12月のカムバ&デビュー履歴はコチラから

【K-POP新譜情報】2019.11.21~30【&雑談】

https://k-tchang.com/wp-content/uploads/2019/10/face_20191020_232418.png
三栗あい

アンニョン!三栗あいです。
はいっ!ということで(どういうことだ?)
11月下旬の新曲リリース情報の動画を公開しました。

こうした方がいいかな、やっぱこうしようかな…とまだ試行錯誤で作っている動画ですが、

「10日に一度、あの動画見ればK-POPのメジャーな新曲は全部チェックできるよね♪」

と、そんな風に思ってもらえる動画を作って行けたらいいなと思っています。
そして、ブログではその動画の補足情報や、いらん雑談などをつらつら書いていくので、動画から来ていただいた方は、ぜひこちらも楽しんでいただいて。

ブログに先に辿りつかれた方は、ぜひ動画もご覧いただければと思います♪

ということで、この10日間でリリースされた曲で私が動画で紹介している曲は以下リストにしておくので、動画見て気になった曲があれば、コピペして検索するなり購入するなりに活用してください。

【K-POP新譜情報】2019.11.21~30【リスト】

11/21
【ヒョソン(元Secret) STARLIGHT】
【Amber Liu  Curiosity】
【ミナ(Girl’s Day) Butterfly(알게 모르게/知らず知らず)】
—————————————–
11/22
【ソンミン( SUPER JUNIOR )】Orgel】
【Hoppipolla (호피폴라) – About Time】
【SOULSTAR 그 날】
—————————————–
11/23
【AfterMoon  I Want It All】
【RAVI TURN ON THE LIGHT(Feat。twlv)】
—————————————–
11/24
【Swan Not Fine(잘 있니)】
—————————————–
11/25
【KANGDANIEL TOUCHIN’ 】
—————————————–
11/26
【AOA Come See Me 】
【Dynamic Duo OFF DUTY(그걸로 됐어)】
【Dynamic Duo 맵고짜고단거 (Feat. 페노메코)】13
—————————————–
11/27
【EXO OBSESSION】
【赤頬思春期&WH3N New York】
【Bursters Savage】
—————————————–
11/28
【LIMITLESS Wish Wish】
【NEWKIDD COME】
【ジ・ジンソク Pretend you’re all right(괜찮은 척) 】
【OH MY GIRL  Wannabe Challenge OST Part.1   기억해】
【치스비치 (CSVC) – JUST 4 U…】
—————————————–
11/29
【IZ Memento】
【Paul Kim(ポール・キム)  Big Heart(마음/心) 】
—————————————–
11/30
【Babylon 너의 온기가 되어줄게’ (Feat.イェリ-Red Velvet-)】

動画の続きのSM Entertainmentについてのお話

動画でブログで続き書いてるよと言ってたEXOからのSMへのお話ですが(っていうか愚痴?)、SMに関してはここ数年思うことが多くてですね…。

今回のEXOのタイトル曲もよくよく聴けば、悪い曲じゃないんですよ。サウンド的にはビートも重くて内臓に響く感じは、良いヘッドホンなんかで聴けば結構快感です。

だけどね、曲のジャンルもだけどメロディラインとか構成にしても…一般視聴者に対してはつかみが弱いかなと思ってしまうんですよね。

言うて、我々みたいな一般視聴者ってのは、音楽に深く精通しているわけじゃないじゃないですか。童謡みたいな可愛らしい曲が聞きたいわけじゃないけど、もう少しキャッチーな、耳ざわりの良い曲でよくないですか?っていう。

K-POPに惹かれる所以

特に海外のK-POPファンである我々の「K-POPに引き込まれる所以」っていうのは、中毒になってしまうキャッチーなリフレインだったりするじゃないですか。そういう意味で言えば、今回の曲なんてのは、私は日本語の和訳字幕を付けるために、動画編集時に何度も何度も小刻みに区切りながら聴きまくっているわけなんですが、それでもこの曲のどのメロディも頭の中で巡らないんですよ。

唯一かすかに浮かんでくるとすれば”I do not think so”のところでしょうか…。
…って英語んとこやーん!!しかもメイン歌唱んとこじゃないやーーん!って話なんですよ。

いわゆる中毒曲に言われる耳に残るフックって、1回、もしくは2回聞けば口ずさめるもんなんですよね。
そういう意味では、この曲はそれではないってことなんですよねぇ。

で、今回のアルバムの収録曲もですね、これもまた全体的にぐっ!と来る曲がなくてですね…。

最近のSMの曲調が私にマッチしないっていうのもあるんですけど、…って、いやいや!でもテヨンのソロアルバムなんかは(私にとって)良曲が沢山入っているし、スジュはスジュらしい曲も出すので、全くマッチしていないわけではない!

とりあえず色々試してみているのかな?という感じもしますが、もっと王道でもいいのになぁと思ってしまいます。だって、SMってK-POPの中でも

王道正統派キラキラアイドル

を輩出する事務所だと認識していたわけですよ、私。

変わっていく芸能事務所

今やbighitや過去小・中堅どころだった事務所が台頭してきてますけど、長年K-POPの3大事務所と言えばSM、YG、JYPだったじゃないですか。

その中で私のイメージは、SMが王道正統派キラキラアイドル排出JYPはちょっとユニークだけど大衆に受け入れられやすい少しチープなアイドル排出YGはアイドル枠ではなく、あくまでミュージシャン扱いのアイドル風で、曲の好き嫌いがきっぱり分かれるタイプというような感じだったんですが、今それが良い意味でも悪い意味でも崩れてるなと思うわけです。

JYPはずっと独自路線なのでちょっと置いておくとして(笑)

YGとSMは扱うジャンルがひっくり返ってしまったような感覚を受けます。
SMは今、ある意味音楽業界のトレンドを真っ先に追ってはいるんです。でもK-POP界は全然世界的なトレンドの先端にはないんです。だから、時代を先取りしすぎている故にピンとこないで終わっている可能性が大いにある。

時代が追いついてくるのを待っているのかもしれないけど、その間にSM所属のアイドル達は無駄に消費されている感じがして非常に心苦しい。

SMのかつて築いたネームバリューでなんとか持ちこたえているけど、グループやメンバーの良さを活かしきれていないという点では、彼らは不完全燃焼し続けるばかりで、当人はもとよりファンもモヤモヤするだろうなと思いながら見ています。

SM Entertainmentの戦略ミス

NCTのシステムも新鋭的で面白い試みだけど、これも受け取り手の我々ファン側からすると、ハッキリしなくて中途半端で混乱を生じるシステムでしかない。

良いなと思ったメンバーが次にどこで出てくるか分からない、こっちのユニットにもいてこっちのユニットにもいて、だけどこっちとこっちのユニットでは役割がなんか違って…。

と、どこにでも出没するメンバーがいて困惑するかと思いきや、一つのユニットしか所属していなく待てども待てどもそのユニットから新曲でない…会えない…T_Tってことで困惑することもあったり。

正直NCTが始動して3年以上経っているわけだけど、SM自身が混乱してフリーズしているのではないかと私は思っている。

当初SMがなんて言ってたかと言うと、NCTは40人からなる各ユニットグループで構成されたボーイズグループで、メンバーの入れ替え自由でメンバー数に制限のないグループ…だったんですよ。

3年以上経過して、NCT…40人出ましたっけ?

まだ全然発表時の40人も出来らないままに、各ユニットにあちこち顔出している(使いまわされている)メンバーがいるような始末。

SM的には、練習生時代から注目される反応の良いメンバーをお試し的にそこに入れて、売れればラッキー、駄目なら抜いて。あとあと、一斉に片づけたい古株が増えてきたら一斉投入して、稼ぐだけ稼いだら抜いて…みたいな効率的な商品売買できるじゃん!これ!とワクテカしたのかもしれないけど、途中から混乱してきてグダグダになってしまっているし、そもそもそのこの発想って、受け取る側のユーザー目線のことを考えてないんですよね。

売りさばく側の経営目線のメリットが盛り盛りなプロジェクトってだけ。
AKB的な展開を夢見たのかもしれないけど、完全にとん挫してしまっていると思うのです。

NCTのメンバーには、もっと違う形で(というか普通のグループという形で)売りだしたら今頃もっともっと人気も出て、活躍もできていたであろう人材がゴロゴロしているので、本当に残念です。

NCTペンからすれば、NCTは色々記録も作ってるし売れてるし!!って思うかもしれないけど、全体的にK-POP界を眺めている私からみれば、NCTの人気はSMネームバリューでかろうじて保たれていて、グループ戦略としての成功はしていない…と見ることしかできないんですよ。

私が個人的に思うに、スウェーデンあたりの作曲家を招き入れ始めたころから、SMは迷路に迷い込んでいる気がしてなりません。J-POPも多く手掛けているような有名スウェーデン作曲家…の曲であればあるほど、全然ぴんと来ないってことが多い。

オサレなんですよ、彼らの曲は全体的に。
お洒落~~~な曲って、さらっと聴くのにちょうどいいんですよ。

K-POPの良さは最新のトレンドにあらず

でも、私が求めているK-POPってさらっと聴くもんじゃないんですよ。

もう思わず一緒に踊りたくなっちゃうし、耳(脳)の奥で何度も繰り返される韓国語のフレーズを思わず歯磨きしながら口ずさんじゃったり、お風呂入ったりトイレいってるとき、外歩いてるときにふと思い浮かんで、鼻歌うたいながら、そのフレーズに合うキャッチーな振り付けをつい誰も見ていないのを確認して踊ってしまうような…そんなもんなんですよ。

ということで、SMは迷走してますが、また力を取り戻してほしい…という思いもありーの、でもSMって過去から色々と所属アイドルを酷使しまくってきている事務所なので、一旦つぶれてもいいのかなと思ったりもしている…。

しかし、つぶれると好きなメンバーが路頭に迷うので、それは避けたい…けど、SMには今のままではいてほしくない…ジレンマを感じる今日この頃です。

まぁあの大企業が簡単に潰れるってことは、強く願ったとしてもないだろうし、私が思ったところで大企業SMにはなんらこの声は届きませんが。

LIMITLESS に新規メンバー二人増えたよーって話

さて、動画後半で、「プロデュース101」に出演し話題となったムンボク所属のLIMITLESSというグループに触れたくせに、ムンボク愛が強すぎてムンボクの話しかしてなかったことにより、こちらにて補足情報をば!!

そうなんですよ!LIMITLESS(リミットレス: 리미트리스)は、今回の「Wish Wish」からメンバーを二人増やして、6人グループとして再編しスタートしているんです。

リミトゥリスは4人組でデビューしたんですけど、やっぱり4人の力不足を感じたのでしょうか…。

ということで、新規メンバーは以下の二人です。

新メンバー1人目!【C.I】

新メンバー2人目!【J-Jin】

2人とも中国国籍のメンバーです。

…と、まぁ彼らの情報としてはこれくらいしか入手しておりません(笑)
彼らの所属事務所はONO Entertainment, Star Entertainmentなので(どっちかがレーベルかな)、そんな大きな事務所でないので、資金不足で活動が頭打ちにならないことを願うばかりです。

初動で勢いつけて早めにカムバしつづけてファン層を厚くしてから、コンスタントに活動していってほしいところです。今回の曲も悪くないし。

んで、またムンボクの話に戻ってもいいですか?(どんだけwwww)

やっぱりムンボクの話w

ムンボクは、最近最愛のお母さまを癌で亡くされているんですよ…T_T
生前、ムンボクがステージに立つ姿を見るのが好きだったお母さま(親ならだれでも嬉しいやろ)

そんな母にステージに立っている姿を見せたかった…とMBC「覆面歌王」出演時に語るムンボク!!!切なくて愛おしかった!!!

お母さんは天国で見ているよ!!

そしてお母さんのような気持ちで見守る(私のような)ファンも見ているからね!(←怖い)

ということで、大切な家族を失っても頑張っているメンバー…というかムンボクもいるので、リミットレス、みなさん応援お願いしますっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です