11月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

2019年11月≪今月のカムバ&デビュー履歴≫

https://k-tchang.com/wp-content/uploads/2019/10/face_20191020_231846.png
あい

今月カムバック(orデビュー)したグループやアーティストは誰がいたかな?
そんなときの振り返り記事です♪

2019年11月にカムバックしたのはどんなグループでしょうか?ソロは?どんな曲があったかな?そんな時は見てみてくださいね!

もくじ

11月1日

IU5thミニアルバム「Love poem」 収録曲「Love poem」 を先行公開

本来この日に5thミニアルバムをリリース予定だったが、親友のソルリの死去により、スケジュールを変更。カムバックの時期は未定となっている。

新曲「Love poem」はIUと長い間タッグを組んでいる“IUバンド”のメンバーたちが手掛た。また練習生時代から親交のあった実力派歌手ハ・ドンギュンも参加している。


【PinkFantasy】 3rd Single「소꿉장난(Playing House)」 リリース

童話「白雪姫」に出てくる「七人の小人」の白雪姫の愛を表現した曲で、愛の告白をしていないドワーフが自分の想像の中でする白雪姫との愛をままごと遊びに表現した曲

11月2日

ジョンミン】2nd Single 「Why?(왜 그땐 몰랐을까)」 をリリース

11月3日

HINAPIAデビューシングル「New Start」 をリリースしデビュー!


ウヒョン(INFINITE)デジタルシングル「秋が来たら」リリース

軍服務中のINFINITEのウヒョンが、ファンのために自作曲を発売。
「秋が来たら」は、19日のファンミーティングで初めて披露したウヒョンの自作曲。軍服務でしばらく会えなくなるファンへの思いを込めたという。

11月4日

GOT7ニューアルバム「Call My Name」リリースでカムバック

MVなどのチェックはこちらから👇


VICTON5thミニアルバム「nostalgia」リリースでカムバック

MVなどのチェックはこちらから👇


【B.I.G】シングル「ILLUSION」リリースでカムバック


イ・ジニョク(UP10TION)初のソロアルバム「S.O.L」リリースでソロデビュー

11月5日

【BVNDIT】1stミニアルバム「BE!」リリースでカムバック


【DAWN(イドン)】1stデジタルシングルで自作曲「MONEY」リリース

イドンから「DAWN」へ活動名を変え、ソロアーティストとして第一歩を踏み出す彼は、今回の新曲「MONEY」を自ら作詞・作曲して、自身だけの色をアピールする。

【キム・ヒョナ】ニューシングル「FLOWER SHOWER」 リリース 恋人イドンと同日カムバック

歌手PSY(サイ)が代表を務めるPNATIONと専属契約を締結し、移籍後初のアルバムリリースとなる

11月6日

【DONGKIZ】1stミニアルバム「DONGKY TOWN」リリースでカムバック


【キム・ドンジュン】1stミニアルバム「二十九、その頃に」リリース

「Alone」は、Viveのリュ・ジェヒョンがキム・ドンジュンのために作った楽曲で、ユン・ミンスもボーカルディレクティングに参加し、さらに期待が高まる。


【1TEAM】3rdミニアルバム「ONE」リリースでカムバック


【MeloMance】新曲「祝祭」リリースでカムバック

キム・ミンソクの入隊後は活動中断へ
『Grand Mint Festival 2019』でサプライズ公開した曲が、今回ミニアルバムのタイトル曲となった。 今回の曲はMeloMance独自のスタイルに季節感が加わった曲で、みんなが幸せになってほしいというMeloManceの願いを盛り込んでいる。

11月8日

【Block B ジコ】1stフルアルバム「THINKING」 Part.2 リリースでカムバック

デビュー8年目にして自身の名前を掲げた1stフルアルバム「THINKING」を初めて発売する。 今回のPart.2では、長く悩んだ末に、さらに成熟して深くなった、新しいジコの音楽を詰め込んだ。 アーティストジコを超え、人間ウ・ジホの考えを細かく表現したアルバムで、ジコの真心を感じることができる。

タイトル曲「残されることについて」をはじめ、「another level」「Dystopia」「Balloon」「花言葉」の全5曲が収録

タイトル曲「残されることについて」は別れた後、全てが止まってしまった人生の中で恋しい感情で身震いする一人の人の物語を描き、ピュアな音色を持つ新人アーティスト、ダウンがフィーチャリングに参加した。

ジコと同じクルーFANXY CHILD所属のPENOMECOが収録曲「another level」のフィーチャリングに参加すると共に、ミュージシャンたちからラブコールを受けているプロデューサーでシンガーソングライターのジェフィが「花言葉」のフィーチャリングに加わり、ジコを支援した。

収録曲「Balloon」は、ただ認めてもらうために、高く上がるために自らを誇張しながら生きていく自分をバルーンに例えて表現した曲。ギターとノイズエフェクトがバランスよくマッチしたトラックの上に聞こえてくるジコの低い声が感動を与える。

11月10日

【VIXX レオ】新曲「All of me」をリリース

「All of me」は、9月に開催されたVIXXの単独コンサート「VIXX LIVE FANTASIA PARALLEL」を通じてファンに初めて公開した新曲。レオの誕生日である10日にリリースされた。


【Block B パクキョン】新曲「愛を一度することができれば」をリリース


11月11日

ILUV】新曲「문을 열어줘 (OPEN THE DOOR)」をリリース

新曲 「문을 열어줘 (OPEN THE DOOR)」 は、ダンスホールグルーブビートとラテンダンスをベースにしたムーンバートンジャンルの曲。積極的な女性像をイメージし、異性の感情をコントロールするストーリーを盛り込んでいる。

https://www.youtube.com/watch?v=5HaElZ9yBFI

11月12日

【NATURE】2ndミニアルバム「NATURE WORLD: CODE A」リリースでカムバック

【7 O’CLOCK】3rdミニアルバム「White Night」リリースでカムバック


【ELRIS】Digital Single「 그립다(Miss U) 」リリース

11月14日

【MAMAMOO】 フルアルバム「reality in BLACKリリースでカムバック

「reality in BLACK」は、スポイラー(ネタバレ)映像を通じて公開された「Bless Life And Carry Knowledge」の大文字から分かるように「人生を祝福し、知識を伝える」という意味を持つ。

「What if … MMM is not MMM?(もし、MAMAMOOじゃなかったら?)」という仮定の下、「平行宇宙」の世界観を前面に出した史上最高のコンセプトで、それぞれ異なる人生を生きている姿を見せ、面白く、見所満載な映像を披露する。

今回、韓国最高のプロデューサーキム・ドフンをはじめ、パク・ウサン、イギ&ソ・ヨンベ、コスミックサウンド、コスミックガール、ファン・ソンジン、イ・サンホ、ココトゥブパパ、チャン・ジニョンなど最高のミュージシャンがアルバム制作に参加。ムンビョルは6曲の収録曲のラップメイキングに参加し、ソラは自作曲「I’m Your Fan」を収録した。

タイトル曲「HIP」をはじめ、「Destiny」「Universe」「Ten Nights」「4x4ever」「Better」「Hello Mama」「ZzZz」「rEALITY」「High Tension」「I’m Your Fan」など、全11曲が収録

タイトル曲は「HIP」“HIP”なMAMAMOOのスワッグが感じられる曲。ファサが作詞に参加した。


【RAINBOW】10周年スペシャルシングル「Over the Rainbow」をリリース

今回のスペシャルシングルは企画からカムバックコンテンツ制作まで、全ての部分にRAINBOWのメンバーが参加した。

タイトル曲「Aurora」は、ピアノと文字列をメインにしたポップスタイルの曲。レインボーデビュー10周年を記念して作られた曲で、グループ名を意味する晴天の虹と対比される夜空のオーロラを介して、昼と夜、いつもレーンナースのそばで輝く姿で残りたいレインボーの心を込めた。

多くの色が全天を覆って光を出すオーロラのように、七つのカラーをもつメンバーたちの声が一つに調和され、まるでアニメーションOSTを聴くのと同じ躍動感あふれる雰囲気を届ける。

収録曲「I Dream of You」は、「夢の中でも恋しい」という内容を盛り込んだポップバラードジャンルの楽曲


【IN2IT】3rd Single「PUZZLE」リリースでカムバック

タイトル曲「ULlala:中毒」は、重量感が感じられる808ベースサウンドとリズミカルなレゲエ、その他の調和が魅力的なラテントラップ(Latin Trap)ジャンルの曲。フックパーツから出る南米風のメロディーとシンセの幻想的なケミを感じることができる。

国内、海外最上のアーティストをプロデュースするICONIC SOUNDS(アイコニックサウンズ)のプロデューサーチームVO3EとChristian Fast。Jimmy Claesonが一緒に意気投合して作った曲で、メンバーたちが直接選別した歌詞は「米国ドラマ「ルシファー」をコンセプトに、愛の傷を持っている自分の痛みを隠すために、絶えず誰かにささやく。歌詞の中に出てくる「Poison」は毒のように危険な愛の痛みを意味しており、繰り返し出てくるwoo〜lalalaはまるで呪文をかけるように、中毒を意味している。


【ユヒ(CHIC ANGEL)】ソロアルバム「Mystery」をリリース

CHIC ANGELのリーダーユヒの2番目のソロアルバム。夜景を眺めながら聴くのにちょうど良い、トレンディでレトロなシティポップ曲。


【Eric Nam】初の英語アルバム「Before We Begin」をリリース

デビュー以来、初めて発売する英語アルバム 。 タイトル曲「Congratulations」を盛り込んだ初の英語アルバム「Before We Begin」を全世界で同時公開する。

11月15日

【South Club】4thシングル「TWICE:二回」をリリース

South Clubはボーカルのナム・テヒョンが率いるバンドであり、ギターのカン・ミンジュン、ベースのチョン・フェミン、ドラムのイ・ドングンで構成されている。最近新しい事務所P&Bエンターテインメントと専属契約を締結した。


【Luri(イ・スヒョン)】 1stデジタルシングル「Blah Blah」リリースでソロデビュー

「プロデュース101」出身イ・スヒョン、芸名をLuriに変更

LuriはMnet「プロデュース101」に出演した時、気さくな姿で“プンスヒョン(プンス(天然)+スヒョン)”というあだ名で呼ばれ、強い印象を残した。それから毎回成長する姿で13位を獲得し、その人気に支えられ、キム・ソヒ、ユン・チェギョン、ハン・ヘリ、イ・ヘインと共にプロジェクトグループI.B.Iとして活動した。

「Blah Blah」はムーンバートンハウスとトラップが調和をなしたジャンルの曲


【Sweet Sorrow】5thフルアルバム「NEW DAY」リリース

タイトル曲「Everything Will Be OK!」をはじめ、「My Cinema」「私を慰めて」「違う」が収録。 「Everything Will Be OK!」は、リーダーのイン・ホジンが作詞、キム・ヨンウが作曲を担当した。そこにベーシストNathan East、ドラマーSteve Ferrone、ジャズ・ギタリストJack Lee、オールラウンダープレーヤーのNorihito Sumitomoなど、世界的なアーティストたちが編曲に参加

My Cinema」は、たくさんの思い出のある映画館、そして映画に込められた人生の話を描いた曲。メンバーのソン・ウジンの自作曲。3番トラック「私を慰めて」は、キム・ヨンウが作詞・作曲。今アルバムで唯一のバラードナンバー。リスナーたちに「よく踏ん張った、よく耐えた」と慰める曲。

最後のトラックである「違う」は、キム・ヨンウが作曲し、三人のメンバーが一緒に歌詞を書いた曲。楽しいサウンドが印象的な曲。


【Lily】デジタルシングル「よくなったらだめだよ」リリース

「よくなったらだめだよ」は3月に発売したシングル「Bright day」以来、Lilyが約8ヶ月ぶりに公開する新曲。

別れを経験した後、流れた時間が互いの痛みさえ解決すると思って、恐れる気持ちを素直に綴ったこの曲は、Lilyが自ら作詞に参加。作曲はM.C the MAX の「溢れる」、Davichiの「あなたに言えなかった私の最後の言葉は」の作曲家ハン・ギョンス、チェ・ハンソルとシンガーソングライターのKiss Me Joyが手掛けた。

11月16日

CHANGJO(TEEN TOP)】1stデジタルシングル「Never Anything」を電撃リリース

ソロデビュー曲「Never Anything」は、愛する女性を待っている一人の男性の物語を描いたR&Bダンス曲で、別れの悲しい感情を重く感じないように表現

11月18日

【Golden Child】1stフルアルバム「Re-boot」 リリースでカムバック

約1年間の空白期を経て発売する初のフルアルバム「Re-boot」は「従来のイメージを脱ぎ捨て、システムを再起動し、起動時の状態に戻る」という意味にふさわしく、Golden Childの新しい試みと変化を予告し、彼らの音楽の幅を広げていくための土台になるアルバム

タイトル曲「WANNABE」を含め「Re-boot」「Lately」「コンパス」「No Matter What」「問題児」「そうして春」「She’s My Girl」「二人だけの天国」「Fantasia」「逃げないで」「離さないことにしよう」まで、全12曲

タイトル曲「WANNABE」は、メンバーのイ・ジャンジュンとTAGがラップメイキングに直接参加(歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈)

「Lately」は情緒的でワイドなオーケストラの演奏と、耳を奪うエレクトリック・ギターサウンドが魅力的なポップダンスジャンルの曲
タイトル曲「WANNABE」には、真の理想の価値についての悩みと渇望を語る歌詞を盛り込んだ。

「羅針盤」は不確実な未来の前に少し疲れているが、諦めずに夢を追いかけるすべての人々の心をいたわる慰めを盛り込んだ曲だ。青春なら誰もが共感できる感情と歌詞を、Golden Childだけの感性で表現


【IU】 5thミニアルバム「Love poem」 リリースでカムバック

当初リリースする予定日を友人の悲報により延期していたIUが、18日にリリース日を再設定し、カムバック。

「時間の外」のミュージックビデオは、IUのヒット曲「YOU&I」と同じ世界観で構成された。「YOU&I」の媒体になった馴染みの小道具と共に、前作のミュージックビデオに男性主人公として出演した俳優・イヒョヌが登場する。

イ・ヒョヌだけでなく、ファン・スア監督など「YOU&I」を一緒に制作した制作陣や出演者が意気投合し、完成度を高めた。

歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈

11月19日

【宇宙少女】 ミニアルバム「As You Wish」リリースでカムバック

タイトル曲「As You Wish」は、ヒット曲メーカーのKZ、D’DAY、B.Oが曲の制作に参加した。メンバーのEXYは、ラップメイキングに参加して完成度を高めた。

また、宇宙少女と長い間息を合わせてきた栄光の顔たち、ジンリ、Phantomのキゲン、チョン・ホヒョン(e.one)、チェ・ヒョンジュンらをはじめ、人気プロデューサーたちがアルバムに参加し、多彩な音楽を完成

歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈


【CIX】「HELLO」Chapter 2「Hello, Strange Place」リリースでカムバック


【AWEEK】1stMini Album「The Birth Of Seven」をリリースして正式デビュー

タイトル曲「Breathe」は、すべての生命の始まりである呼吸という媒体を介して、AWEEKの誕生を発表する。ここでいう呼吸は、ファンたちの歓呼応援や愛のことでもあり、呼吸して生命力を得るAWEEKの誕生を知らせる曲となっている。

11月20日

【ASTRO】6thミニアルバム「BLUE FLAME」をリリースでカムバック


STATION X「This is Your Day(for every child, UNICEF)」をリリース

ダイナミックなコード進行が印象的なピアノベースのポップバラード曲で、ヒット曲メーカーのユ・ヨンジンが作詞した歌詞には、すべての子供たちに幸せになってほしいという願いと、明るい未来を守ってあげるという気持ちを込めた。

曲にはSME所属のBoAとJ-Min、SUPER JUNIORのシウォン、少女時代のサニー、SHINeeのテミン、EXOのスホ、Red Velvetのウェンディ、NCTのドヨンが参加した。

今回のコラボレーションは、韓国のアーティストとして初めて「UNICEF東アジア太平洋地域親善大使」(UNICEF Regional Ambassador for East Asia Pacific Regional)に任命されたシウォンのアイディアで行われた。

11月21日

【Girl’s Day ミナ】プロジェクト曲「知らず知らず」をリリース

「知らず知らず」は相手の気持ちが分からなくて悩んでいるが、初めて感じる感情に名前をつけてみるという想像を表現した楽曲。穏やかなギターサウンドと、より一層濃くなったミナの温かい音色が調和し、リスナーから共感を得ると見られる。

ミナが参加した「HYPHNE」プロジェクトはHIGHFLYMUSICプロダクションとアーティストが出会ってより良い音楽とエネルギーを伝えようという意図で企画された。


【Secret出身ヒョソン】新曲「STARLIGHT」をリリース

今回のアルバムは、ヒョソンのデビュー10周年を記念して発売するアルバムで、ジャケット写真をはじめ、ミュージックビデオまで、ヒョソンがアルバムの企画段階から積極的に参加した


Amber Liu 「X」Part3「Curiosity」 をリリース

エンバは9月20日に発売したアルバム「X」Part1を皮切りにPart6まで1ヶ月に1曲を世界で同時に発売する計画で、今回の「Curiosity」は、アルバム「X」のタイトル曲でもある。「X」Part3「Curiosity」は軽いエレクトロニックダンスナンバーで、気になる異性への好奇心を表現した歌詞とメロディーが印象的。

11月22日

【ソンミン( SUPER JUNIOR )】ソロデビュー1stアルバム「Orgel」をリリース

デビューから14年で1stソロアルバムを発売する。今回のアルバム「Orgel」には新曲「Orgel」をはじめ、全5曲が収録

タイトル曲「Orgel」は、オルゴールを眺める視線とオルゴールの視線を交差させ、没入度を高めた歌詞が特徴である。温かいギターのメロディと感性的なオルゴールサウンドが出会い、温かい雰囲気を与えるアコースティック曲

11月25日

【カン・ダニエル( Wanna One出身 )】デジタルシングルを発売

タイトル曲「TOUCHIN’」は、映画の中の主人公たちの出会いと、その過程をモチーフにして作った楽曲。

80~90年代に愛されたPOPサウンドへの敬意からEDM、Rock、Pop、Danceなど色々なジャンルの特徴をひとつにまとめ、豊かなサウンドを作り出すとともに、強力なBassに重点を置いたコーラスが印象的な曲に仕上がっている。

トラック2の「Adulthood」は大人になっても、まだ大人にはなりたくない、それでも大人としての責任と寂しさが大きくなる多くの人々の気持ちをユニークに表現した楽曲。

カン・ダニエルが作詞に参加し、自由な魂が走り回る想像の中の大人である自分と、寂しく疲れた現実の中の大人である自分の間のかけ引きを表現している。

11月26日

【AOA】6thミニアルバム「NEW MOON」リリースでカムバック

今回のアルバムを通じて、自由を追ってムーンハンターになるストーリーを盛り込んだ。タイトル曲「Come See Me」は夢幻的な雰囲気が際立つ曲。冷たい風が通る深い夜の切なさが感じられる曲で、AOAが5人組になった変化後のステージを初披露する。


【Dynamic Duo】4年ぶりのNEWフルアルバム『OFF DUTY』 をリリース

ダブルタイトル曲の1つ 「それでいい」 のMVを21日に先行公開。 「それでいい」は「OFF DUTY」のダブルタイトル曲の一つで、Dynamic Duoの感性あふれるシンギングラップが際立つ曲。

ミュージックビデオはアニメーションで制作しており、Dynamic Duoとファンの成長の歴史をなぞらえた内容が収められている。ある男の世間知らずな学生時代から子供の父親になっていく様子を描いたミュージックビデオは「それでいい」の歌詞と穏やかな調和を成して、重みのある感動を伝える。

11月27日

【EXO】6thフルアルバム「OBSESSION」リリースでカムバック


【赤頬思春期&WH3N】新曲「New York」をリリース

赤頬思春期 とデュエットするWH3Nは、ユニークな感性を持つ実力派ミュージシャンで、今年5月にシングル「電話」を通して正式にデビューしたSHOFAR MUSICの新人アーティスト


【Bursters】6ヶ月ぶりに新曲「Savage」リリースしカムバック

「Savage」は今年5月に発表したシングル「Barriers」以来 、約6ヶ月ぶりに公開する新曲で「Barriers」に続く2番目の英語のシングルであり、Burstersならではのユニークな音楽カラーをしっかりと感じることができる曲

11月28日

【LIMITLESS】「Wish Wish」リリースでカムバック

4人組でデビューしたボーイズグループLIMITLESSが、新メンバーのC.IとJ-Jinを迎え入れ、6人組として新たにカムバック活動を始める。C.IとJ-Jinともに中国国籍でグローバルな活動を展開していく。

1stミニアルバム「Wish Wish」には同名のタイトル曲をはじめ「limitless-intro」「森」「夢幻劇」「ピリオド」「Wish Wish-inst」まで計6曲が収録されていて、今回のアルバムをさらに豊かに作った。

1stシングル「Dream Play」が新しいファンタジーのスタートを知らせるきっかけだったとしたら、完全体で披露する今回のミニアルバム「Wish Wish」は、ファンタジーの森で新しい愛と願いを探し回る、より深いファンタジーの中に入り、ファンタジーが日常になってしまった以来の話を伝える


【NEWKIDD】 2ndデジタルシングル「COME」をリリース

「ブーメラン」を作曲した有名作曲家ションキムをはじめ、海外の作曲家Timo Oiva、Jaron&Istalaが作曲を担当し、ションキムがプロデュースを引き受けたタイトル曲「COME(コム)」は、強いビートとシンセが引き立つエレクトリックトラップジャンルの曲。

デビュータイトル曲「뚜에레스」に続き、作詞はJFBが参加し、ファンタジーロマンスな歌詞にラテンの感性を加えた。

今回のアルバムのコンセプトは、少年の吸血鬼
2部作の完結編で、前作とつながるストーリーテリングに没入度を高めた。特に繰り返される「ROSA MIA」という歌詞は、スペイン語で「私のバラ」を意味し、薔薇はアルバムを繋げる象徴として使われた。

最初のデビューアルバムに「奇跡」という花言葉を持つ青いバラが出てきたとしたら、今回のデジタルシングには「あなたは永遠に私のもの」を意味するブラックローズを登場させた。


【ジ・ジンソク】シングル「Pretend you’re all right(괜찮은 척) 」リリース

次世代ボーカリストとして頭角を表しているジ・ジンソクの新曲
「 괜찮은 척 (大丈夫なふり)」は、恋人と別れ、大丈夫なふりを、何もなかったふりをしてみるが、実は心深くにある懐かしさを描いた曲。


【OH MY GIRL】 Wannabe Challenge OST Part.1 「 기억해 」リリース

11月27日に発売された新作モバイルゲーム’ワナビーチャレンジ’のOST

自分のキャラクターをSNSファッションスターにしていく過程でさまざまなミッションを遂行して、その過程を通じてキャラクターを成長させていく恋愛シミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)。

‘憶えていて’は、作曲家KZとNthoniusが共同でプロデュースした曲で、クラシックを基盤にした感性的なストリングラインとパワフルなビートが絶品のミディアムテンポ曲。ファンタジーを刺激する隠喩的な歌詞とその歌詞を美しく清涼に彼らだけの雰囲気で表現する’OH MY GIRL(オーマイガール)‘の歌声に注目。

11月29日

【Paul Kim(ポール・キム)】デジタルシングル「 Big Heart(마음/心) 」 をリリース

シンガーソングライターのポール・キムの新曲「心」は、Neuron Musicの代表プロデューサーDonnie Jがプロデュースを務め、2ndフルアルバムパート1、2を繋ぐ曲となっている。

【IZ】新曲「Memento」リリース

新曲「Memento」は喜びと悲しみの感情が重なって、叙情的なメロディーが合わさった感性たっぷりのモダンロック。

「人間と場所を記憶するための記念品」を意味する「Memento」というタイトル通り、愛していたその時とファンたちを記憶する物語を歌った。

11月30日

【Babylon】新曲「君の温もりになってあげる」リリース

Red Velvet イェリがフィーチャリング参加する。
Babylonは、前回発売した「幸せになりたい」でスジとの抜群のケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露し、リスナーを満足させただけに、イェリと披露する新しいケミにも期待が高まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です