KIM(キム・イェリム)とのデュエット曲「Waterfall」、清涼感溢れる「Prove It」、自伝的なストーリーを込めた「Choice」、成熟した魅力が印象的な「Heartbreak」なども収録されている。

ジンソル(元April)】ソロデビュー*

デジタルシングル「Let me out」がリリース。「Let me out」はミディアムテンポのポップR&Bジャンルで、レトロな雰囲気のシンセサウンドとボーカルが調和をなした重いサウンドが、暗くて混乱した感情を表現した。

ジンソルが自ら作詞、作曲に参加し、夢幻的な雰囲気と彼女の歌声が出会って一風変わった魅力を与える。

12月13日

WEi】クリスマススペシャルアルバムをリリース

クリスマススペシャルアルバム「Gift For You」は、WEiがデビュー後、初めて披露するクリスマスソング。メンバーのチャン・デヒョンが全曲の作詞、作曲、編曲に参加した。楽しい雰囲気のキャロルで、幸せを一緒に分かち合おうというメッセージが込められている。収録曲「雪が降ったら暖かく抱かれてくれますか」は、叙情的で温かいブルースとジャズ風のキャロルで、WEiのユニークな感性を垣間見ることができる曲。

CIELOGROOVE×TAN】シングルをリリース

プロデュースクルーCIELOGROOVE(シエルログルーヴ)の最初のクリスマスシーズンソング<Everyday Christmas(Feat.TAN)>はクリスマス特有の雰囲気を盛り込んだトラックと大衆的で暖かいメロディーが印象的な曲で、CIELOGROOVEが16ヶ月ぶりに出すプロジェクト。MBC「極限デビュー野生ドル」放送を通じて正式デビューし、今年一年間多様な活動を見せているTANがボーカルとして参加した。

12月15日

SUPER JUNIOR】11thフルアルバムVol․2をリリース

今年7月、11thフルアルバムVol.1「The Road:Keep on Going」を発売し、11thフルアルバムというもう一つの歴史の幕を開けたSUPER JUNIORが、年末にVol.2の発売を確定し、ファンとの約束を果たす。今回の11thフルアルバムVol․2「The Road : Celebration」にはタイトル曲「Celebrate」をはじめ、「Hate Christmas」「Snowman」「White Love(スキー場で)」、スペシャルトラック「If only you」まで完成度の高い全5曲が収録される。

「White Love」は1997年に発売されたTURBOのヒット曲を2022年に合わせてリメイクした楽曲。さらにスペシャルトラック「If only you」は、2012年に制作されたSUPER JUNIOR-K.R.Y.の未発表曲となっている。

タイトル曲「Celebrate」は、ベースラインとシンセサイザーが耳を集中させる。SUPER JUNIORは「もう一度この季節が来るまで共にして Always / Cel-le-le-le brate(Celebrate)約束して Always」という愛らしい歌詞で、これまでの旅程を祝うメッセージを伝えた。その他にもアコースティックなサウンドのカントリーソング「Snowman」、クリスマスが嫌なソロのための「Hate Christmas」、キュヒョン&リョウク&イェソンの切ない感性が際立つ「If only you」、TURBOのヒット曲をエネルギッシュなバイブで再解釈した「White Love」まで、全5曲が異なる魅力で音楽ファンの期待を高めている。

12月16日

NCT DREAM】スペシャルミニアルバムをリリース

今回のスペシャルミニアルバム「Candy」には、同名のタイトル曲「Candy」をはじめ、多彩なジャンルの全6曲が収録される。

タイトル曲「Candy」は、1996年に発売されたH.O.T.の1stフルアルバムの収録曲「Candy」をリメイクした楽曲。長い間愛されてきた原曲をNCT DREAMだけの初々しく爽やかなカラーで再解釈しただけに、幅広い世代が楽しむことができる軽快なウィンターソング。

CHUNJI(TEENTOP)】1stシングルをリリース

1stシングル「too late」には、合計2曲が収録されている。彼はタイトル曲「別れが遅れてごめんね」と収録曲「サヨナラという言葉」の作詞を自ら手掛けた。

12月17日

AB6IX、BDC、YOUNITE】レーベルプロジェクトシングルをリリース*

ダブルタイトル曲で構成された今回のレーベルプロジェクトシングルBRANDNEW YEAR 2022「BRANDNEW V1S1ON」の最初のトラック「HUGS」は、ブランニューミュージックの個性溢れるボーイズグループAB6IX、BDC、YOUNITEが共にしたリズミカルなR&Bヒップホップトラックで、特別なクリスマスパーティーコンセプトを盛り込んだ才気溌剌としたミュージックビデオがファンの目と耳を虜にする。

2番目のトラック「ヌンヌンヌン」はボムキー、キービー、ハンヘ、ヤン·ダイル、関東、グリー、ハン·ドングン、ヴィンセントブルー、ヨ·ダヨンなどブランニューミュージックを代表する実力派アーティストたちとAB6IXのメインボーカルジョンウン、そしてYOUNITEのメインラッパーDEYが一つになって披露する暖かい年末の感じのヒップホップトラック。

12月19日

イ・スジョン(LOVELYZ出身)デュエット曲をリリース

「クリスマスの奇跡」は、ソロアーティストとして新しくスタートしたイ・スジョンが初めて披露する特別なシーズンソングで、LEE WOOとのデュエット曲。

12月20日

未来少年(MIRAE)】スペシャルシングルをリリース*

第2世代を代表するボーイズグループSS501のヒット曲「Snow Prince」をリメイクする。ロマンチックな感性の「Snow Prince」は、2005年に発売された後、毎年年末になるとよく耳にする名曲。「Snow Prince」は、第2世代アイドルグループを代表するSS501のヒット曲を未来少年だけのZ世代の感性で再アレンジした楽曲。冬を象徴するチャイムを鳴らし、年末の雰囲気を演出すると共に、温かいトーンのピアノと弦楽器などでメンバーたちの柔らかい歌声をより一層際立たせた。メンバーのカエルはラップメイキングに参加し、原曲とは異なる未来少年だけの特色を加えた。

【ファサ(MAMAMOO)】ニューシングルをリリース*

<ファサショー>のシーズンソング「Vol.2 Grey Christmas」
人が多くて複雑なクリスマスには家が最高だ。 大きくてきらめくクリスマスツリーとちりんちりんと鳴るキャロルで満たされた街を後にして一人で過ごす淡々とした灰色のクリスマスが悪くない。 クリスマスに感じられる複雑で微妙な気持ちをワルツバイブにぎっしりと盛り込んだ。

12月21日

【Stray Kids】デジタルアルバムをリリース

Stray Kidsが、ファンへの愛情を込めたデジタルアルバム「SKZ-REPLAY」をリリースする。デジタルアルバム「SKZ-REPLAY」は、2022年1月1日にリリースされた「STEP OUT 2022」の公約の一環で、自主制作コンテンツ「SKZ-RECORD」と「SKZ-PLAYER」を通じて公開した自作曲の正式音源が収録される。

タイトル曲「FAM(Korean Ver.)」は、グループ内のプロデュースチーム3RACHAが作詞・作曲を手掛け、強い中毒性を持った曲。8人のメンバーの愛称を歌詞に盛り込んだ新曲は、グループの和気藹々とした雰囲気と深い絆を際立たせ、聴く楽しさを与える。

A-SIDEには、運命的な繋がりをバンチャンならではの感性で表現した「Connected(バンチャン)」、切ないボーカルが際立つ「Limbo(リノ)」、決まった枠に閉じ込められない自由な人生を描いた「DOODLE(チャンビン)」、恋しさをロックとヒップホップサウンドで表現した「Love Untold(ヒョンジン)」、リスナーを慰める歌声が特徴の「RUN(ハン)」、失恋後の感情を淡々と歌った「Deep end(フィリックス)」、美しい瞬間を振り返る「Stars and Raindrops(スンミン)」、初々しくワクワクした感情が魅力的な「Hug Me(I.N)」など、メンバーたちが作曲・作詞に参加した8曲のソロ曲と「#LoveSTAY」まで、全10曲が収録される。

B-SIDEには「ZONE(バンチャン、チャンビン、ハン)」をはじめ、「Close(ハン)」「Streetlight(チャンビン Feat. バンチャン)」「I hate to admit(バンチャン)」「I GOT IT(ハン)」「miss you(ヒョンジン)」「Maknae On Top(I.N Feat. バンチャン、チャンビン)」「Alien(ハン)」「Because(チャンビン、フィリックス)」「Piece of a Puzzle(チャンビン、スンミン)」「Wish You Back(ハン)」「HaPpY(ハン)」「Up All Night(バンチャン、チャンビン、フィリックス、スンミン)」「Drive(バンチャン、リノ)」「ice.cream(ヒョンジン)」など、自主制作コンテンツ「SKZ-RECORD」と「SKZ-PLAYER」の中で、STAY(Stray Kidsのファン)に愛された15曲の自作曲が収録される。

12月22日

【Ferry Blue】3rdシングルをリリース*

3rdシングル「GAME OVER」をリリース。新曲「GAME OVER」は新しい冒険の前に迫ってくる困難の壁を軽く乗り越えてノックダウンさせるという固い意志と情熱、そして希望を表現した歌。強烈なシンセサウンドが吹き荒れるEDMトラップとダブステップベースのポップダンス曲で、Ferry Blueメンバーのパワフルなボーカル、ラップが目立ち、中毒性のあるコーラスフックが印象的。

ムンビョル(MAMAMOO)スペシャルシングルをリリース*

MAMAMOOのムンビョルが誕生日を迎え、スペシャルシングル「The Present」を発売。寒い冬を経て、春、夏、秋、冬になるまでいつも傍にいてくれたファンに届けるメッセージと温かい音楽を披露。タイトル曲「PRESENT」をはじめ、「A miracle 3days ago」「CHEMISTRY」の全3曲が収録される。ムンビョルはタイトル曲「PRESENT」をはじめ、全曲の作詞・作曲に参加し、自分だけの音楽を披露する。ここに長い間息を合わせてきたRBW所属のプロデューサーであるココ豆腐パパが参加し、完成度を高めた。

【チェウォン(April出身)】2ndデジタルシングルをリリース*

元Aprilのチェウォンがクリスマスシーズンソングとして2ndデジタルシングル「My Little Christmas」をリリース。幼い頃初めて向き合ったクリスマスの忘れられないときめきを今も胸におさめたまま、その日の自身を振り返りながら再び戻ってきたクリスマスの夜を歌う楽曲。冬の雰囲気を盛り込んだ2つ目のソロ曲もチェウォンが作詞・作曲に参加し、温かい歌声で寒い季節に温もりを伝える。

https://youtu.be/H7RNPo3HY1k

12月23日

バーノン(SEVENTEEN)】ソロミックステープをリリース*

デビュー後初のソロミックステープ「Black Eye」リリース
「Black Eye」は、吐き捨てるようなボーカルと軽快なバンドサウンドが調和したポップパンクジャンルの楽曲で、自由で反抗的なムードが際立つ楽曲。バーノン自身も作詞・作曲に参加した。

ミンギュ(DKZ)】BIGMAMA出身イ・ヨンヒョンの曲をリメイク

BIGMAMA出身歌手のイ・ヨンヒョンの隠された名曲「諦念 後」が、プロジェクト「Re+Project [Re+Call]」を通じてリメイクされる。

「諦念 後」は、叙情的な弦楽演奏とともに強烈なギターサウンドでロックの雰囲気を加えた新しい編曲に、ミンギュの爆発的で訴えかけるようなボーカルが加わった音源の一部は、原曲とはギャップのある雰囲気で期待を高める。

「Re+Project」は自分だけが知りたい楽曲、その時代、自分のプレイリストに保存されていた楽曲を探して新しい感性で披露するプロジェクトだ。「Re+Project」という大きな枠の中で「()括弧」の空欄を埋め、各曲を再解釈する。

https://www.youtube.com/watch?v=BEbjGBoBsDs

12月25日

【ミニョン(NU’EST出身)】tvNドラマ「還魂」OSTに参加*

「木(眺めるだけ2)」は「還魂」パート1のOST「眺めるだけ」を編曲、替え歌した新しいバージョンで今回の「還魂:光と影」の「ソリ」(ファン·ミニョン)の感情をより一層ディテールに盛り込んだ歌詞と雰囲気が印象的な曲。

12月26日

【SM Artist】「2022 Winter SMTOWN:SMCU PALACE」をリリース*

「SMTOWN:SMCU PALACE」プロジェクトは「KWANGYA」に存在する仮想の空間「SMCU PALACE」をコンセプトに、より拡張されたSMCU(SM Culture Universe)を経験できるウィンターアルバム。

タイトル曲「Beautiful Christmas」は“大事な人と共にする今日が最高の瞬間である”という曲のメッセージのリズミカルなベース、ピアノの演奏を中心に軽快なスウィングリズムが印象的なキャロルナンバー。クリスマスを迎えるときめき、1年を振り返る感想を歌詞で描いた。Red Velvetとaespaが超豪華コラボレーションで届ける。

タイトル曲「The Cure」は、楽しいアフリカリズムと壮大なクワイアが特徴のポップ曲。現代社会が直面している様々な問題を扱い、それによる人々の傷を一緒に慰め、治癒していこうというメッセージを盛り込んだ。さらに、今回の曲は気候変動に対処してSMがこれから作っていくGlobal Movementの始まりを知らせる歌で、カンタとBoAをはじめ、東方神起のユンホ、SUPER JUNIORのイトゥク、少女時代のテヨン、SHINeeのオンユ、EXOのスホ、Red Velvetのアイリーン、NCTのテヨン、マーク、クン、aespaのKARINAなど、SM所属のすべてのグループのリーダーたちが代表として参加した。NCTのテヨンとマークはラップの歌詞にも参加し、メッセージに力を加えた。

収録曲「Hot&Cold」は、シンセサイザーの爽やかで洗練されたサウンドが魅力的なポップダンスナンバーで、恋の前で夏のように熱い男性と冬のように冷たい女性の相反する恋愛タイプの温度差をユニークに表現した歌詞が特徴。EXOのカイ、Red Velvetのスルギ、NCTのジェノ、aespaのKARINAなどパフォーマンスの最強者たちが集まり爽やかな魅力をアピールする。

「Jet」は、ミニマルなドラムとベースがスリリングなスピード感を与えるヒップホップダンスナンバーで、歌詞には“ファンがいる場所であれば世界のどこにでも飛んでいきたい”という抱負が込められている。SUPER JUNIORのウニョク、少女時代のヒョヨン、NCTのテヨン&ジェミン&ソンチャン、aespaのWINTERとGISELLEがエネルギッシュなコラボを披露する。

「Good To Be Alive」は、リズミカルなストリングと軽快なピアノサウンドが際立つハウスジャンルのEDMダンスナンバーで、“1人ではなく一緒にいる時にもっと輝く”というメッセージを表現。少女時代のヒョヨン、SHINeeのキー、EXOのチェン、NCTのジャニー、aespaのNINGNING、DJのGINJO、Raiden、IMLAY、Mar Vistaの相乗効果で楽しい雰囲気を倍増させる。

「輪(Time After Time)」は、愛の切なさを叫ぶように表現したボーカルのテクニックが際立つミディアムテンポのR&Bナンバー。始まりも終わりも分からず、頭から離れない愛の感情を「輪」に喩えて表現した歌詞が印象的。BoA、Red Velvetのウェンディ、aespaのNINGNINGの成熟したボーカルが出会い、深い感性をプレゼントする。

「Priority」はミニマルなビートの上に、東方神起のチャンミン、少女時代のテヨン、aespaのWINTERの華やかな歌唱力が際立つR&Bナンバー。新しく始まる関係から来る不安で怖い気持ちにもかかわらず、お互いに惹かれ相手を優先にする感情の変化が歌詞に込められている。

12月28日

【ソラ(MAMAMOO)】DJサバイバル番組「WET!」のテーマ曲をリリース*

超大型DJサバイバル「WET!」のテーマ曲「Paradise」は、感覚的なサウンドのトラックが調和を成し、リスナーたちをノリノリにさせるトレンディーなEDM曲。パワフルなボーカルの持ち主であるMAMAMOOのソラが歌唱に参加した。

12月30日

ATEEZ】1stシングルをリリース

1stシングル「SPIN OFF:FROM THE WITNESS」をリリース。タイトル曲「HALAZIA」をはじめ、これまでファンに愛された「WIN」の「June One of Glen Check Remix」バージョンと「I’m The One」の「Eden-ary Remix」バージョン、「Take Me Home」の「IDIOTAPE Remix」バージョン、そして「Outro : Blue Bird」まで、全5曲が収録されている。今回の新曲は、これまでの「THE WORLD」シリーズの続編ではなく独立したスピンオフであり、ATEEZの世界をより深く、はっきりと体験できる作品となっている。

タイトル曲「HALAZIA」は、ATEEZの専任プロデューサーとして活躍しているEDENが率いるプロデュースチームのEden-aryが総括を務め、ホンジュンとミンギが作詞に参加し、完成度を高めた。

【DKZ】プロジェクトアルバムをリリース

DKZ Year End Project Song「It’s All Right Part.3」は、メンバーたちが準備したプロジェクトアルバムで、今年1年間もらった愛と声援に対する感謝の気持ちを込めた。タイトル曲は「2022(Forever)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です