11月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

2019年10月≪今月のカムバック履歴≫

https://k-tchang.com/wp-content/uploads/2019/10/face_20191020_231846.png
あい

今月カムバックしたグループやアーティストは誰がいたかな?
そんなときの振り返り記事です♪

2019年10月にカムバックしたのはどんなグループでしょうか?ソロは?どんな曲があったかな?そんな時は見てみてくださいね!

もくじ

10月1日

EXO チェン】ソロでカムバック

タイトル曲「Shall we?」はレトロポップナンバーで、スタンダードクラシックポップの編曲が醸し出す洗練されたムードとロマンチックなメロディが際立ち、愛に関してアナログ的な感性で描いた歌詞にチェンのトレンディなボーカルが加わり、曲の魅力を倍増させている。

「You never know」は、ピアノ、ダブルベース、ドラムが合わさり、ジャズトリオを連想させるバラード曲。愛する誰かのための告白を盛り込んだ切ない歌詞。

「Amaranth」はアコギにより、恋人に対する懐かしさと心のこもった慰めを伝える。

「Hold you tight」は、軽快なギターサウンドのミディアムテンポのアコースティック曲。愛する人を抱きしめたときに感じる温かさと安堵感を表現する。

また「My dear」は、華やかな展開が際立つブリットポップ曲で、チェンの1stソロアルバムの収録曲「Flower」を手掛けたた実力派作曲家キム・ジェフィともう一度タッグを組み、チェンも作詞に参加して、別れさえも美しいラブストーリーとして表現する。

また「Good night」は、温かいメッセージが込められた癒やしのバラード曲で、そばで囁くように歌うチェンの歌声に夢幻的なサウンドとコーラスが合わさって、まるで心地の良い夢の中に連れていかれる気分に陥る。

10月2日

ARGON】カムバック

2ndミニアルバム「GO FORWARD : Wide Dream」をリリースしカムバック


チョン・セウン】カムバック

タイトル曲「雨が降るそう、あの日のように」をはじめ、「Day&Day」「Lie Lie Lie」「温度差」「僕の名前を呼べば」まで計5曲が収録。「Day&Day」はチョン・セウンの自作曲


カン・シウォン】(プロデュース101出身) カムバック

カン・シウォンは2016年韓国で放送されたMnet「プロデュース101」シーズン1に個人練習生として出演し、安定したライブと魅惑的なパフォーマンスで視聴者に強い印象を残した。 今回のアルバムは、デビューシングル「CLICK CLICK」に続くカン・シウォンの1stミニアルバム

10月4日

SuperM】カムバック

SuperMは、SHINee テミン、EXO ベクヒョンとカイ、NCT 127 テヨンとマーク、中国のグループWayV ルーカスとテンの7人のメンバーで構成されたグループ

1stミニアルバムには、さまざまな魅力の5曲が収録されており、CMGの要請でイ・スマン代表が直接プロデュースを手掛けて、完成度の高い音楽と素晴らしい実力を備えたメンバーたちの、レベルが違うパフォーマンスを披露する。


Block B ビボム】ソロ曲をリリース

入隊前の最後の新曲を発表。10月10日に入隊し、服務に専念する


Limesoda】新メンバー加入で3人体制でカムバック

新曲「WAVE」はムーンバートンのダンスホールグルーブをベースにしたEDMジャンルで、愛が始まる感情を波長「WAVE」で表現し、弱い振動が強い感情に変わるというメッセージを盛り込んでいる。


PRSNT元4Minute チョン・ジユンのバンド カムバック

2ndシングル「Face Time」は、互いに遠く離れて長距離恋愛をしているカップルの切ない感情を歌詞で表現した曲。

トレンディなエレクトロシンセと強烈なビートで武装したサウンドは、チョン・ジユンが持つボーカルの特徴に合わさって、Electro Popジャンルのアンバランスな魅力を漂わせる。


【H.O.T. チャン・ウヒョク】 カムバック

「WEEKAND」をリリース
「WEEKAND」はラチェット(Ratchet)をベースにしたトレンディなヒップホップトラックで、チャン・ウヒョクの歌声とパフォーマンスが際立つ楽曲

10月6日

【MADTOWN出身イウ】 カムバック

新曲 「別れの行動」は、だんだん別れを予感させる恋人の行動を受け入れることができなくて胸を痛める曲。

別れの共感ソング「僕の安否」で人気を博したイウは「別れの行動」を通じてソロアーティストとして独歩の感性をアピールする

10月7日

【ONF】 カムバック

4thミニアルバム「GO LIVE」をリリー

ONFはメンバーラウンの脱退で6人組に再編された。タイトル曲「WHY」を始め「Asteroid」「ALL day」など計5トラックが収録。デビューから共にしたMonoTreeがプロデュース。この他メンバーワイアット、MKが作詞に参加して目を引く。

タイトル曲「WHY」は、デビューの時から共にしたMonoTreeがプロデュースを担当し、好きになるほど、ますます壊れていく自分を止められない理由を問い返す内容を盛んだ。メンバーのMKも作曲に参加


【AB6IX】 カムバック

1stフルアルバム「6IXENSE」をリリース

イ・デフィが作曲したタイトル曲「BLIND FOR LOVE」をはじめ、キム・ドンヒョンが作詞・作曲に参加した夢幻的なR&Bトラック「DEEP INSIDE」、ラッパーパク・ウジンとイム・ヨンミンの可能性がうかがえるユニットヒップホップトラック「D.R.E.A.M」、リーダーイム・ヨンミンの洗練された自作曲「SHADOW」、AB6IXのボーカルラインが準備したドラマチックなバラードナンバー「NOTHING WITHOUT YOU」など、全11曲

10月8日

【ATEEZ】 カムバック

1stフルアルバム「TREASURE EP.FIN : All To Action」をリリース

ATEEZの深くなった感性を確認することができる「霧」をはじめ、ムーンバートンジャンルの「WIN」、メンバーたちのリアクションが際立つ「If Without You」、メンバーのキム・ホンジュンが作詞と作曲に参加した「Sunrise」など、合計11個のトラックが収録


【LOVELYZのKei】 ソロでカムバック

1stミニアルバム「Over and Over」をリリース
LOVELYZとして、2014年にデビューしてから5年で初めて発売するソロアルバム

アルバムのタイトル「Over and Over」は、「限りなく発展するKeiの新たな音楽的チャレンジ」という意味が盛り込まれている。

タイトル曲は「I Go」でLOVELYZと長い期間タッグを組んできたNEWTYPE EntのプロデューサーJunzo、TAK、ARRANがプロデュース。ストリングラインは、MeloManceのチョン・ドンファンが編曲を務めた。

平凡な日常を生きる私たちに伝える成長童話で、疲れて大変な日々の中でいつもそばにいてくれる、光のような存在のおかげで前に進めて、より高く飛べるという希望に満ちた物語を盛り込んだ曲


【神話 ヘソン】 ソロでカムバック

ニューアルバム「Setlist」をリリース
2017年にリリースしたスペシャルアルバム「Serenity」以来、約2年ぶりに発売するソロアルバム

【Like a Movie】 カムバック

2ndシングル「I want you」をリリース

Wanna One、BoA、MOMOLAND、DIAなど多くのアルバムに参加した
作曲家チーム「stain boys」がタイトル曲を作詞、作曲した。
タイトル曲「I want you」は、トロピカルサウンドを加味したピアノハウスジャンルの曲。最愛の一人の女性だけを見つめ、彼女の心を得るために何でもすることができる大胆ながらも切実な男の心を表現している曲。

10月9日

【Stray Kids】 カムバック

新曲「Double Knot」をリリース

グループ内のプロデュースグループ3RACHAが、2017年に公開した曲とタイトルが同じであり、ファンの関心が集まった。曲名は同じだが、全く違う新しい曲で、靴ひもを2回結んで前に向かって疾走するという抱負を収めた曲。Stray Kidsの深くなった音楽性と魅力を同時に詰め込んだ。

歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈


【GREAT GUYS】 カムバック

2ndミニアルバム「You’re Not Alone」をリリース

デビュー後、2年という時間を共にしてくれた周りの人々を思い出し「僕たちは寂しくない」というメッセージを今回のアルバムのテーマに決めたGREAT GUYSはアルバム名も「We’re not alone_chapter1:it’s you」に決め、自分たちを着実に応援してくれるファンに伝えるメッセージも盛り込む

10月10日

【LADIES’ CODE】 カムバック

「SET ME FREE」をリリース

タイトル曲「SET ME FREE」は、グルーブ感あふれるバイブやEDMアレンジが合わさって完成したニュートロパンク曲だ。退屈な日常を抜け出し、新しい夢の話を盛り込んだ。

10月11日

【B.A.P出身デヒョン】 カムバック

1stシングル「Aight」をリリース

タイトル曲「Aight」は、中毒性のあるリズミカルなベースラインとファンキーなギターのリズム、キッチュ(俗悪)なシンセが調和したニュートロファンクジャンルの楽曲で、恋に落ちた男性の姿を面白く表現した歌詞と軽快なリズム、デヒョンのヒップなボイスが調和した曲。B.A.P時代から一緒に作業してきたキム・キボム作曲家とタッグを組んだ。

10月14日

【SUPER JUNIOR】 カムバック

9thフルアルバム「Time_Slip」をリリース

タイトル曲「SUPER Clap」は、速いビートの上に拍手とブラスの音が絶えず聞こえてきて、より一層楽しいアップテンポのリズムが印象的なポップダンス曲。拍手ですべての心配と不安を吹き飛ばそうという愉快なメッセージを込めており、SUPER JUNIOR特有の軽快な雰囲気を生かした歌


【BTOB ヒョンシク】 ソロでカムバック

1stミニアルバム「RENDEZ-VOUS」でソロデビュー

今回のアルバムは、ヒョンシクがデビュー7年で初めてリリースするソロアルバム。 「宇宙」をテーマにしており、特に宇宙空間で起きる出会いと絆についての考察を盛り込んだ全6曲が収録されている。

ヒョンシクはタイトル曲「DEAR LOVE」をはじめ、全ての楽曲の作詞、作曲、編曲に参加

タイトル曲「DEAR LOVE」は、ヒョンシクの柔らかい声とギターサウンドが調和をなすオルタナティヴジャンルの楽曲。

歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈

10月15日

【N.Flying】 カムバック

6thミニアルバム「夜好」をリリース

アルバム名『夜好』のように、夜になって昼の退屈な日常から脱出したN.Flyingの自由奔放な姿を描く。

タイトル曲「GOOD BAM」は、トレンディーで感性的な雰囲気をN.Flyingだけの色で表現した曲。程よい涼しい秋の夜が未練がましくてなかなか眠れない若者たちの姿を絵のように表現する

10月17日

【1THE9】 カムバック

2ndミニアルバム「Blah Blah」をリリース

2ndミニアルバム「Blah Blah」は有名作曲家Primeboiがプロデュースを務めた。タイトル曲「Blah」はフューチャーR&Bダンスジャンルで、1THE9のダイナミックなパフォーマンスが際立つ楽曲。

今回のカムバックアルバムには、1THE9のメンバー全員がタイトル曲「Blah」と収録曲の作詞・作曲に参加し、アルバムのクオリティを高めた。

歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈

10月21日

【TXT】 カムバック

1stフルアルバム「夢の章:MAGIC」をリリース

「夢の章:MAGIC」は、TXTの1stフルアルバムで「夢の章:STAR」に続く、夢を追う少年たちの二番目の物語。
「New Rules」「9と3/4の乗降場で君を待つ(Run Away)」「くすぐったい(Roller Coaster)」「Poppin’ Star」「怪物を生かしておけばダメなのか」「Magic Island」「20㎝」「Angel Or Devil」計8曲で構成。

歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈


【NU’EST】 カムバック

7thミニアルバム「The Table」をリリース

タイトル曲 「LOVE ME」は、オルタナティブハウスとアーバンR&Bという2つのジャンルで、メンバーのベクホとJRが作詞に参加した。ベクホは作曲も手掛け、愛の前ではもっと率直になってもよいというメッセージを盛り込んだ。

収録曲「Call me back」は聞いていて気持ちのよくなるアコースティックギターから始まり、イントロとリズム感が際立つR&Bジャンルの楽曲で、自身が持っている全てを捧げたくなるほど眩しく輝く相手に対する賛歌。

「ONE TWO THREE」は、恋を始める時の胸のときめき、幸せな感情をニュージャックスウィングジャンルにニュートロ的な解釈を加え表現した楽曲。

「Trust me」は急がず、また遅くならず、一途に相手に向かって走っていくという気持ちを率直な歌詞で表現したPOP R&Bジャンルの楽曲で、「夜中」はふと頭に浮かぶ過去の愛の瞬間を収め「僕の愛はあなただから、一度も後悔したことがない」という感性的な歌詞とメンバーたちのボーカルが調和する。

「僕たちが愛していたなら」はフォークロックとバラードベースのミニマルなサウンド構成にシンプルな語調の歌詞とNU’ESTのボイスが楽曲を柔らかく包み、少し寂し気でありながらも、淡々とした雰囲気で曲への深い没入感を与える。


【VAV】 カムバック

5thミニアルバム「POISON」をリリース

歌詞の意味が知りたい場合はコチラから👈


【ALEXA】デビュー

クリエイティブグループZANYBROS初の自主制作アーティストALEXA「PRODUCE48」出身。昨年にはアレックス・クリスティンという名前でMnet「PRODUCE48」に出演し、強い印象を残した。

ZANYBROSは防弾少年団、EXO、少女時代、SUPER JUNIOR、MAMAMOOなど、韓国最高のアーティストたちのミュージックビデオをはじめ、CM、映画、テレビ番組などを制作した韓国最大手のクリエイティブグループ

10月22日

【B.A.P ヨンジェ】 カムバック

2ndミニアルバム「O, on」をリリース

タイトル曲「Forever Love」は、強烈なビートの中で永遠の愛を歌うセレナーデで、長いトンネルの先で見つけた明るい光のように暗い心を明るく照らしてくれた“君”という特別な存在について語る。MVはZANYBROSのイ・サガン監督が演出を担当

EDMダンスジャンルをベースにヨンジェの魅力的なボーカルとキャッチーなメロディが調和をなした「Feel it with this」、純粋だった時の夢と希望を描いた時間をヨンジェの甘いボイスで歌った「君と僕の物語」は、ヨンジェが自ら作詞・作曲に携わった自作曲


【DAY6】 カムバック

3rdフルアルバム「The Book of Us : Entropy」をリリース

タイトル曲「Sweet Chaos」は、甘さと複雑な思いが入り混じった愛について歌った曲だ。歴代のタイトル曲の中で、一番早いBPMの曲で、スイングジャンルのグルーブとパンクロックの爆発的なサウンドが調和をした曲。甘い愛のために人生が乱れ、困惑する感情を強いビートに乗せて歌う。

「365247」は、DAY6全員がボーカルに参加した曲で、1年、1日、1週間、ずっと熱い恋をするという心を伝える。「EMERGENCY」ではディスコジャンルに挑戦し、レゲエ風のサウンドが引き立つ「Ending」と、ボサノヴァスタイルのギター演奏が印象的な「アヤヤ」で、多彩なアルバムに仕上げた。


【ICU】 カムバック

新人ガールズグループ1stデジタルシングル「CUPID」でデビュー

「CUPID」は作曲家イ・ヒョンスが作曲し、CHICANGELのメンバーラウンが作詞に参加して「魔法をかけてでも好きな異性と恋に落ちたいという少女の感性」を可愛く表現した曲

10月23日

【WINNER】 カムバック

3rd MINI ALBUM「CROSS」をリリース

タイトル曲「SOSO」はカン・スンユンが作詞・作曲し、ソン・ミノとイ・スンフンが作詞した。更にYGのプロデューサーAiRPLAYが作曲・編曲に参加し、完成度を高めた。

イ・スンフンのソロ曲「FLAMENCO」はイ・スンフンが作詞・作曲し、カン・ウクジンとDiggyが共同で作曲・編曲した。「WIND」はカン・スンユンのソロ曲で、これもカン・スンユンが作詞・作曲し、カン・ウクジン、diggy、HOYASが作曲・編曲に参加した。


【イ・ミンジョン=HEDY】 カムバック

デビューアルバムをリリース

10月24日

【ARIAZ】 カムバック

6人組ガールズグループ1stミニアルバム「Grand Opera」でデビュー
タイトル曲は「Moonlight Aria」

ARIAZのデビューアルバムはEXOの「Lucky」、GFRIENDの「Paradise」、Apinkの「綱引き」、Wanna Oneの「I Wanna Have」「見える」などを手掛けたプロデューサーチョン・ホヒョン(e.one)が全体のプロデュースを担当し、完成度の高い作品を期待させる。

10月25日

【SunnyHill】 カムバック

シングル『奴奴奴』を2年5ヶ月ぶりにリリースしカムバック
2007年にデビューしたSunnyHillは元メンバーのビンナ(スンアから改名)とコタに新メンバーのゴンヒとウンジュを迎え入れた

新曲『奴奴奴』はSunnyHillだけの洗練された魅力と貫禄が楽しめる、これまで見たことのないスタイルのダンスナンバー。一度聴くと忘れられない、中毒性の強い曲

10月27日

【Bz-Boys(靑空少年)】 カムバック

ニューアルバム「Blue」をリリース

10月28日

少女時代 テヨン】ソロでカムバック


MONSTA X】カムバック


Brown Eyed Girls】 カムバック

4年ぶりのニューアルバム 「RE_vive」でカムバック

Brown Eyed Girlsの異なる視線で
新しい息吹を吹き込んだカバーアルバム。
4人のソロ曲を含めた10曲で構成

10月29日

【BDC】3人組ユニットデビュー!


【A.C.E】 カムバック

10月30日

【WE IN THE ZONE】 カムバック


【OnlyOneOf】 カムバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です